室谷克実

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
室谷 克実
(むろたに かつみ)
ペンネーム 西原 勝洋
(にしはら かつひろ)
誕生 1949年
東京都
職業 評論家ジャーナリスト
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 慶應義塾大学法学部卒業
活動期間 1981年 -
ジャンル ノンフィクション
主題 韓国学韓国史韓国文化日韓関係
代表作 日韓がタブーにする半島の歴史』(2010年)
悪韓論』(2013年)
呆韓論』(2013年)[1]
デビュー作 韓国人の経済学』(1987年)
公式サイト 新・悪韓論
テンプレートを表示

室谷 克実(むろたに かつみ、1949年(昭和24年) - )は、日本評論家ジャーナリストである。

人物[編集]

東京都出身、慶應義塾大学法学部卒。大学卒業後に時事通信社に入社し、政治部記者、ソウル特派員、宮崎支局長、宇都宮支局長、時事解説編集長、時事評論編集長、地域づくり編集長などを歴任[要出典]2009年(平成21年)の定年退職後より評論活動に入り、大韓民国に関する書籍・記事を出版している。『夕刊フジ』の公式ウェブサイトZAKZAKで毎週木曜日にコラム「新・悪韓論」を連載している。

発言[編集]

著作[編集]

単著[編集]

共著[編集]

まんが原作[編集]

Voice』に掲載されている「超韓流猫コリにゃん」の単行本化作品。

監修[編集]

  • 『日朝古代史 嘘の起源』 室谷克実 監修、宝島社〈別冊宝島2283〉、2015年1月13日ISBN 978-4-8002-3621-0
  • 『日朝中世史恨みの起源 「恨み1000年」の深淵・日朝の真実をのぞく』 室谷克実 監修、宝島社〈別冊宝島 2418〉、2016年1月ISBN 978-4-8002-4814-5
  • 『日朝古代史嘘と恨の原点 2000年以上も受け継がれる「韓国人の狂気」』 室谷克実 監修、宝島社〈別冊宝島 2614〉、2017年10月ISBN 978-4-8002-7535-6

寄稿[編集]

