ラバー・マジェール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ラバー・マジェール Football pictogram.svg
Madjer, rabah 1986.jpg
名前
愛称 踵の魔術師
ラテン文字 Rabah MADJER
アラビア語 رابح ماجر
基本情報
国籍 アルジェリアの旗 アルジェリア
生年月日 1958年2月15日(58歳)
出身地 フセイン・デイ
身長 178kg
体重 69kg
選手情報
ポジション FW
代表歴
1978-1992 アルジェリアの旗 アルジェリア 87 (28)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ラバー・マジェールرابح ماجر, Rabah Madjer1958年2月15日 - )は、アルジェリア出身のサッカー選手、サッカー指導者。アルジェリアサッカー史上最も偉大な選手とされる。ヒールキックが得意であったため、タロンナードTalonnade=踵の魔術師)と呼ばれた。

来歴[編集]

アルジェリア代表として1978年から1992年までの14年間プレーし、1982年1986年のワールドカップに出場した。87試合で40得点を挙げ、アルジェリア代表での最多得点者になっている。

地元クラブやフランスのクラブを経て、FCポルトに移籍。1986/87シーズンのUEFAチャンピオンズカップ決勝のバイエルン・ミュンヘン戦では、ヒールキックのゴールを決めて同点とし、直後に決勝点をアシストして優勝に貢献。この活躍から同年のアフリカ年間最優秀選手賞に輝いている。

1987/88シーズンはトヨタカップポルトガルリーグに優勝。その後バレンシアCFを経てポルトに戻り、1990/91シーズンを最後に引退した。引退後は監督の道に進み、アルジェリア代表監督にもなった。

2009年現在はUEFAトロフィーツアー親善大使に就任している。

選手経歴[編集]


指導経歴[編集]