コーナーキック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
コーナーキック
キック直前のゴール前におけるディフェンス

コーナーキック: corner kick)は、サッカーの試合においてコーナーアークからのキックによってプレーを再開するためのルールである。

コーナーキックは、1867年のシェフィールド・ルールの下、イングランドシェフィールドで初めて考案され、1872年2月17日にフットボール・アソシエーションによって採用された。

概要[編集]

ルール上の規定[編集]

サッカーのルールである、Law of the Game(日本サッカー協会では「サッカー競技規則」)では第17条「コーナーキック」(Corner kick)において規定がなされている。

コーナーキックからのキックは直接相手チームのゴールを狙うことが出来る。

コーナーキックが行われる場合[編集]

守備側チームの競技者が最後にボールが触れてゴールラインを完全に超えた場合に実施される。コーナーフラッグにボールが当たってまだラインからボールが出ていない場合はインプレーとみなされる。

規定[編集]

  • コーナーキックはボールがでた所に近い方のコーナーアークから実施される。
  • フラッグポストは動かしてはいけない。
  • 相手チームの競技者はインプレーになるまでボールから9.15m(10yds)以上離れなければいけない。
  • ボールが蹴られた瞬間にインプレーとなり競技が再開される。
  • キッカーは他の競技者がボールを触る前に再びボールに触れてはいけない。

反則[編集]

  • キッカーが他の競技者がボールに触れる前に再びボールに触れたとき、相手チームの間接フリーキックによってプレーが再開される。
  • これ以外の反則ではコーナーキックのやり直しが行われる。

審判員のシグナル[編集]

ボールが完全にゴールラインを越えたと判定した副審は、持った旗をはじめに頭上に、次いでコーナーキックを行う側を指し示す。

その他[編集]

コーナーキックからのプレー再開ではオフサイドの反則を獲られない。

コーナーキックでは一般的にゴールマウスの前にボールを高くあげるキックが行われる。この時向かっていくゴールから見て、左側のコーナーアークから右足で、右側のコーナーアークから左足でボールを蹴るとゴールマウスに向かっていくボールになる。逆に左側のコーナーアークから左足で、右側のコーナーアークから右足でボールを蹴るとゴールマウスから離れていくボールになる。

しばしばボールを高く上げないで、近くにいる味方のプレーヤーに短いパスを出すプレーも見られる。こうしたプレーをショートコーナーという。