小柳達司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
小柳 達司 Football pictogram.svg
名前
愛称 タツ
カタカナ コヤナギ タツシ
ラテン文字 KOYANAGI Tatsushi
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1990-02-07) 1990年2月7日(28歳)
出身地 千葉県
身長 180cm
体重 76kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 ツエーゲン金沢
ポジション DFMF
背番号 4
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2012-2015 ザスパクサツ群馬 127 (3)
2016- ツエーゲン金沢 60 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年12月1日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

小柳 達司(こやなぎ たつし、1990年2月7日 - )は、千葉県出身のプロサッカー選手Jリーグツエーゲン金沢所属。ポジションはディフェンダー(DF)、ミッドフィルダー(MF)。

来歴[編集]

千葉県市川市生まれ。幼少~高校生は埼玉県三郷市で暮らす。千葉県の専修大学松戸高等学校を経て、 日本体育大学に進学。日本体育大学では1年生からレギュラーとして多くの試合出場を果たし、4年生の時に関東大学サッカーリーグ戦において、 16年ぶりの2部優勝に貢献し、1部昇格を果たした。

2012年よりJ2のザスパ草津(現在はザスパクサツ群馬)に加入。 ポジションは左右SBでの出場機会が多かったが、2013~14年はCBおよび3バック時のストッパーもこなすなど、ユーティリティープレイヤーとしての才能を見せ、1年目27試合、2年目40試合に出場した。

2014年は、リーグ戦39試合に出場。9月28日のJ2第34節の栃木SC戦にフル出場し、J2リーグ戦100試合出場を達成した。

2015年はCBとして開幕を迎えたが、ゲームに順応できずにしばらくしてスタメンを外れると、シーズン途中からSBとして再びスタメンを獲得し群馬のJ2残留に貢献した。しかし、シーズン終了後、群馬から契約満了が発表されるも間もなく、ツエーゲン金沢への移籍が発表された。この群馬の発表については多くの群馬サポーターから疑問の声が上がった。

2016年は開幕2試合に先発で出場したが、金沢の守備的フォーメーションなど、群馬との戦術の違いに苦しみ出場機会を減らし、前半はベンチ外も多くなった。しかし森下仁之監督から細かいポジショニングなどのアドバイスを受け、サイドバックやボランチなどで8月のアウェー・長崎戦から天皇杯を含め公式戦17戦連続で先発出場し、栃木とのJ2/J3入れ替え戦第一戦では、後半89分に貴重な決勝点を決め金沢のJ2残留に貢献した。シーズン終了後、金沢との契約更新が発表された。

2017年、柳下正明が新監督となってからは、開幕からボランチとして起用された。ボランチとしての豊富な運動量、スプリント、対人守備の強さからのタイトな寄せで相手の自由を奪うなど、守備の要として38試合に出場し、ゲームキャプテンとしてチームを引っ張った。

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2012 草津 23 J2 27 0 - 0 0 27 0
2013 群馬 4 40 3 - 0 0 40 3
2014 39 0 - 3 0 42 0
2015 21 0 - 1 0 22 0
2016 金沢 22 0 - 2 0 24 0
2017 38 0 - 2 0 40 0
通算 日本 J2 187 3 - 8 0 195 3
総通算 187 3 0 0 8 0 195 3

その他の公式戦

記念試合

関連項目[編集]

外部リンク[編集]