中村亮太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
中村 亮太 Football pictogram.svg
Ryota Nakamura.jpg
名前
愛称 あずき
カタカナ ナカムラ リョウタ
ラテン文字 NAKAMURA Ryota
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1991-01-28) 1991年1月28日(32歳)
出身地 愛知県名古屋市中川区
身長 178cm
体重 71kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 ブラウブリッツ秋田
ポジション FW / MF
背番号 9
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2013-2015 松本山雅FC 1 (0)
2014-2015 FC大阪 (loan) 40 (16)
2016-2017 アスルクラロ沼津 58 (14)
2018- ブラウブリッツ秋田 145 (29)
1. 国内リーグ戦に限る。2022年11月29日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

中村 亮太(なかむら りょうた、1991年1月28日 - )は、愛知県名古屋市中川区出身のプロサッカー選手Jリーグブラウブリッツ秋田所属。ポジションはフォワード/ミッドフィルダー

来歴[編集]

突破力、フィジカルの強度が高いストライカー。高校時代は、DFだった。しかしながら、スプリント力測定では、50メートル走6秒0のスピードが評価された。シュート力が見込まれ、中京大学2年時には、攻撃的なポジションにコンバート[1]。同年の総理大臣杯で3得点を挙げ、チームの準優勝に貢献し、全日本大学選抜にも選出された。

2013年松本山雅FCに入団[2]2014年FC大阪期限付き移籍[3]、4月4日マルヤス戦でハットトリック達成。

2015年末をもって松本との契約を満了[4]。FC大阪との契約も満了となり、2016年よりアスルクラロ沼津に完全移籍したが[5]、アマチュア契約であった[6]

2018年ブラウブリッツ秋田に完全移籍[7]。2019年9月15日、讃岐戦で自身二回目のハットトリック達成。 その活躍などで9月期の月間MVPを受賞。選考委員の原博実から「滞空時間のあるヘディング、身体を張ったプレーから両足どちらでもシュートが撃てる。」として高い評価を受けた[8]

2020年11月18日、ガンバ大阪U‐23戦で2得点を決めてチームを勝利へ導き、自身が予言していたブラウブリッツ秋田のJ3リーグ「ぶっちぎり」優勝[9][10] を達成、クラブ史上初のJ2昇格が決定した。また、二年連続チーム得点王となった。

2021年4月4日、念願の「松本をぶっ倒す」機会が巡ってきたが、オウンゴールを献上してしまう[6]

2022年は右サイドでの活躍が目を引き、「中村ゾーン」なる言葉が生まれた[11]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2010 中京大 13 - - - 2 0 2 0
2011 11 - - 0 0 0 0
2013 松本 33 J2 1 0 - 0 0 1 0
2014 FC大阪 16 関西1部 13 6 - 1 0 14 6
2015 JFL 27 10 - 2 1 29 11
2016 沼津 9 28 7 - - 28 7
2017 J3 30 7 - 1 0 31 7
2018 秋田 23 1 - 1 0 24 1
2019 27 11 - 0 0 27 11
2020 25 10 - 2 0 27 10
2021 J2 40 5 - 0 0 40 5
2022 30 2 - 0 0 30 2
2023 -
通算 日本 J2 71 7 - 0 0 71 7
日本 J3 105 29 - 4 0 109 29
日本 JFL 55 17 - 2 1 57 18
日本 関西1部 13 6 - 1 0 14 6
日本 - - 2 0 2 0
総通算 244 59 - 9 1 253 60

タイトル[編集]

ブラウブリッツ秋田

個人[編集]

トリヴィア・人物[編集]

  • クラブ公式インスタグラムアカウントより、Azuki on the waveと題するトーク番組を配信している。
  • ニックネームのあずきは、風貌が小豆洗いに似ていることから来ている。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]