畑潤基

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
畑 潤基 Football pictogram.svg
名前
カタカナ ハタ ジュンキ
ラテン文字 HATA Junki
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1994-08-14) 1994年8月14日(24歳)
出身地 愛知県
身長 179cm[1]
体重 79kg[1]
選手情報
在籍チーム 日本の旗 アスルクラロ沼津
ポジション FW
背番号 29
ユース



2010-2012
2013-2016
大森ジュニアサッカークラブ[1]br/>大森フットボールクラブ[1]
Nagoya S.S.[1]
東海学園高等学校[1]
東海学園大学[1]
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2016- V・ファーレン長崎 10 (1)
2017- アスルクラロ沼津 (loan)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年8月10日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

畑 潤基(はた じゅんき、1994年8月14日[1] - )は、愛知県出身[1]のプロサッカー選手V・ファーレン長崎に本籍を置く[1]アスルクラロ沼津所属の選手。ポジションはフォワード(FW)[1]

経歴[編集]

2010年東海学園高等学校に入学。1年生時にインターハイを経験した[2]

高大一貫教育のため、2013年東海学園大学へ入学。1年生時からレギュラーを獲得していた[3]。4年生時は東海学生サッカーリーグ戦で3位。個人としては、得点王を獲得した[4]。 総理大臣杯1回戦阪南大学戦ではマン・オブ・ザ・マッチに選ばれた[5]

2016年9月9日特別指定選手としてJリーグV・ファーレン長崎に登録された(背番号は32)[6]9月18日J2第32節・北海道コンサドーレ札幌戦で87分に梶川諒太と交代してJリーグ初出場[7][8]10月2日の第34節・徳島ヴォルティス戦では初ゴールも決めた[9]

同年12月15日に長崎への2017シーズンからの正式加入が発表された[1]。背番号は32から11に変更した。

2017年8月9日アスルクラロ沼津期限付き移籍で加入することが発表された[10]

所属クラブ[編集]

ユース経歴[編集]

プロ経歴[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2016 長崎 32 J2 5 1 - 0 0 5 1
2017 11 5 0 - 1 0 6 0
沼津 34 J3 -
通算 日本 J2 10 1 - 1 0 11 1
日本 J3 -
総通算 10 1 0 0 1 0 11 1


タイトル[編集]

個人タイトル[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 畑 潤基選手 新加入のお知らせ V・ファーレン長崎”. V・ファーレン長崎 (2016年12月15日). 2016年12月25日閲覧。
  2. ^ <全国総体>嶋が2戦連続FK弾!ルーテル学院が東海学園下し冬夏連続8強”. ゲキサカ (2016年1月20日). 2017年1月20日閲覧。
  3. ^ <大学選手権>東海学園大登録メンバー”. ゲキサカ (2013年12月14日). 2017年1月20日閲覧。
  4. ^ <東海>中京大&東海学園大のインカレ出場決定!!FW畑は18戦31得点でフィニッシュ:最終節”. ゲキサカ (16-11-7). 2017年1月20日閲覧。
  5. ^ <MOM388>東海学園大FW畑潤基(4年)_インパクト重視、“トウガク”の10番が見せた『えげつない』衝撃”. ゲキサカ (2016年8月8日). 2017年1月20日閲覧。
  6. ^ 畑 潤基選手(東海学園大学)2016年JFA・Jリーグ特別指定選手承認のお知らせ V・ファーレン長崎”. V・ファーレン長崎 (2016年9月9日). 2016年12月25日閲覧。
  7. ^ a b 長崎vs札幌 試合記録”. ゲキサカ (2016年9月18日). 2017年1月20日閲覧。
  8. ^ 札幌は0-0ドローで3連勝逃す、長崎の特別指定FW畑がJデビュー”. ゲキサカ (2016年9月18日). 2017年1月20日閲覧。
  9. ^ a b 長崎vs徳島 試合記録”. ゲキサカ (2016年10月2日). 2017年1月20日閲覧。
  10. ^ 畑潤基選手 アスルクラロ沼津へ期限付き移籍のお知らせ”. V・ファーレン長崎 (2017年8月9日). 2017年8月10日閲覧。
  11. ^ <東海>ベスト11に静産大から4名!新人賞は常葉大浜松で10番背負う、神戸弘陵出身ルーキーMF土井”. ゲキサカ (2016年12月6日). 2017年1月20日閲覧。

関連項目[編集]