只木章広

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
只木 章広 Football pictogram.svg
名前
カタカナ タダキ アキヒロ
ラテン文字 TADAKI Akihiro
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1975-04-16) 1975年4月16日(43歳)
出身地 栃木県宇都宮市[1]
身長 173cm
体重 67kg
選手情報
ポジション MF
利き足 右足
ユース
1991-1993 栃木県立真岡高校
1994-1997 順天堂大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1999-2007 栃木SC
2008-2010,2012- ヴェルフェたかはら那須
監督歴
200X- 栃木県立宇都宮白楊高校
2015- 栃木SCジュニアユース
1. 国内リーグ戦に限る。2011年6月4日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

只木 章広(ただき あきひろ、1975年4月16日 - )は栃木県宇都宮市出身の元サッカー選手、サッカー指導者。ポジションはミッドフィールダー

栃木SC時代は、「栃木の皇帝[2]ミスター栃木SC[3][4] と称された。

来歴[編集]

御幸サッカースポーツ少年団、宇都宮市立鬼怒中学校を経て1991年に栃木県立真岡高校に進学。2学年上に上野優作が、同級生には堀田利明がいた[5]。 高校時に1991年1992年と高校選手権出場を経験した。高校卒業後は順天堂大学に進学。大学時代の同級生には堀田の他川口信男がいた。川口とは卒業後も電話で話をする仲であると語っている[5]。3年次の1996年度大会で総理大臣杯優勝を経験した。

栃木SC[編集]

大卒後の1999年より栃木SCに入団[6]。県内の高等学校で教員として勤務しながらサッカーに打ち込んだ。栃木SCは同年度の全国地域サッカーリーグ決勝大会に出場、アローズ北陸に次いで2位の成績を修め、翌年度の日本フットボールリーグ参入を決めた。

2000年より背番号10番を付けて[1]、22試合中19試合に出場。主将を務めていた2005年度にはそれまでの歴代最高である年間4位の成績を経験した。この年の5月22日、前期リーグ第10節で栃木SCは初めてHonda FCに勝利した[7] が、只木はその試合について「今までで一番記憶に残っている試合」だと語っている[5]。翌2006年には栃木県代表として第86回天皇杯全日本サッカー選手権大会に出場、1回戦 ( 佐賀大学戦) で1得点、4回戦 ( 清水エスパルス戦) で1得点を挙げた。栃木SCは4回戦で敗退したが、3回戦でJリーグのクラブに勝利[8]、4回戦でもJ1のクラブと互角に渡り合った[6] ことで、栃木SCの目標であったJリーグ参入への動きが急速に進んでいったが、Jリーグ経験者がプロ契約選手として多数加入する中、只木はベンチ入りや遠征帯同こそ経験するものの、出場機会を減らしていった[9]。同年度シーズンには選手・指導者陣全員のプロ化の方針が発表され[10]、他のアマチュア選手と共にシーズン終了後退団した。

ヴェルフェたかはら那須[編集]

2008年度より当時関東リーグ2部所属であったヴェルフェたかはら那須に入団。2009年度にはリーグ優勝と1部リーグ昇格を経験した。2010年度は1部リーグ4位の成績を修めたが、シーズン終了後現役を引退した。

2011年、ヴェルフェたかはら那須のアドバイザリーに就任[11]

2012年3月11日、元栃木SCの選手で栃木SCドリームアンバサダーを務める佐藤悠介が主催した「3.11悠介ドリームズメモリアルゲーム」に参加した。只木は「栃木SC OB」チームのキャプテンとして出場、久々に背番号10の栃木SCユニフォームに袖を通した[12]

2012年6月、「3.11悠介ドリームズメモリアルゲーム」に参加したことがきっかけの一つとなり、ヴェルフェたかはら那須で現役に復帰した[13]

2015年3月をもって栃木県職員を退職して、同年4月に栃木SCのジュニアユース監督に就任した[1]

指導歴[編集]

勤務先である栃木県立宇都宮白楊高等学校サッカー部で監督をつとめ、2009年1月開催の第87回全国高等学校サッカー選手権大会に出場した。同校は2回戦 (初戦) をPK戦で勝ち抜いたが3回戦で鹿児島城西高等学校に敗北した[14]

指導歴[編集]

  • 2008年 - 2010年 ヴェルフェたかはら那須 選手兼コーチ
  • 2011年 - ヴェルフェたかはら那須 アドバイザリー
  • 2015年4月 - 栃木SC ジュニアユース監督

成績[編集]

出場記録[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
1999 栃木 - 関東 -
2000 10 JFL 19 -
2001 25 -
2002 14 -
2003 26 -
2004 27 -
2005 27 -
2006 26 -
2007 11 -
2008 V那須 30 関東2部 0 - - 0
2009 0 -
2010 関東1部 0 - - 0
2012 26 - 1 0
通算 日本 JFL -
日本 関東1部 -
日本 関東2部 -
総通算 -

脚注[編集]

  1. ^ a b c “教壇から転身 “ミスター栃木SC”只木さん、古巣の下部チーム監督に”. 下野新聞. (2015年4月1日). http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20150401/1915663 2016年1月1日閲覧。 
  2. ^ 【J2日記】栃木:モンスター健太が描く、未来 J's GOAL 2009.6.18付
  3. ^ 篠崎豊 堀田利明が残したものは 栃木SCふぁん! しのさんスタジアム (栃木よみうりWeb内) 2010.9.1
  4. ^ 写真で今季最終節を振り返る~「フィナーレ」 スポーツライター鈴木康浩の奮闘日記 2007.12.7付記事
  5. ^ a b c 栃木SC只木選手インタビュー2 夢工房栃木Qlep 2007.7.10付記事。ただし只木は普通科、堀田は商業科在籍のため、同じクラスになった事はないという。
  6. ^ a b 森田将孝 栃木SC 注目のイレブン (1)地元の意地 読売新聞栃木版 2007年、2011年6月4日 14:00 (UTC) 閲覧
  7. ^ 公式記録 第7回日本フットボールリーグ 前期 第10節 栃木SC vs. Honda FC (PDF) JFL公式サイト 2011.6.4 14:53 (UTC) 閲覧
  8. ^ 森田将孝 夢を現実に!! 栃木SC Jリーグへの道 (上)天皇杯金星が起爆剤 読売新聞栃木版 2007年、2011年6月4日 15:29 (UTC) 閲覧
  9. ^ 2007年度は34試合中出場は11試合である。
  10. ^ 後期第16節 流通経済大学戦観戦レポート更新 スポーツライター鈴木康浩の奮闘日記 2007.11.25付記事
  11. ^ チーム ヴェルフェたかはら那須公式サイト 2011.6.47 10:47 (UTC) 閲覧
  12. ^ 「3.11悠介ドリームズメモリアルゲーム」栃木SC OB(JFL)メンバーのお知らせ”. 栃木SC (2012年3月7日). 2012年3月16日閲覧。
  13. ^ 只木が現役復帰 ヴェルフェ”. 下野新聞SOON (2012年6月13日). 2012年7月7日閲覧。
  14. ^ スケジュール・試合結果 JFA公式サイト 2011.6.4 16:09 (UTC) 閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]