ゴールキック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ゴールキック (Goal kick) とは、サッカーの試合で攻撃側の選手が相手側のゴールラインから外にボールを出した際に、ゴールエリア内からのキックによって試合を再開させるルールである。

ルール上の規定[編集]

サッカーのルールである、Law of the Game(日本サッカー協会では「サッカー競技規則」)では第16条「ゴールキック」(Goal kick)において規定がなされている。

相手ゴールに限り入ると得点とみなされる。

ゴールキックが行われる場合[編集]

攻撃側の選手が最後にボールに触れた場合で、尚且つボールが相手側ゴールラインを完全に超えた場合。

規定[編集]

  • ゴールキックは、ゴールエリア内から行われる。(ゴールライン上にボールを置いて蹴る事が多い)
  • ボールがインプレーになるまでは、相手側競技者はペナルティーエリアの中に入ることは出来ない。
  • ボールが他の競技者に触れるまで、キッカーは再びボールに触れることは出来ない。
  • ボールはペナルティーエリアの外に蹴りださなければならない(ペナルティーエリアの中から出ない場合は蹴り直しになる)

キッカー[編集]

キッカーに関する規定は存在しない。任意のプレーヤーがゴールキックを行うことが出来る。一般的にキッカーは主にゴールキーパーの場合が多いが、フィールドプレーヤーが行ってもよい。

反則[編集]

  • インプレーになったボールが他の競技者が触れる前に、キッカーが手以外の場所で再びボールに触れた場合
    • 反則が起こった場所から、相手側間接フリーキックによって試合が再開される
  • ゴールキーパーがキッカーだった場合で、ボールがインプレーになり、他の競技者が触れる前に手でボールを触れた場合
    • 反則が起きた場所がペナルティーエリアの外であれば、相手側の直接フリーキックで試合が再開される
    • 反則が起きた場所がペナルティーエリアの中であれば、相手側の間接フリーキックで試合が再開される