スタッド・ランス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スタッド・ランス
原語表記 Stade de Reims
愛称 Les rouges et blancs (The Red and Whites)
クラブカラー 赤と白
創設年 1911年
所属リーグ Ligue de Football Professionnel (LFP)
所属ディビジョン リーグ・アン
ホームタウン ランス
ホームスタジアム スタッド・オーギュスト・ドローヌ英語版
収容人数 21,029[1]
代表者 フランスの旗 Jean-Pierre Caillot
監督 スペインの旗 オスカル・ガルシア・ジュネント英語版
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
サードカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

スタッド・ドゥ・ランスStade de Reims (フランス語発音: [stɑd də ʁɛ̃s]))は、フランスマルヌ県ランス本拠地を置くサッカークラブである。

RCランスとはライバル関係にあるが、ホームタウンは「パ=ド=カレー県ランス」という別の自治体である。

歴史[編集]

1911年創設、1931年に現クラブ名に改称。

1950年代から1960年代前半にかけて、アルベール・バトー監督のもとで全盛期を迎え、リーグ優勝6回をはじめ数多くのタイトルを獲得。UEFAチャンピンズカップにも1956年と1959年の2度決勝に進出したが、どちらもレアル・マドリードに敗れた。当時の主力選手にはジュスト・フォンテーヌレイモン・コパらがいた。

没落は早く、1964-65シーズンには2部降格。再昇格後も中位に留まり、1978-79シーズンを最後に1部を離れている。1990年代に入ってからは財政問題のためアマチュアクラブとしての活動を余儀なくされていたが、徐々に持ち直して1999-00シーズンにはフランス全国選手権(3部)昇格、2002年に再プロ化。

2008-09シーズン、知将ルイス・フェルナンデス監督の下でリーグ・ドゥ残留を目指すが、3部(フランス全国選手権)降格となった。しかしその翌年の2009-10シーズンではフランス全国選手権を2位で終え、僅か1シーズンでリーグ・ドゥ復帰を果たす。

そして2011-12シーズン、リーグ・アンへの昇格圏内の2位に入り、実に34年ぶりにトップカテゴリーへの復帰が決まった。

略歴[編集]

  • 1911年: SSパルク・ポメリー(la Société Sportive du Parc Pommery)として創設。
  • 1931年: スタッド・ランス(Stade de Reims)に改称。
  • 1938年: SCレモワ(Sporting Club Rémois)と合併。
  • 1992年: 破産宣告を受けて一度チームは解散。その後すぐにスタッド・ランス=シャンパーニュ(Stade de Reims-Champagne)として再建。
  • 1999年: 再びスタッド・ランス(Stade de Reims)に改称。

タイトル[編集]

国内タイトル[編集]

国際タイトル[編集]

過去の成績[編集]

