金沢市民サッカー場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
金沢市城北市民運動公園 > 金沢市民サッカー場
金沢市民サッカー場
金沢市民サッカー場.jpg
金沢市民サッカー場の位置(金沢市内)
金沢市民サッカー場
金沢市民サッカー場の位置(石川県内)
金沢市民サッカー場
施設情報
所在地 石川県金沢市磯部町ニ45番地
位置 北緯36度35分51.02秒 東経136度39分30.15秒 / 北緯36.5975056度 東経136.6583750度 / 36.5975056; 136.6583750座標: 北緯36度35分51.02秒 東経136度39分30.15秒 / 北緯36.5975056度 東経136.6583750度 / 36.5975056; 136.6583750
所有者 金沢市
運用者 公益財団法人金沢市スポーツ事業団
グラウンド 天然芝
大型映像装置 電光表示式スコアボード
使用チーム、大会
第46回国民体育大会(1991年)
北信越フットボールリーグ
収容能力
3,010人
アクセス
#アクセスを参照。

金沢市民サッカー場(かなざわしみんサッカーじょう)は、石川県金沢市金沢市城北市民運動公園内にあるサッカー球技場。 施設は金沢市が所有し、公益財団法人金沢市スポーツ事業団指定管理者として運営管理を行っている。

概要[編集]

1991年第46回国民体育大会のサッカー競技の会場として使用された。

2019年1月19日付の北陸中日新聞によると、市民サッカー場の改修を予定していた金沢市が、飲食スペースなどを確保するのにスペースが取れないことを理由として城北市民運動公園の別の場所にサッカー場(収容人員:10,000人)を2023年度を目途に新築する方針であると報じた。なお、市民サッカー場の存廃に関しては未定となっている[1]

アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 金沢市民サッカー場 改修→新設に”. 北陸中日新聞 (2019年1月19日). 2019年2月11日閲覧。
  2. ^ a b c スタジアム【金沢市民】”. 日本フットボールリーグ. 2017年9月17日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]