馬場憂太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
馬場 憂太 Football pictogram.svg
Yuta Baba 2007.jpg
名前
愛称 ユータ[1][2]
カタカナ ババ ユウタ
ラテン文字 BABA Yuta
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1984-01-22) 1984年1月22日(34歳)
出身地 東京都板橋区
身長 176cm
体重 72kg
選手情報
ポジション MF[3] / FW
利き足 右足[4]
ユース
0000-1995
1996-1998
1999-2001
三菱養和SS
三菱養和SC
FC東京U-18
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2002-2007 FC東京 107 (11)
2008-2009 ジェフ千葉 6 (00)
2008 モンテディオ山形 10 (00)
2009 東京ヴェルディ 3 (00)
2011-2013 大韓民国の旗 大田シチズン 43 (05)
代表歴
2002-2003  日本 U-19/20
1. 国内リーグ戦に限る。2014年6月14日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

馬場 憂太(ばば ゆうた、1984年1月22日 - )は、東京都板橋区出身の[5]元プロサッカー選手。ポジションはミッドフィールダー及びフォワード

俳優の馬場徹は実弟。

来歴[編集]

小学校3年生時からサッカーを始め[1][6]、中学校卒業に至るまで三菱養和SSでプレー。

1998年(中学3年次)には全国高校選手権に憧れて静岡学園高校サッカー部[注 1]のセレクションに合格していたが、同年にプロ化が発表されJリーグ加盟が決定していた東京ガスFC(現FC東京)のU-18監督だった柴田峡から勧誘され、馬場と同学年の選手を中心とする東京ガスジュニアユース(現FC東京U-15深川)がU-15高円宮杯で全国3位の好成績を残していたことにも惹かれて、静岡行きを取り止めてFC東京U-18に入団[7]。柔らかなボールタッチと技術、得点能力を磨いた[5]、2001年には同期の尾亦弘友希石川高大来栖由基高橋延仁らと共にクラブユース選手権で全国優勝、U-18高円宮杯及びJユースカップで準優勝。クラブユース選手権ではMVPを獲得した[8][9]

2002年、尾亦と共にクラブ史上初となるトップチーム昇格を果たし[5]、開幕戦でプロデビュー[3]。同年U-19日本代表としてアジアユースに出場。2003年には出場停止を除いた1stステージの全試合に出場し[10]、多彩なパスで好機を作り[6]東京ヴェルディとのダービーマッチでプロ初得点を記録[3]。U-20日本代表にも定着していたが、右膝の状態が悪化し半月板を手術したために[11]ワールドユース出場を断念した。リハビリ期間中に肉体改造に取り組み、当たり負けしない身体作りに取り組んだ[1]

2004年からはポジションを争うブラジル人MFケリーの負傷もあってトップ下で先発出場する機会も増え[12][4]、身体の強さを身につけたことによってボールキープと視野の確保に余裕が出来、天性のパスセンスを発揮[1]同年のナビスコカップ決勝戦では最後の攻撃カードとして投入され、PK戦のキッカーを務め、クラブ初のビッグタイトル獲得に貢献した。しかし、コンディションが良好な試合では高いパフォーマンスを見せるも、2005年は「怪我に始まり怪我に終わった」と本人が語ったようにコンスタントな活躍は出来なかった[13]。同年末には左膝の半月板を手術[14]。その後も万全なコンディションでシーズンを乗り切ることは出来ずにいたが、好不調の波や守備意識を徐々に改善させ[2]出場時には味方選手も驚かせる的確なタイミングでの配球によって攻撃を勢い付けた[15]

2008年、FC東京からの慰留を固辞し、即戦力として[16]オファーを受けたジェフユナイテッド市原・千葉へ完全移籍[17][18]。巧みにボールを捌き[19]相手の背後を突くパスを丁寧に供給したが[20]、受け手の動きが乏しい[21]チームは開幕から12戦未勝利と低迷し、馬場も徐々に出場機会を失っていく。監督交代が行われ、より守備を重視するサッカーが志向されるようになって以降は[22]ベンチ入りメンバーからも外された。同年8月、J2のモンテディオ山形へ期限付き移籍[23]。山形では、速攻に偏りがちなチームの中で、ボールキープによって遅攻との使い分けを図る[24]ボランチや[25]ラストパスを通すFWとして[26]、J1昇格に貢献した。2009年2月、期限付き移籍期間の満了により山形を退団[27]。その後は千葉との契約を残していながらも選手登録されなかったため[28]プレー環境を得られずにいた。

2009年8月、東京ヴェルディへ練習生としての参加期間を経て[29]、千葉との契約を解除し東京Vへと加入[30]。シーズン終盤からの合流だったこともあって目立った結果を残せず、同年限りで退団[31]

