ブルーノ・ペレイラ・メンデス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の姓)はペレイラ、第二姓(父方の姓)はメンデスです。
ブルーノ・メンデス Football pictogram.svg
名前
本名 ブルーノ・ペレイラ・メンデス
ラテン文字 Bruno Pereira Mendes
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1994-08-02) 1994年8月2日(27歳)
出身地 サンパウロ州クルゼイロ
身長 184cm
体重 82kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 アビスパ福岡
ポジション FW (CF)
利き足 右足
ユース
2007-2011 ブラジルの旗 グアラニFC
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2012 ブラジルの旗 グアラニFC 19 (4)
2012- ブラジルの旗 マカエEFC 0 (0)
2012-2013 ブラジルの旗 ボタフォゴFR (loan) 32 (11)
2014- ウルグアイの旗 デポルティーボ・マルドナド 0 (0)
2014 ブラジルの旗 アトレチコ・パラナエンセ (loan) 5 (1)
2014-2015 ブラジルの旗 アヴァイFC (loan) 15 (0)
2015-2017 ポルトガルの旗 ギマランイス (loan) 3 (0)
2015-2017 ポルトガルの旗 ギマランイスB (loan) 61 (13)
2017-2018 ブラジルの旗 グアラニ (loan) 29 (11)
2019-2020 日本の旗 セレッソ大阪 (loan) 48 (15)
2021- 日本の旗 アビスパ福岡(loan) 0 (0)
代表歴2
2013 ブラジルの旗 ブラジルU-20 3 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2021年1月13日現在。
2. 2020年12月19日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ブルーノ・メンデスBruno Mendes)ことブルーノ・ペレイラ・メンデスポルトガル語: Bruno Pereira Mendes1994年8月2日 - )は、ブラジルのサッカー選手。J1リーグアビスパ福岡所属。ポジションはFW

クラブ歴[編集]

2007年、12歳の時にグアラニFCの下部組織に入団。2012年1月21日、17歳でカンピオナート・パウリスタヴィトールに代わって出場しプロ初出場[1]。3月17日にプロ初得点。

2012年9月に翌年末までの契約でボタフォゴFRマカエEFCからの期限付き移籍の形で加入。これはグアラニからHAZスポーツ・アカデミーが700万ユーロで彼を買い取り、マカエを本所属クラブとして登録したためである[2]。9月30日にクラレンス・セードルフに代わって出場し、カンピオナート・ブラジレイロ・セリエA初出場。10月14日に初得点。

2012年11月に元グアラニの選手、アンドレイ・フラスカレリが未払いを訴えた時に彼の所有権も請求した[3]。マカエ側はこの動きに対して支払に応じ、58万レアルを支払った[4]

2015年7月15日にポルトガル・プリメイラ・リーガヴィトーリア・ギマランイスに移籍[5]

2019年1月10日、セレッソ大阪期限付き移籍で加入[6]。2020年シーズンも引き続きセレッソ大阪に在籍し、チームトップの9ゴールを挙げたが、シーズン終了後に退団が発表された[7]

2021年1月13日、アビスパ福岡に期限付き移籍で加入[8]

エピソード[編集]

2019年覚えやすいメロディとダンスが一体となった彼のチャントがSNSで話題になる[9][10][11][12]

ファン感謝デーにて、セレッソ大阪オフィシャルスポンサーのラーメン屋まこと屋から、麺が青色のラーメン「ブルーの麺デス」が200食限定で発売された、201食目からは麺が普通の「フツーの麺デス」が発売された[13]。キッズデーには、彼の顔がデザインされたお面「ブルーのお面デス」が小学生先着6000名に配布された[14]

2021年4月10日、セレッソ大阪戦で6試合ぶりにメンバー入りし、フル出場[15]。試合終了後、セレッソ大阪サポーター自由席のゴール裏へ挨拶に行った際に、拍手とセレッソ大阪在籍時のチャントで迎えられ、彼は涙ぐみながら、チャントのダンスで応えた[16]。その後、メインスタンド,バックスタンドにも両手を上げて深くお辞儀をし、笑顔でピッチを後にした。

代表歴[編集]

U-20ブラジル代表

タイトル[編集]

ボタフォゴ
グアラニ


参考文献[編集]

  1. ^ Guarani vs. Oeste 2 - 1”. soccerway (2012年1月21日). 2018年5月30日閲覧。
  2. ^ Botafogo pode cobrar R$ 15 milhões do Guarani se perder Bruno Mendes” [Botafogo may charge R$ 15 million from Guarani if they lose Bruno Mendes] (ポルトガル語). Futebol Interior (2012年11月10日). 2018年4月19日閲覧。
  3. ^ Ex-zagueiro processa Guarani por dívida e pode tirar Bruno Mendes do Botafogo” [Former stopper takes legal action against Guarani due to debt and may take Bruno Mendes away from Botafogo] (ポルトガル語). UOL Esporte (2012年11月9日). 2018年4月19日閲覧。
  4. ^ “Bruno Mendes tem contrato com o Botafogo reativado” (Portuguese). O Globo. (2012年12月19日). http://oglobo.globo.com/esportes/bruno-mendes-tem-contrato-com-botafogo-reativado-7101472 
  5. ^ Vitória SC recebe Bruno Mendes” (Portuguese). Vitória S.C. (2015年7月15日). 2015年7月15日閲覧。
  6. ^ ブルーノ メンデス選手 期限付き移籍加入のお知らせ”. セレッソ大阪 (2019年1月10日). 2019年1月11日閲覧。
  7. ^ ブルーノ メンデス選手 期限付き移籍 契約満了のお知らせ”. セレッソ大阪 (2020年12月19日). 2020年12月23日閲覧。
  8. ^ ブルーノ メンデス選手 デポルティーボ マルドナドより期限付き加入のお知らせ” (日本語). アビスパ福岡公式サイト | AVISPA FUKUOKA Official Website (2021年1月13日). 2021年1月13日閲覧。
  9. ^ 【完全版】あなたの知らないブルーノメンデス騒動。あの時の彼女の心境とは。”. Jsnaps. 2021年5月11日閲覧。
  10. ^ セレッソ大阪 ブルーノメンデス 自分のチャントにノリノリ”. 2021年5月11日閲覧。
  11. ^ セレ女「チャント動画」批判から見えた、時代遅れのJリーグ”ゴール裏文化””. excite ニュース. 2021年4月16日閲覧。
  12. ^ あらためて考える「ブルーノ・メンデス」チャント事件 若者を萎縮させるゴール裏文化の是非をめぐって<1/2>”. 2021年4月15日閲覧。
  13. ^ 【ファン感謝デー】まこと屋特別メニュー「ブルーの麺です」販売のお知らせ”. 2021年4月15日閲覧。
  14. ^ セレッソ大阪オリジナル“お面デス” 配布場所決定のお知らせ”. 2021年4月15日閲覧。
  15. ^ 2021 明治安田生命J1リーグ 第9節 vs.セレッソ大阪”. 2021年4月15日閲覧。
  16. ^ 古巣対戦となった #アビスパ福岡 の #ブルーノ・メンデス が、試合後に #セレッソ大阪 のファン・サポーターのもとへ挨拶に向かう。”. 2021年4月15日閲覧。

外部リンク[編集]