リチャード・ビチュヘ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
リシャルト・ビチュヘ Football pictogram.svg
Richard Witschge 2013.jpg
名前
愛称 リッチー
ラテン文字 Richard WITSCHGE
基本情報
国籍 オランダの旗 オランダ
生年月日 (1969-09-20) 1969年9月20日(48歳)
出身地 アムステルダム
身長 182cm
体重 77kg
選手情報
ポジション MF (DH)
利き足 左足
ユース
オランダの旗 SDW
オランダの旗 アヤックス
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1986–1991 オランダの旗 アヤックス 87 (3)
1991–1993 スペインの旗 バルセロナ 40 (2)
1993–1996 フランスの旗 ボルドー 78 (9)
1995 イングランドの旗 ブラックバーン (loan) 1 (0)
1996–2003 オランダの旗 アヤックス 117 (11)
2001–2002 スペインの旗 アラベス(loan) 26 (1)
2003 オランダの旗 ADO'20 31 (29)
2004 日本の旗 大分トリニータ 9 (0)
代表歴
1990-2000[1] オランダの旗 オランダ 31 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

リシャルト・ビチュヘ(Richard Witschge, 1969年9月20日-)は、オランダ出身の元同国代表サッカー選手。ポジションは主に左サイドのミッドフィールダー。現地オランダでの発音は「リシャルト・ヴィツヘ」。

経歴[編集]

アヤックスやスペインリーグのFCバルセロナなどで活躍した後、兄のロブ・ウィツヘが監督を務めていたADO'20でプレーしていたが、2004年にオランダ人のハン・ベルガーが監督を務めていた大分トリニータに移籍。時折冴えるプレーは見せたものの、日本の審判が吹く笛の基準にはとうとう慣れず、すぐにファウルを取られ、カードも数多くもらってしまった。大分との半年契約が終了した後にはレンジャーズFCのトライアルも受けたが契約には至らず、現役を引退した。

代表歴[編集]

A代表には1990年に初選出される。同年の1990 FIFAワールドカップメンバーに選出され、全4試合に出場した。最後の招集は2000年

受賞歴[編集]

クラブ[編集]

アヤックス
FCバルセロナ


出典[編集]