秋吉泰佑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
秋吉 泰佑 Football pictogram.svg
Taisuke Akiyoshi.jpg
名前
カタカナ アキヨシ タイスケ
ラテン文字 AKIYOSHI Taisuke
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1989-04-18) 1989年4月18日(30歳)
出身地 熊本県熊本市
身長 174cm
体重 63kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 ヴァンラーレ八戸
ポジション MF
背番号 44
利き足 左足
ユース
2005-2007 ルーテル学院高校
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2008-2009 シンガポールの旗 アルビレックス新潟シンガポール 28 (1)
2010-2011 シンガポールの旗 アームド・フォーシズ 56 (6)
2012-2013 ブルガリアの旗 PFCスラヴィア・ソフィア 24 (2)
2013-2014 ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 NKズビエズダ・グラダチャツ 11 (0)
2014-2015 オーストリアの旗 SKシュトゥルム・グラーツ 2 (0)
2015-2016 日本の旗 ヴァンフォーレ甲府 0 (0)
2016 日本の旗 ファジアーノ岡山 (loan) 1 (0)
2017 日本の旗 ラインメール青森 26 (3)
2018- ヴァンラーレ八戸 29 (2)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年12月25日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

秋吉 泰佑(あきよし たいすけ、1989年4月18日 - )は、熊本県熊本市出身のサッカー選手。ポジションはミッドフィールダー(MF)。

来歴[編集]

ルーテル学院高校サッカー部の主将として、第86回全国高等学校サッカー選手権大会に出場した[1]。同期には、吉田智志水本勝成が在籍していた。

卒業後はSリーグアルビレックス新潟シンガポールでキャリアを始め、2シーズンプレーする。2010年、アルビレックス新潟の練習参加オファーを断り、アームド・フォーシズFCに加入し[2]、同年のAFCチャンピオンズリーグ2010に出場した。 2012年1月にカザフスタン・プレミアリーグに所属するFC Kaisarのトライアルを受けるも入団には至らなかった[3]

同年2月18日、トライアルを経てPFCスラヴィア・ソフィアと2年半の契約を結び、同リーグ初の日本人選手となった[4]

2013年11月14日、ボスニア・ヘルツェゴビナNKズビエズダ・グラダチャツに移籍した[5]

2014年8月、オーストリア・ブンデスリーガSKシュトゥルム・グラーツに移籍[6]

2015年7月31日、ヴァンフォーレ甲府へ移籍[7]。同年12月27日、ファジアーノ岡山FC[8]へ期限付き移籍。 2017年3月8日、ラインメール青森へ移籍。

2018年よりヴァンラーレ八戸へ加入すると発表された[9]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
シンガポール リーグ戦 リーグ杯シンガポール杯 期間通算
2008 新潟S Sリーグ
2009
2010 アームド
2011
ブルガリア リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
2011-12 ソフィア A PFG 13 2
2012-13 11 0
ボスニア・ヘルツェゴビナ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
2013-14 グラダチャツ ボスニア1部 11 0
オーストリア リーグ戦 リーグ杯オーストリア杯 期間通算
2014-15 グラーツ オーストリア1部 2 0
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2015 甲府 13 J1 0 0 - 1 1 1 1
2016 岡山 18 J2 1 0 - 2 2 3 2
2017 青森 24 JFL 26 3 - - 26 3
2018 八戸 44 29 2 - - 29 2
2019 J3 -
通算 ブルガリア A PFG 24 2
ボスニア・ヘルツェゴビナ ボスニア1部 11 0
オーストリア オーストリア1部 2 0
日本 J1 0 0 - 1 1 1 1
日本 J2 1 0 - 2 2 3 2
日本 J3 -
日本 JFL 57 5 - 0 0 57 5
総通算 -

脚注[編集]

  1. ^ ルーテル学院初勝利ならず/高校サッカー” (日本語). 日刊スポーツ (2008年1月3日). 2012年7月12日閲覧。
  2. ^ Player Profile: Taisuke Akiyoshi” (英語). SAFFC - Warriors (2012年1月12日). 2010年3月3日閲覧。
  3. ^ Кайсар: и японец с ними” (ロシア語). SPORTS.KZ (2012年1月12日). 2012年7月12日閲覧。
  4. ^ Akiyoshi joins Slavia to become first Japanese in Bulgaria” (英語). Yahoo! Eurosport (2012年2月21日). 2012年7月12日閲覧。
  5. ^ 秋吉泰佑、ボスニア1部のズビエズダ・グラダチャツへの移籍が決定”. サッカーキング (2013年11月14日). 2013年11月14日閲覧。
  6. ^ 秋吉泰佑がオーストリアの名門シュトゥルム・グラーツへ移籍”. サッカーキング (2014年8月1日). 2015年5月5日閲覧。
  7. ^ 秋吉 泰佑選手 SKシュトゥルム・グラーツ[オーストリアより完全移籍加入のお知らせ]”. ヴァンフォーレ甲府 (2015年7月31日). 2015年8月1日閲覧。
  8. ^ 秋吉泰佑選手 期限付き移籍加入のお知らせ”. ファジアーノ岡山FC (2015年12月27日). 2015年12月28日閲覧。
  9. ^ “【2018シーズン】新加入選手のお知らせ” (プレスリリース), ヴァンラーレ八戸, (2017年12月25日), http://www.vanraure.net/archives/592973 2017年12月25日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]