アデミウソン・ブラガ・ビスポ・ジュニオール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アデミウソン Football pictogram.svg
名前
本名 アデミウソン・ブラガ・ビスポ・ジュニオール
ラテン文字 Ademilson Braga Bispo Junior
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 1994年1月9日(21歳)
出身地 サンパウロ州の旗 サンパウロ州Cubatao bandeira.png クバタン
身長 176cm
体重 74kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 横浜F・マリノス
ポジション FW
背番号 39
利き足 右足
ユース
2005-2012 ブラジルの旗 サンパウロFC
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2012-
2015-
ブラジルの旗 サンパウロFC
日本の旗 横浜F・マリノス(loan)
59 (6)
代表歴2
2011
2012-2013
2013-
ブラジルの旗 ブラジル U-17
ブラジルの旗 ブラジル U-20
ブラジルの旗 ブラジル U-21
7 (5)
15 (5)
10 (7)
1. 国内リーグ戦に限る。2015年2月28日現在。
2. 2014年12月9日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

アデミウソン・ブラガ・ビスポ・ジュニオールAdemilson Braga Bispo Junior, 1994年1月9日 - )は、ブラジルクバタン出身のサッカー選手Jリーグ横浜F・マリノス所属。ポジションはフォワード

来歴[編集]

サンパウロ[編集]

2005年からサンパウロFCの下部組織に所属する。2012年2月2日、カンピオナート・パウリスタグアラニFC戦でデビューを果たした。2012年7月22日、ブラジル・セリエAフィゲイレンセFC戦でプロ初ゴールを記録した。

横浜F・マリノス[編集]

2015年2月28日、Jリーグ横浜F・マリノスへ期限付き移籍で加入した[1]。また、この移籍交渉を行ったのは横浜F・マリノスとパートナーシップ協定を結んでいるシティフットボールグループのマンチェスター・シティである[2]。2015年3月14日、FC東京戦で初先発。4月25日、湘南ベルマーレ戦でリーグ戦初得点。 個人技よりもチームプレーを重んじたスタイルで徐々にチームにフィットしている。

代表[編集]

代表では年代別のブラジル代表に選出されている。

2011年U-17ブラジル代表として2011 FIFA U-17ワールドカップに出場し、大会得点ランキング3位となる5得点(チーム得点王)を記録した。この大会の準々決勝で対戦したU-17日本代表戦でもゴールを決めている。また、この大会でエースナンバーの背番号10をつけ、大会以降も年代別のブラジル代表で背番号10をつけるようになる。

2012年U-20ブラジル代表としてSASFケープタウンU-20国際トーナメントに出場し、この大会でもU-20日本代表戦でゴールを決めている。

2013年U-20ブラジル代表として2013 FIFA U-20ワールドカップの出場権をかけた南米ユース選手権に出場するも予選で敗退してしまい、2013 FIFA U-20ワールドカップの出場権を逃す。ブラジルFIFA U-20ワールドカップの出場権を逃すのは1979年に日本で開催された1979 FIFAワールドユース選手権以来34年ぶりのこととなる。

2014年、U-21ブラジル代表としてトゥーロン国際大会2014に出場し、大会得点ランキング2位となる3得点(チーム得点王)を記録し、ブラジルの優勝に大きく貢献した。

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯 オープン杯 期間通算
2012 サンパウロ セリエA 23 3
2013 21 2
2014 15 1
2015 0 0
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
2015 横浜FM 39 J1
通算 ブラジル セリエA 59 6
日本 J1
総通算 59 6

代表歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]