圍謙太朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
圍 謙太朗 Football pictogram.svg
名前
愛称 ケン[1]
カタカナ カコイ ケンタロウ
ラテン文字 KAKOI Kentaro
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1991-04-23) 1991年4月23日(27歳)
出身地 長崎県
身長 190cm
体重 90kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 アビスパ福岡
ポジション GK
背番号 21
利き足 右足[1][2]
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2014-2016 FC東京 0 (0)
2016 FC東京U-23 21 (0)
2017- セレッソ大阪
1. 国内リーグ戦に限る。2016年12月6日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

圍 謙太朗(かこい けんたろう、1991年4月23日 - )は、長崎県出身のプロサッカー選手Jリーグアビスパ福岡所属。ポジションは、ゴールキーパー(GK)

来歴[編集]

10歳のときにサッカーを始める[2]。トレセンで指導を受けた澤村公康を慕って長崎から熊本県大津に転校[3]。しかし大津高校在学時は、度重なる怪我や急激に身長が伸びたことで身体のバランスが崩れたために[4]十分なプレーができず第3GKだった[5][6]

田中慎太郎(元FC岐阜)に見込まれて[5]、2010年に桃山学院大学へ進学。長い手足を柔軟に使いこなせるようになったことで[4]1年時から関西学生リーグ1部で先発出場を続け[7]、同年の新人賞を獲得した[8]。恵まれた体格と能力に経験が加わったことで[6]頭角を現し[9]、2年時にはリーグ最小失点での優勝に貢献[10][11]。4年時には副将を務めた[12]。2年時から選出された[9]全日本大学選抜では、高校同期でもあった藤嶋栄介とのポジション争いを続け[11]、藤嶋との併用で2013年夏季ユニバーシアードの3試合に先発出場し、銅メダル獲得に貢献した。

2014年に大学を卒業。新潟及びC大阪からのオファーを断り[3]、圍の体格や身体能力、人柄を高く評価する[9]JリーグFC東京へと入団した[12][13]。同年のJ1第2節甲府戦で第2GKとしてベンチ入り。2015年は右第5中足骨基部骨折など[14]苦しい一年を過ごしたが、2016年にかけて復調し[15]、同年のJ3第1節相模原戦においてJリーグ初出場。第2GKへと再昇格し[16]ベンチ入りを続けた。

2017年、セレッソ大阪へ完全移籍[17][18]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2014 FC東京 31 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
2015 0 0 0 0 0 0 0 0
2016 0 0 0 0 0 0 0 0
2017 C大阪 1
通算 日本 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
総通算 0 0 0 0 0 0 0 0
その他の公式戦
国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 期間通算
出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 期間通算
2016 F東23 31 J3 21 0 21 0
通算 日本 J3 21 0 21 0
総通算 21 0 21 0
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFCACL
2016 FC東京 31 1 0
通算 AFC 1 0

タイトル[編集]

クラブ[編集]

桃山学院大学
セレッソ大阪

個人[編集]

  • 関西学生サッカーリーグ1部 新人賞 (2010年[8])
  • 関西学生サッカーリーグ1部 優秀選手賞 (2011年[19]、2012年[20])
  • 関西学生サッカーリーグ1部 4年間最多リーグ出場賞 (2013年[21])
  • 関西学生サッカーリーグ1部 関西学生サッカー特別賞 (2013年[21])

代表歴[編集]

出演[編集]

TV[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 桃山学院大学体育会サッカー部:No.21 圍謙太朗 College Soccer Central
  2. ^ a b 『Jリーグ選手名鑑 2014J1・J2・J3エルゴラッソ特別編集』 三栄書房2014年、68頁。
  3. ^ a b 『365日FC東京 -2014年-』 東京中日スポーツ,東京新聞2015年、5頁。ISBN 978-4-8083-0998-5
  4. ^ a b 川端暁彦 『Jの新人』 東邦出版2014年、128-129頁。
  5. ^ a b 【インタビュー】桃山学院大・圍謙太朗「GKでもアシストはできる」 (1/2) サッカーなう、2013年6月20日
  6. ^ a b ユニバ日本代表GK圍が東京加入 日刊スポーツ (2013年8月2日)
  7. ^ 2010年度リーグ戦 / 選手出場記録 College Soccer Central
  8. ^ a b 2010年度 第88回 関西学生サッカーリーグ 表彰一覧(1部) (PDF) 関西学生サッカー連盟
  9. ^ a b c 【F東京】「大学選抜GK」圍謙太朗を獲得へ”. 2013年3月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月15日閲覧。 スポーツ報知 (2013年3月9日)
  10. ^ チーム順位表【 関西学生サッカーリーグ 1部 】 関西学生サッカー連盟 (2011年11月27日)
  11. ^ a b 同期の大津高時代から続く守護神争い、全日本大学選抜GKの座かけて藤嶋&圍が切磋琢磨 ゲキサカ (2013年3月14日)
  12. ^ a b c サッカー部 圍謙太朗選手 FC東京来季新加入内定会見を行いました。 桃山学院大学 (2013年8月27日)
  13. ^ 圍 謙太朗 選手(桃山学院大学) 来季新加入内定のお知らせ FC東京 (2013年8月5日)
  14. ^ 圍謙太朗選手の負傷について FC東京 (2015年7月3日)
  15. ^ GK囲 上々の再出発 東京中日スポーツ (2016年1月25日)
  16. ^ プロ3年目のFC東京GK圍謙太朗、韓国王者との一戦でトップチームデビュー blogola (2016年4月20日)
  17. ^ 圍謙太朗選手 セレッソ大阪へ完全移籍のお知らせ FC東京 (2016年12月27日)
  18. ^ 圍謙太朗選手 完全移籍加入のお知らせ セレッソ大阪 (2016年12月27日)
  19. ^ a b 2011年度 第89回 関西学生サッカーリーグ 表彰一覧 (1部) (PDF) 関西学生サッカー連盟
  20. ^ 2012年度 第90回 関西学生サッカーリーグ 表彰一覧 (1部) (PDF) 関西学生サッカー連盟
  21. ^ a b 2013年度 第91回 関西学生サッカーリーグ 表彰一覧 (1部) (PDF) 関西学生サッカー連盟

関連項目[編集]

外部リンク[編集]