定年退職(2009年)以降の論説をリストにあげる。

  • 室谷克実「天皇家のルーツは半島!? 詐話がホントになるところ」、『歴史通』第7号、ワック、2010年7月、 72-78頁。
  • 室谷克実「「文明は半島から来た」は大ウソ」、『明日への選択』(通号 295)、日本政策研究センター、2010年8月、 34-39頁。
  • 室谷克実「「日本メーカー惨敗、サムスン大躍進」のカラクリ」、『新潮45』第29巻11号 (通号 343)、新潮社、2010年11月、 56-62頁。
  • 室谷克実「ヤミ金で成立する韓国経済」、『WiLL』第95号、ワック、2012年11月、 84-91頁。
  • 室谷克実「ナチスを上回る世界一の差別王国」、『WiLL』第96号、ワック、2012年12月、 224-231頁。
  • 室谷克実、大野芳「古代朝鮮史 あれもウソ、これもウソ」、『歴史通』第23号、ワック、2013年3月、 186-197頁。
  • 室谷克実「韓国人は世界一の嘘吐き民族だ」、『WiLL』第101号、ワック、2013年5月、 78-85頁。
  • 室谷克実「ひと : 人物交差点 嘘、性犯罪、腐敗、責任転嫁……これでよく日本を批判できる「悪しき韓国」の実像 「反日」韓国の恥ずかしい現実」、『明日への選択』第329号、日本政策研究センター、2013年6月、 22-27頁。
  • 松木國俊、室谷克実「緊急対談 恥知らぬ国韓国とは国交断絶」、『WiLL』第104号、ワック、2013年8月、 90-101頁。
  • 室谷克実「国際 韓国 反日から貶日へ 事実上の政府機関が主導」、『改革者』第54巻第8号、政策研究フォーラム、2013年8月、 22-25頁。
  • 室谷克実「呆れた"ウリナラ"… 韓国紙の変態報道を嗤う」、『正論』第500号、産経新聞社、2013年9月、 104-109頁。
  • 屋山太郎、室谷克実「中国属国化で自滅する韓国 韓国よ、「歴史を忘れた民族に未来はない」!!」、『Voice』第430号、PHP研究所、2013年10月、 38-49頁、 ISSN 0387-3552
  • 室谷克実「韓国のベストセラー「千年恨」の知的レベル」、『WiLL』第108号、ワック、2013年12月
  • 室谷克実「あっちでパクパクこっちでクネクネ」、『歴史通』第28号(2014年01月号)、ワック、2013年12月9日、 46-57頁。
  • 室谷克実「BOOKS&MAGAZINES 「嫌韓」「悪韓」、そして「呆韓」へ 誰も信じなかった真の韓国 著者インタビュー 室谷克実『呆韓論』」、『Will』第110号、ワック、2014年2月、 142-149頁。
  • 室谷克実「空想大国・韓国を笑う 第三次通貨危機で失業率が30%になる日」、『Voice』第434号、PHP研究所、2014年2月、 46-55頁、 ISSN 0387-3552
  • 三橋貴明、室谷克実「韓国のことは忘れよう」、『Voice』第436号、PHP研究所、2014年4月、 50-61頁、 ISSN 0387-3552
  • 室谷克実「世界が呆れる「激情国家」韓国」、『新潮45』第33巻第4号、新潮社、2014年4月、 42-46頁。
  • 室谷克実「この人に聞く 『悪韓論』『呆韓論』を書いたわけ 反日教育だけの世代が社会を握る 中国との連携に走る韓国 基本的には相手にしないのが一番」、『ニューリーダー』第27巻(第5号) (通号 319) 2014年5月号、はあと出版株式会社、2014年5月、 26-29頁。
  • 室谷克実、竹田恒泰「「朝鮮日報」はサド 「朝日」はマゾだ 緊急対談」、『WiLL』第114号、ワック、2014年6月、 46-57頁。
  • 室谷克実「韓国の「愚韓」「呆韓」「哀韓」全記録」、『WiLL』第115号、ワック、2014年7月、 32-53頁。
  • 室谷克実「バチカンに叱られた韓国」、『歴史通』第32号、ワック、2014年9月、 158-171頁。
  • 室谷克実「韓国各紙は「朝日全面擁護」」、『WiLL』第118号、ワック、2014年10月、 78-85頁。
  • 室谷克実「「日本沈没」から「韓国沈没」へ いまさらの対日擦り寄りは気色が悪い」、『Voice』第443号、PHP研究所、2014年11月、 112-119頁。
  • 室谷克実「『呆韓論』ナッツリターン篇」、『WiLL』第123号、ワック、2015年3月、 246-257頁。
  • 室谷克実「朴槿惠大統領の呆言、妄言、暴言録」、『WiLL』第125号、ワック、2015年5月、 66-77頁。
  • 室谷克実「「大韓ナチズム」に墜ちた韓国」、『歴史通』第36号、ワック、2015年5月、 90-98頁。
  • 室谷克実「「ヘル・コリア」の恐怖 米国からも中国からも信用されないコウモリ国家の行く末は?」、『Voice』第461号、PHP研究所、2016年5月、 38-45頁。
  • 室谷克実「爆発する韓国経済 "金権による帝国"を維持していけるのか?」、『Voice』第468号、PHP研究所、2016年12月、 110-117頁。
  • 室谷克実「三放世代と「泥の匙」 なぜ恋愛、結婚、出産を放棄せざるをえないのか (総力特集 韓国リスク)」、『Voice』第470号、PHP研究所、2017年2月、 52-59頁。
  • 室谷克実「次期大統領は「左翼のヒトラー」 (特集 朝鮮半島炎上)」、『新潮45』第36巻(5) (通号 421)、新潮社、2017年5月、 48-55頁。
  • 室谷克実「脱北者「差別大国」の悲惨 文在寅氏と安哲秀氏の違いは「従北派の左翼」か「親北派のブルジョワ左翼」か (総力特集 韓国漂流)」、『Voice』第474号、PHP研究所、2017年6月、 44-53頁。
  • 室谷克実「巻頭インタビュー ヘルコリアが生んだ「左翼のヒトラー」」、『明日への選択』第377号、日本政策研究センター、2017年6月、 4-9頁。

コラム[編集]

2013年(平成25年)6月25日から同年7月9日まで、連載コラム「韓国の真実」を産経新聞グループに寄稿した。「韓国の真実」は産経デジタルが運営するニュースサイト「ZAKZAK」でも連載された。同年7月10日から毎週水曜日に「新・悪韓論」を連載している[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 著書一覧”. 新潮社. 2016年4月19日閲覧。
  2. ^ “【慰安婦問題】女性論者7氏も堂々主張「河野談話は撤廃を」 さて韓国の実態は… (5/5ページ)”. MSN産経ニュース (産経新聞). (2013年6月1日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130601/plc13060107020004-n5.htm 2013年6月2日閲覧。 
  3. ^ 貞国聖子・貝瀬秋彦 (2013年9月6日). “福島など8県の全水産物、韓国が輸入禁止へ 汚染水問題”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). オリジナル2013年9月8日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2013-0908-1823-41/www.asahi.com/special/news/articles/TKY201309060065.html 2013年9月8日閲覧。 
  4. ^ “韓国の水産物輸入禁止、群馬県も対象 「海ないのに」困惑の声”. MSN産経ニュース (産経新聞社). (2013年9月7日). オリジナル2013年9月7日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2013-0907-1701-28/sankei.jp.msn.com/life/news/130907/trd13090704310001-n1.htm 2013年9月8日閲覧。 
  5. ^ “韓国、東京五輪潰し画策か!水産物禁輸で“危ない国”印象付け…”. 夕刊フジ (ZAKZAK). (2013年9月7日). オリジナル2013年9月7日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2013-0907-1937-40/www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20130907/frn1309071451007-n1.htm 2013年9月8日閲覧。 
  6. ^ 編集局: “【編集局から】大反響の「韓国の真実」が新連載で復活!”. ZAKZAK (2013年7月10日). 2013年8月19日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]