その後は欧州を中心に所属クラブを模索。2010年11月からドイツ・ブンデスリーガ2部フォルトゥナ・デュッセルドルフの練習に参加し[32]、紅白戦での活躍から高い評価を得るも[33]契約には至らなかった[34]

無所属の状態が続いたが、2011年7月にKリーグ大田シチズンへの加入が決定[35]柳想鐵監督からは、スルーパスに長け前線の選手をアシストできる選手として起用され[36]、リーグ初得点を挙げた第30節では同節のベストイレブンに選出された[37]。2012年には主力に定着し、第7節には連敗中のチームを救う決勝ゴールを挙げて[38]ベストイレブンに選出された[39]。2013年限りで大田との契約を満了。

2017年、B級コーチライセンス取得[40]

エピソード[編集]

  • 焼肉を好み、blogにも「焼肉を食べに行きました」という内容のエントリーがしばしば見られた。
  • FC東京でのチームメイト、今野泰幸とはユース代表合宿で知り合って以来の親友[6][2]2003年末に今野がコンサドーレ札幌からの移籍先をFC東京か、札幌の前監督である恩師・岡田武史率いる横浜F・マリノスかで悩んでいた際には、毎晩のように今野に電話をかけFC東京に来るよう誘っていた。FC東京で監督を務めた原博実も「あの二人には、二人だけに見えている独自の空間があり、我々には見えない何かがある」と、プレー面でも特別なホットラインが存在していたことを東京中日スポーツ誌上でコメントしたことがある。また、栗澤僚一長谷部誠とも親交が深い。
  • 2012年8月、髪を赤く染めた。大田の成績が伸び悩む中、チームの色と同じ髪色にすることでチームスピリットを示したと報じられた[41]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2002 FC東京 30 J1 8 0 3 0 1 0 12 0
2003 15 1 5 1 0 0 20 2
2004 14 26 3 8 0 2 1 36 4
2005 20 4 3 0 1 0 24 4
2006 22 2 1 0 2 2 25 4
2007 16 1 5 0 0 0 21 1
2008 千葉 8 6 0 1 0 - 7 0
山形 31 J2 10 0 - 2 0 12 0
2009 東京V 36 3 0 - 0 0 3 0
韓国 リーグ戦 リーグ杯FA杯 期間通算
2011 (en 大田 14 Kリーグ 6 1 - - 6 1
2012 30 4 - 2 1 32 5
2013 (en 77 Kクラシック 7 0 -
通算 日本 J1 113 11 26 1 6 3 145 15
日本 J2 13 0 - 2 0 15 0
韓国 Kリーグ 43 5 - 2 1 45 6
総通算 169 16 26 1 10 4 205 21

代表歴[編集]

指導歴[編集]

  • 2016年 - FC東京普及部 アシスタントコーチ
  • 2016年6月 - 2017年3月 いわきフォーウィンズスポーツファミリークラブ コーチ[42]
  • 2017年 - ENJOYスポーツクラブ 選抜コース コーチ

タイトル[編集]

個人
  • 日本クラブユースサッカー選手権 (U-18大会) MVP (2001年[5])

脚注[編集]

