オーストリアサッカー協会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オーストリアサッカー協会
Football pictogram.svg
名称
ドイツ語表記 Österreichischer Fußball-Bund
略称 ÖFB
FIFAコード AUT
歴史
設立 1904年
FIFA加盟 1905年
UEFA加盟 1954年
組織
国または地域 オーストリアの旗 オーストリア
本部 ウィーン
会長 レオ・ヴィントナー
公式サイト

オーストリアサッカー協会(独:Österreichischer Fußball-Bund、ÖFB)はオーストリアのサッカー協会である。設立は1904年。設立当初からUEFAに加盟している。FIFAへの加盟は1905年である。本部は首都のウィーンにある。

現在は2300以上のサッカークラブが加盟し、オーストリアスポーツ連盟傘下の競技団体では最大の規模であり、52万人を超える会員数を誇る。

歴史[編集]

1894年にオーストリア初のサッカークラブであるファースト・ヴィエナFCが設立、それがきっかけで同協会が設立された。1905年にFIFAに加盟されたが、正式に加盟が承認されたのは1908年の総会であった。

プロジェクト12[編集]

国防・スポーツ省と共同で立ち上げた育成計画・エリート支援プログラム。12という数字には「ピッチにいる11人に続くタレントを育てる」という願いが込められている。彼ら・彼女らは所属クラブでの練習に加えて、「プロジェクト12」が用意するスペシャルコーチから指導を受ける。すでに2003年から「チャレンジ08」という、EURO2008に向けた育成プロジェクトを始めており、その土台があったからこそ、新たなプロジェクトとして進化させることができた。

「プロジェクト12」の最大の特徴は、「個人指導」に特化していることであり、プロジェクト12のスペシャルコーチは、サッカー、トレーニング方法、スポーツ医学、スポーツ心理学の4つの領域について専門知識を持っていなければならない。

ひとりのスペシャルコーチが5~6人の選手を担当して、それぞれに対して個別練習を行なう。さらに各分野の専門家が後方支援し、たとえば全選手の骨格を3次元解析して個別メニューの作成に生かす。日々の練習や健康状態は協会のデータバンクに登録され、成長度も細かくモニターされる。スペシャルコーチの人件費として計30万ユーロ。各クラブへの補助金が計44万ユーロ。そしてアンダー年代の特別メニューに66万ユーロ。1年間に計140万ユーロ(約1億8900万円)の予算が用意されている。このプロジェクトにスポンサーも付いている。[1]

脚注[編集]

  1. ^ 1人あたり370万円で“家庭教師”を。オーストリアサッカーが伸びた理由。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]