シーズン リーグ 順位 クープ・ドゥ・フランス クープ・ドゥ・ラ・リーグ
1997-98 フランスアマチュア選手権2C 28 23 5 0 89 11 74 1位 ベスト64
1998-99 フランスアマチュア選手権A 37 14 17 6 51 31 59 3位 5回戦敗退
1999-00 フランス全国選手権 38 15 9 14 46 47 54 11位 8回戦敗退
2000-01 フランス全国選手権 38 17 14 7 48 36 65 5位 準々決勝敗退
2001-02 フランス全国選手権 38 22 10 6 51 22 76 2位 ベスト16
2002-03 リーグ・ドゥ 38 6 17 15 31 45 35 20位 ベスト64 1回戦敗退
2003-04 フランス全国選手権 38 21 8 9 59 32 71 1位 ベスト16 1回戦敗退
2004-05 リーグ・ドゥ 38 10 13 15 34 55 43 16位 ベスト32 ベスト32
2005-06 リーグ・ドゥ 38 10 15 13 32 31 45 14位 8回戦敗退 1回戦敗退
2006-07 リーグ・ドゥ 38 12 11 15 43 46 47 11位 8回戦敗退 準決勝敗退
2007-08 リーグ・ドゥ 38 12 10 16 44 52 46 13位 ベスト64 2回戦敗退
2008-09 リーグ・ドゥ 38 7 15 16 40 51 36 20位 8回戦敗退 2回戦敗退
2009-10 フランス全国選手権 38 21 8 9 63 30 71 2位 6回戦敗退 予選敗退
2010-11 リーグ・ドゥ 38 12 13 13 53 51 49 10位 8回戦敗退 2回戦敗退
2011-12 リーグ・ドゥ 38 18 11 9 54 37 65 2位 8回戦敗退 1回戦敗退
2012-13 リーグ・アン 38 10 13 15 33 42 43 14位 ベスト64 3回戦敗退
2013-14 リーグ・アン 38 12 12 14 44 52 48 11位 ベスト64 3回戦敗退
2014-15 リーグ・アン 38 12 8 18 47 66 44 15位 ベスト32 3回戦敗退
2015-16 リーグ・アン 38 10 9 19 44 57 39 18位 ベスト64 3回戦敗退
2016-17 リーグ・ドゥ 38 14 13 11 42 39 55 7位 ベスト64 1回戦敗退
2017-18 リーグ・ドゥ 38 28 4 6 74 24 88 1位 8回戦敗退 2回戦敗退
2018-19 リーグ・アン 38 13 16 9 39 42 55 8位 ベスト32 ベスト32
2019-20 リーグ・アン 28 10 11 7 26 21 41 6位 ベスト64 準決勝敗退
2020-21 リーグ・アン 38 9 15 14 42 50 42 14位 ベスト64
2021-22 リーグ・アン 38 11 13 14 43 44 46 12位 ベスト16
2022-23 リーグ・アン 38

欧州の成績[編集]

現所属メンバー[編集]

2022年9月1日現在[2]

注:選手の国籍表記はFIFAの定めた代表資格ルールに基づく。

No. Pos. 選手名
3 MF マリ共和国 カモリー・ドゥンビア
4 DF ベルギー マキシム・ブシ
5 DF モロッコ ユニス・アブデルハミド
6 DF フランス アンドリュー・グラヴィロン
7 FW マリ共和国 エル・ビラル・トゥレ
8 MF スウェーデン イェンス・カユステ
9 FW オランダ カイ・シーアハウス
10 MF コソボ アルベル・ゼネリ
11 FW フランス ナタナエル・エムブク
14 MF コソボ ヴァロン・ベリシャ
15 MF ジンバブエ マーシャル・ムネツィ
16 GK オーストリア パトリック・ペンツ
17 FW ギリシャ アナスタシオス・ドニス
19 FW オランダ ミッチェル・ファン・ベルヘン
20 MF フランス イラン・ケバル
21 MF オランダ アゾル・マトゥシワ
No. Pos. 選手名
23 MF ギニアビサウ モレト・カサマ
24 DF コートジボワール エマニュエル・アグバドゥ
25 DF ベルギー ティボー・デ・スメット
26 MF セネガル ジオン・ロピ
27 FW コートジボワール エンドリ・フィリップ・コフィ
28 DF フランス ブラッドレー・ロッコ
29 FW イングランド フォラリン・バログン
30 GK フランス ニコラ・プヌトー
32 DF ベルギー トマ・フォケ
39 MF 日本 伊東純也
40 GK フランス フローラン・デュパーキー
70 MF フランス アレクシス・フィリプ
77 FW スイス デレク・クテサ
80 MF フランス マルタン・アデリーヌ
94 GK フランス イェファン・ディウフ
99 MF フランス ラフィク・ギタン

ローン移籍[編集]

in

注:選手の国籍表記はFIFAの定めた代表資格ルールに基づく。

No. Pos. 選手名
29 FW イングランド フォラリン・バログン (アーセナル)
out

注:選手の国籍表記はFIFAの定めた代表資格ルールに基づく。

No. Pos. 選手名
-- DF オーストリア ダリオ・マレシッチ (NKイストラ1961)
-- FW フランス ウーゴ・エキティケ (パリ・サンジェルマン)
No. Pos. 選手名
-- FW スコットランド フレイザー・ホーンビー (オーステンデ)
-- FW アルジェリア ノア・セルバンテス (ル・マン)

歴代監督[編集]

歴代所属選手[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]