アルベール・バトー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルベール・バトー Football pictogram.svg
名前
ラテン文字 Albert Batteux
基本情報
国籍 フランスの旗 フランス
生年月日 1919年7月2日
出身地 ランス
没年月日 2003年2月28日(満83歳没)
選手情報
ポジション MF
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1937-1950 フランスの旗 スタッド・ランス
代表歴
1948-1949 フランスの旗 フランス 8 (1)
監督歴
1950-1963
1955-1962
1963-1967
1967-1972
1976-1977
1979
1980-1981 
フランスの旗 スタッド・ランス
フランスの旗 フランス代表
フランスの旗 グルノーブル・フット38
フランスの旗 ASサンテティエンヌ
フランスの旗 アヴィニョン・フット84
フランスの旗 OGCニース
フランスの旗 オリンピック・マルセイユ
1. 国内リーグ戦に限る。
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

アルベール・バトー(Albert Batteux, 1919年7月2日 - 2003年2月28日)は、フランスの元サッカー選手サッカー指導者。現役時代のポジションはミッドフィールダー

経歴[編集]

バトーは第一次世界大戦後の1919年7月2日に鉄道員の家庭に生まれた。地元の小さなクラブでサッカーを学び、1937年にスタッド・ランスで選手経歴を開始した。第二次世界大戦の影響により選手経歴を中断したが、戦後に経歴を再開すると主将をとして1949年リーグ優勝、翌1950年にクープ・ドゥ・フランス優勝に貢献した。晩年は選手兼コーチを務めていたが、指導者として専念するために1950年に31歳で現役を引退した。

フランス代表としては、1948年6月4日のベルギー戦で代表デビューを飾り、1949年6月19日のスペイン戦を最後に代表から退くまで、国際Aマッチ8試合に出場し1得点を記録した。

現役を引退したバトーは、1950年にスタッド・ランスの監督に就任した。バトーの指導の下でランスは1950年代に最盛期を迎え、ジュスト・フォンテーヌレイモン・コパロベール・ジョンケらを擁してリーグ優勝5回(1953年、1955年、1958年、1960年、1962年)とカップ優勝1回(1958年)、UEFAチャンピオンズカップ準優勝2回(1956年、1959年)に導いた。1955年からはフランス代表監督も兼任し、1958年のFIFAワールドカップ・スウェーデン大会では、ランスの出身の選手5名を擁した代表チームを率いて同国を3位入賞に導いた。

ランスでは選手と監督として26年間に渡って過ごし、戦後のフランスサッカー界をリードする存在にまで押し上げたが、1963年夏にクラブの首脳陣は経済的な理由からバトーを始め、スター選手との契約を更新しないことを発表した[1]。この決定の9ヵ月後にクラブは2部リーグへの降格が決まり、一つの時代は終焉した。

1963年に2部リーグのグルノーブル・フット38の監督に就任し、1967年からASサンテティエンヌの監督に就任した。前シーズンにクラブを優勝に導いたジャン・セオラ(フランス代表監督時代のアシスタントコーチ)の推薦もあっての就任であったが、セオラの作り上げたチームを引き継ぎ、リーグ優勝4回(1967年、1968年、1969年、1970年)、カップ優勝2回(1968年、1970年)に導いた。

2003年2月28日にイゼール県メイランで死去。83歳没。

人物[編集]

監督としての数々の成功を収めたことから戦後のフランスサッカー界の発展に最も貢献した人物の一人との評価を得ている[1]。攻撃的サッカーの信奉者であり、「良いサッカーの基本とは正確なショートパスを伴うボールテクニックにある」という信念に基づいた指導を行った[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b エリック・バッティ 『アルベール・バトー監督 - 戦後のサッカーに大きな貢献』サッカーマガジン1972年1月号。
  2. ^ アルベール・バトー 『トップコーチのアドバイス』サッカーマガジン1969年1月号。

外部リンク[編集]