コーナーキック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
コーナーキック
キック直前のゴール前におけるディフェンス

コーナーキック: corner kick)は、サッカーの試合で守備側の選手が最後に触れたボールが自陣側のゴールラインから外に出て、かつ得点とならなかった場合に、コーナーアークからのキックによってプレーを再開させるルールである。

概要[編集]

コーナーキックは、1867年のシェフィールド・ルールの下、イングランドシェフィールドで初めて考案され、1872年2月17日にフットボール・アソシエーションによって採用された。

コーナーキックからのキックは直接相手チームのゴールを狙うこともできる得点のチャンスである。

一般的にゴールマウスの前にボールを高くあげるキックが行われる。この時向かっていくゴールから見て、左側のコーナーアークから右足で、右側のコーナーアークから左足でボールを蹴るとゴールマウスに向かっていくボールになる。逆に左側のコーナーアークから左足で、右側のコーナーアークから右足でボールを蹴るとゴールマウスから離れていくボールになる。

しばしばボールを高く上げないで、近くにいる味方のプレーヤーに短いパスを出すプレーも見られる。こうしたプレーをショートコーナーという。

ルール上の規定[編集]

サッカー競技規則」第17条「コーナーキック」(Corner kick) [1]

コーナーキックが行われる場合[編集]

守備側チームの競技者が最後にボールに触れ、かつボールが自陣側ゴールラインを完全に超えた場合で、得点とならなかった場合。なお、ゴールに入っても得点とならない場合については、他のルールにより規定される。

規定[編集]

  • ボールは静止していなければならない。
  • コーナーキックは、ボールがフィールド外に出た地点に近い方のコーナーアーク内から攻撃側キッカーによって行われる。(サイドライン、ゴールラインおよびコーナーアークのラインは、コーナーアーク内である)
  • キックされたボールが明らかに動けば[2]インプレーとなる。コーナーアークを出なくてもインプレーになる。
    • よって、コーナーキックから直接、守備側ゴールラインを越えて外に出れば(得点とならなければ)ゴールキック、サイドラインを越えて外に出れば相手側スローインとなる。
  • キックの際に、フラッグポストは動かしてはいけない。
  • 相手側競技者はコーナーキックが命じられてから、インプレーになるまでの間は、コーナーアークから9.15メートル(10ヤード)以上離れなければいけない。
  • ボールがインプレーになった後に、他の競技者に触れるまで、キッカーは再びボールに触れることはできない。
  • また、コーナーキックがされた時に、コーナーアークから9.15メートル(10ヤード)以内に居た守備競技者、またはインプレーになる前にコーナーアークから9.15メートル(10ヤード)以内に入った守備側競技者は、他の競技者がボールに触れるよりも以前に、ボールに触れ、または触れようとし、その他有利となる行為をしてはならない。違反した場合、反則ではなくコーナーキックのやり直しとなる。悪質な場合は警告または退場処分となる。
  • ボールが正しくインプレーになる前に、諸ルールの違反やその他のファウルがあった場合、悪質な場合は警告または退場処分となり、コーナーキックが再び行われる。
  • キックされたボールがコーナーポスト、ゴールポストまたはクロスバー、審判などに直接に当たったり、風に吹かれても、ルール適用に変更はない。

キッカー[編集]

任意の攻撃側競技者がゴールキックを行うことが出来る。まれに攻撃側のゴールキーパーが行う場合もあるが、ルール上は問題ない。

反則[編集]

  • インプレーになった後、他の競技者が触れる前に、キッカーが(手・腕以外で)再びボールに触れ、またはキッカーにボールが当たった場合
    • 相手側の間接フリーキックによって試合が再開される(位置は「フリーキック」を参照)。
  • インプレーになった後、他の競技者が触れる前に、キッカーが意図的に手または腕で再び触れた場合
    • 反則の起きた場所がコーナーキックをしたチームの自陣ペナルティーエリアの外側の場合、相手側の直接フリーキックで試合が再開される。
    • 反則の起きた場所がコーナーキックをしたチームの自陣ペナルティーエリア内の場合、キッカーが自陣側ゴールキーパーの場合には相手側の間接フリーキックで試合が再開される。キッカーがそれ以外の場合、相手側にペナルティキックが与えられる。

ゴールに入った場合[編集]

  • コーナーキックされたボールが、直接、相手側ゴールラインを完全に越えて相手ゴールに入った場合には、得点となる。
  • コーナーキックされたボールが、直接、コーナーキックをしたチームの自陣側ゴールラインを完全に越えて自陣ゴールに入った場合には、相手側の得点にはならず、相手側のコーナーキックとなる。
  • 上2つの規定は、コーナーポスト、ゴールポストまたはクロスバー、審判などに直接に当たったり、風に吹かれても、ルール適用に変更はない。

審判員のシグナル[編集]

ボールが明白にゴールラインを越えた場合、コーナーキックを行う側の副審は、旗を下向きにしてコーナーアークを指し示す。なお、ボールがゴールラインを越えたかどうか明白でないが、ボールが完全にゴールラインを越えた場合には、プレイが停止するまで、適宜、旗を上に上げる。コーナーキックから正しくインプレーになるまで諸ルールの違反やその他のファウルがあった場合も、プレイが停止するまで、適宜、旗を上に上げる。

主審は笛のあと腕を上向きにしてコーナーキックを行う側のコーナーアークを指し示す。

その他[編集]

コーナーキックから直接ボールを受けた時は、オフサイドの反則は適用されない。

脚注[編集]

  1. ^ サッカー競技規則(2017)
  2. ^ 以前の規定では、ボールがボールの外周分の長さだけ動いた後にインプレーとなっていた。

参考文献[編集]

関連項目[編集]