[ヘルプ]
注釈
  1. ^ 同校は1995年度の選手権で全国優勝している。当時馬場は小学校6年生。
出典
  1. ^ a b c d 『FC東京ファンブック2005』 毎日新聞社2005年、33頁。
  2. ^ a b c 『FC東京ファンブック2007』 毎日新聞社2007年、28頁。
  3. ^ a b c d e 登録選手一覧表 Jリーグ (2009年12月6日)
  4. ^ a b c Jリーグ選手名鑑 (2005年) - ウェイバックマシン(2005年9月11日アーカイブ分) スポーツニッポン
  5. ^ a b c d e 馬場憂太選手(FC東京U-18)来季新加入内定のお知らせ - ウェイバックマシン(2005年2月16日アーカイブ分) FC東京 (2001年12月11日)
  6. ^ a b c d e 『FC東京ファンブック2004』 毎日新聞社2004年、42頁。
  7. ^ 『FC東京ファンブック2006』 毎日新聞社2006年、93頁。
  8. ^ 試合結果 - ウェイバックマシン(2001年12月7日アーカイブ分) 日本クラブユースサッカー連盟
  9. ^ U-18、日本クラブユースサッカー選手権(U18)大会 2-0でコンサドーレ札幌を破り優勝!! - ウェイバックマシン(2002年10月24日アーカイブ分) FC東京 (2001年8月5日)
  10. ^ 選手出場記録 Jリーグ (2003年8月2日)
  11. ^ 馬場憂太選手の手術について - ウェイバックマシン(2004年5月6日アーカイブ分) FC東京 (2003年11月13日)
  12. ^ 若手の経験が収穫 目標は得点力UP - ウェイバックマシン(2005年11月10日アーカイブ分) 東京中日スポーツ (2004年6月28日)
  13. ^ 『FC東京ファンブック2006』 毎日新聞社2006年、33頁。
  14. ^ 馬場憂太選手の手術結果について - ウェイバックマシン(2006年10月9日アーカイブ分) FC東京 (2005年12月15日)
  15. ^ 【J1:第30節】F東京 vs 川崎F:試合終了後の各選手コメント Jリーグ:J's GOALアーカイブ (2006年11月11日)
  16. ^ 馬場 千葉へ移籍 - ウェイバックマシン(2008年1月20日アーカイブ分) 東京中日スポーツ (2008年1月17日)
  17. ^ a b c d 馬場憂太選手 ジェフユナイテッド市原・千葉へ完全移籍決定のお知らせ - ウェイバックマシン(2008年1月20日アーカイブ分) FC東京 (2008年1月17日)
  18. ^ 馬場 憂太 選手の加入について - ウェイバックマシン(2008年1月20日アーカイブ分) ジェフユナイテッド市原・千葉 (2008年1月17日)
  19. ^ 【J1:第2節 千葉 vs 清水】レポート Jリーグ:J's GOALアーカイブ (2008年3月15日)
  20. ^ 「6戦無勝利」J1第6節 千葉 2-4 大宮 スポーツナビ (2008年4月14日)
  21. ^ 千葉は危機感なく公式戦6戦勝利なし (千葉vs札幌) ゲキサカ (2008年4月16日)
  22. ^ 【J1:第13節 千葉 vs 大分】プレビュー Jリーグ:J's GOALアーカイブ (2008年5月16日)
  23. ^ ジェフユナイテッド市原・千葉から 馬場憂太選手 期限付移籍加入のお知らせ - ウェイバックマシン(2008年9月18日アーカイブ分) モンテディオ山形 (2008年8月25日)
  24. ^ 【J2:第37節 山形 vs 鳥栖】試合終了後の各選手コメント Jリーグ:J's GOALアーカイブ (2008年9月23日)
  25. ^ J1山形の馬場、退団 移籍期間満了 47NEWS (2009年2月3日)
  26. ^ パサー馬場加入で山形ゴールラッシュだ 日刊スポーツ (2008年8月29日)
  27. ^ モンテディオ山形 馬場憂太選手 期限付移籍期間満了のお知らせ - ウェイバックマシン(2009年2月5日アーカイブ分) モンテディオ山形 (2009年2月2日)
  28. ^ 2009クラブ活動方針について 2 - ウェイバックマシン(2009年2月7日アーカイブ分) ジェフユナイテッド市原・千葉 (2009年2月4日)
  29. ^ 元FC東京・馬場が東京V練習に参加 スポーツニッポン (2009年8月4日)
  30. ^ 馬場憂太選手 加入のお知らせ 東京ヴェルディ (2009年8月26日)
  31. ^ 契約満了選手のお知らせ 東京ヴェルディ (2009年12月4日)
  32. ^ 元FC東京の馬場、デュッセルドルフ練習参加 スポーツニッポン (2010年11月17日)
  33. ^ 元F東京・馬場、独2部デュッセルドルフへ移籍! - ウェイバックマシン(2010年12月20日アーカイブ分) スポーツ報知 (2010年12月18日)
  34. ^ 週刊サッカーダイジェストNo.1173 [インタビュー]馬場憂太(太田シチズン/MF)「輝きを取り戻す場所」日本スポーツ企画出版社2012年、46-47頁。
  35. ^ Kリーグ大田シチズン、日本ユース代表出身のMF馬場憂太を獲得 中央日報 (2011年7月29日)
  36. ^ 대전, 다국적 외인 공격수 활용법(朝鮮語)sportalkorea.com 2012.02.14
  37. ^ (30.10.2011 - 30.10.2011) Weekly Best11(英語)Kリーグ公式
  38. ^ 馬場憂太が決勝点!大田に今季初勝利もたらす:韓国Kリーグ第7節 ゲキサカ (2012年4月13日)
  39. ^ (11.04.2012 - 11.04.2012) Weekly Best11(英語) Kリーグ公式
  40. ^ 2016年度 B級コーチ養成講習会 合格者【442名】 日本サッカー協会 (2017年4月13日)
  41. ^ 용병 바바, 머리를 자주색으로 물들인 이유 stoo 2012.08.07(朝鮮語)
  42. ^ 東北『夢』応援プログラムにおいて、福島県いわき市の子どもたちを対象としたサッカー指導プログラムを開始 東日本大震災復興支援財団 (2016年6月14日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]