ドメニコ・クリシート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ドメニコ・クリーシト Football pictogram.svg
Benf-Zen 2016 (1).jpg
ゼニト・サンクトペテルブルクでプレイするクリシート(2016年)
名前
ラテン文字 Domenico CRICITO
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1986-12-30) 1986年12月30日(30歳)
出身地 チェルコラ
身長 183cm
体重 75kg
選手情報
在籍チーム ロシアの旗 ゼニト・サンクトペテルブルク
ポジション DF
背番号 4
利き足 左足
ユース
2002-2004
2004-2006
イタリアの旗 ジェノア
イタリアの旗 ユヴェントス
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2006-2007
2007-2008
2008-2011
2011-
イタリアの旗 ジェノア
イタリアの旗 ユヴェントス
イタリアの旗 ジェノア
ロシアの旗 ゼニト・サンクトペテルブルク
37 (4)
8 (0)
116 (5)
94 (6)
代表歴2
2003
2003-2004
2004-2005
2005-2006
2006-2009
2008
2009-2014
イタリアの旗 イタリア U-17
イタリアの旗 イタリア U-18
イタリアの旗 イタリア U-19
イタリアの旗 イタリア U-20
イタリアの旗 イタリア U-21
イタリアの旗 イタリア U-23
イタリアの旗 イタリア
5 (0)
5 (0)
6 (1)
4 (1)
26 (1)
4 (0)
22 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年3月20日現在。
2. 2014年3月5日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ドメニコ・クリーシト(Domenico Criscito, 1986年12月30日 - )は、イタリアチェルコラ出身のサッカー選手FCゼニト・サンクトペテルブルク所属。姓はクリシトクリッシトと表記されることもある。

クラブ経歴[編集]

ユベントス[編集]

ジェノアCFCプリマヴェーラで育ち、2003年ユヴェントスが保有権の半分を15万ユーロで買い取る形でユヴェントスのプリマヴェーラへ移籍。

2006-07[編集]

06-07シーズンから古巣のジェノアに復帰。36試合に出場して4得点をあげ、ジェノアのセリエA昇格に貢献した。

2007-08[編集]

この活躍が認められ、2007年1月にユベントスが残りの保有権を750万ユーロで買い取り、07-08シーズンからはユベントスでプレイしていたが、フィジカルの弱さや、当時のクラウディオ・ラニエリ監督のとるシステムでの不慣れなポジションにうまく適応できなかったため、2008年1月に再びジェノアへローン移籍をした。

ジェノア[編集]

ジェノア復帰後は正確なキックとスピードをユヴェントスのプリマヴェーラでの恩師ジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督に見込まれ、以降は左ウィングバック、左サイドバックに定着。主力としてジェノアのセリエA5位に貢献。シーズン終了後にジェノアが550万ユーロで保有権の半分をユヴェントスから買い取った。2010年6月25日、ジェノアがユヴェントスから残りの保有権を600万ユーロで買い取り、ジェノアへの完全移籍が発表された。

ゼニトへの移籍

2011年5月22日のシーズン終了後、インテルフランスパリ・サンジェルマンへの移籍が取りだたされた。6月27日ロシア・プレミアリーグに所属するゼニト・サンクトペテルブルクへ5年契約で移籍をした(なお監督はイタリア人のルチアーノ・スパレッティである)。ジェノア会長エンリコ・プレツィオージは移籍金が1100万ユーロである事を明かした[1]。ゼニトと合意する以前にはSSCナポリからオファーがあった。しかし、個人の条件面で折り合いがつかず破談に終わった。

この事について本人は「ナポリでプレーすることは、僕にとって夢のようなものだった。サン・パオロ(ナポリ本拠地)は、本当に興奮できる数少なくスタジアムの一つなんだ。(ナポリの)アウレリオ・デ・ラウレンティス会長のコメントのいくつかは気に入らなかった。彼は、ユニフォームへの忠誠心で移籍すべきだと言ったんだ。それはピッチ上で示すべきことで、彼のコメントはひどかったよ。良い関係のままだけどね。(中略)デ・ラウレンティスの金銭的オファーは、ジェノアで手にしていた金額と比べても低いものだった。金銭的なことも重要な側面だよ。合意は双方で達するものなんだ」と語った[2]

新天地のゼニトやロシア第2の都市サンクトペテルブルクについては「みんな美しい街だと言っているし、幸いにも監督はイタリア人だ。イタリアとは違う経験になるけど、チームは強いし、正しい刺激を感じている。始めるのが待ち遠しいし、監督に委ねていきたい」と期待を新たに語った[2]。ilsecoloxix.itによると、ゼニトでの年俸は300万ユーロ、と報じられている[3]

ゼニト・サンクトペテルブルク[編集]

2011年8月6日、ロシア・プレミアリーグ第19節の対CSKAモスクワ戦でロシアリーグデビューを果たした。この試合の後半9分に、中盤から挙げたクロスをアレクサンドル・ケルジャコフが頭であわせて得点し、リーグ戦で初のアシストを記録した。2012年3月16日、FCディナモ・モスクワとの試合でゼニト初となる得点を決めた[4]

代表経歴[編集]

2009年8月12日に行われたスイス戦でイタリアA代表デビューを飾った。2010年FIFAワールドカップ・南アフリカ大会のメンバーにも選出され、グループリーグ3試合にスタメン出場するが、チームは最下位で大会を終えた。2011年8月4日、親善試合のスペイン代表戦にゼニト移籍後、初の代表招集を受けた。8月10日に行われたスペイン戦の前半11分にはDFの裏をつく縦パスでリッカルド・モントリーヴォのゴールをアシストした[5]

タイトル[編集]

FCゼニト・サンクトペテルブルク

脚注[編集]

外部リンク[編集]