ミシェル・イダルゴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ミシェル・イダルゴ Football pictogram.svg
Portrait de michel Hidalgo-detail.jpg
名前
ラテン文字 Michel Hidalgo
基本情報
国籍 フランスの旗 フランス
生年月日 (1933-03-22) 1933年3月22日(85歳)
出身地 ルフランクークフランス語版
身長 168cm
選手情報
ポジション MF
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1952-1954 フランスの旗 ル・アーヴルAC  ? (?)
1954-1957 フランスの旗 スタッド・ランス  ? (?)
1957-1966 モナコの旗 ASモナコ 301 (31)
代表歴
1962 フランスの旗 フランス 1 (0)
監督歴
1976-1984 フランスの旗 フランス代表
1986-1991 フランスの旗 オリンピック・マルセイユ
2004 コンゴ民主共和国の旗 コンゴ代表
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ミシェル・イダルゴMichel Hidalgo, 1933年3月22日 - )は、フランス出身の元同国代表サッカー選手サッカー指導者。現役時代のポジションはミッドフィールダー

経歴[編集]

イダルゴはノルマンディーで育ち、地元のサッカークラブでサッカーを学んだ。ル・アーヴルACで選手経歴を開始し、2年後にスタッド・ランス移籍した。ランスではFWのレイモン・コパやDFのロベール・ジョンケらと共に中心選手として活躍し、2度のリーグ優勝と、2度のクープ・ドゥ・フランス優勝、1956年UEFAチャンピオンズカップ準優勝に貢献。チャンピオンズカップ決勝のレアル・マドリード戦では3-4で敗れたものの、1得点を決める活躍をみせた。

引退後は指導者の道へ進み、フランスサッカー協会の指導スタッフを務めた。1976年3月27日に、シュテファン・コヴァチの後任としてフランス代表の監督に就任した。イダルゴはフランスらしいテクニックを重視したサッカーを標榜し、ミシェル・プラティニを筆頭に若く才能ある選手達を積極的に起用した。1978年FIFAワールドカップ・アルゼンチン大会出場に導くと、1982年FIFAワールドカップ・スペイン大会では4位、地元開催となった1984年UEFA欧州選手権では、プラティニを中心としたサッカーで同国を初優勝に導いた。フランス代表監督として、1976年から1984年の間に75試合の指揮を執り41勝16分18敗、139得点72失点の成績を残した。

欧州選手権を最後に監督を勇退し、フランス代表のテクニカルディレクターを務めていたが、1986年からはオリンピック・マルセイユのゼネラルマネージャー、1991年からは解説者として活躍した。2004年コンゴ代表監督として、現場への復帰を果たした。

選手経歴[編集]

指導経歴[編集]

外部リンク[編集]

先代:
シュテファン・コヴァチ
フランス代表監督
1976-1984
次代:
アンリ・ミシェル