ヨン・ファント・シップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヨン・ファント・シップ Football pictogram.svg
John van 't Schip.jpg
名前
本名 ヨハネス・ニコラース・ファント・シップ
愛称 Johnny
ラテン文字 John van 't SCHIP
基本情報
国籍 オランダの旗 オランダ
生年月日 1963年12月30日(50歳)
出身地 カナダの旗 フォート・セント・ジョン
身長 182cm
体重 73kg
選手情報
ポジション MF
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1981-1992 アヤックス 273 (29)
1992–1996 ジェノアCFC 107 (11)
代表歴
1986-1995 オランダの旗 オランダ 41 (2)
監督歴
2001-2002 FCトゥヴェンテ
2009 アヤックス
2009-2012 メルボルン・ハートFC
2012-2013 CDグアダラハラ
2013- メルボルン・ハートFC
1. 国内リーグ戦に限る。
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

ヨハネス・ニコラース・ファント・シップJohannes Nicolaas "John" van 't Schip, 1963年12月30日 - )は、オランダの元サッカー選手。選手時代のポジションはミッドフィールダー(主にサイドハーフ)。2012年からメキシコサッカーリーグ1部、CDグアダラハラの監督を務める。

経歴[編集]

カナダブリティッシュコロンビア州生まれ。8歳の時にオランダに移り住んだ。外来語のJohnをそのまま「ジョン」と発音するため、オランダ現地の発音は「ジョン・ファント・スヒップ」。

オランダの名門クラブ、アヤックス・アムステルダムのユースアカデミーを経て、1981年12月にトップチームに昇格。アヤックスでは主力選手として11シーズンを過ごし、リーグ優勝4回・カップ戦優勝3回を経験。また1987年UEFAカップウィナーズカップ1992年UEFAカップのタイトルも獲得した。

1992年オフにイタリアセリエA(当時)の古豪ジェノアに移籍。1996年に現役を引退するまで4シーズンプレーした。

オランダ代表としては、1986年4月29日スコットランド戦が初キャップ。以降通算41試合に出場、2得点を挙げている。1988年EURO '88では、リヌス・ミケルス監督の下栄冠に輝いた。また1990年ワールドカップイタリア大会1992年EURO '92においても代表チームに名を連ねている。

引退後は指導者となり、マルコ・ファン・バステンと共に古巣アヤックスのユースチームを率いたほか、FCトゥヴェンテの監督も務めた。2004年オランダ代表チームのアシスタントコーチに就任。ファン・バステンの右腕として2006年ワールドカップドイツ大会でチームを指導した。

所属クラブ[編集]

指導歴[編集]

関連項目[編集]

  • 三浦知良
    • ジェノア時代の1994-95シーズン、アジア人初のセリエAプレーヤーとなった三浦が同クラブに加入。合宿の際相部屋となって以降、公私に渡って親交を深めた。

外部リンク[編集]