リチャード・ビチュヘ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
リシャルト・ビチュヘ Football pictogram.svg
Richard Witschge 2013.jpg
名前
愛称 リッチー
ラテン文字 Richard WITSCHGE
基本情報
国籍 オランダの旗 オランダ
生年月日 (1969-09-20) 1969年9月20日(50歳)
出身地 アムステルダム
身長 182cm
体重 77kg
選手情報
ポジション MF (DH)
利き足 左足
ユース
オランダの旗 SDW
オランダの旗 アヤックス
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1986–1991 オランダの旗 アヤックス 87 (3)
1991–1993 スペインの旗 バルセロナ 40 (2)
1993–1996 フランスの旗 ボルドー 78 (9)
1995 イングランドの旗 ブラックバーン (loan) 1 (0)
1996–2003 オランダの旗 アヤックス 117 (11)
2001–2002 スペインの旗 アラベス(loan) 26 (1)
2003 オランダの旗 ADO'20 31 (29)
2004 日本の旗 大分トリニータ 9 (0)
代表歴
1990-2000[1] オランダの旗 オランダ 31 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

リシャルト・ビチュヘ(Richard Witschge, 1969年9月20日-)は、オランダ出身の元同国代表サッカー選手。ポジションは主に左サイドのミッドフィールダー。現地オランダでの発音は「リシャルト・ヴィツヘ」。

経歴[編集]

アヤックスで活躍し、そのアヤックス時代に指導を受けたクライフ監督が獲得を希望し[2]、大金でFCバルセロナに移籍、ラ・リーガの連覇など、タイトルを獲得したが、第4の外国人となり、出場機会は限定され、金額に見合う活躍は出来なかった[3]。その後はFCジロンダン・ボルドーで3シーズンプレー、1995-96シーズンには好調を維持し、UEFAカップ決勝に進出させるなどの活躍で、オランダ代表に復帰し、UEFA EURO '96に出場、1996-97シーズンからはアヤックスに復帰、1997-98シーズンの2冠に貢献した。後に兄のロブ・ウィツヘが監督を務めていたADO'20でプレーしていたが、2004年にオランダ人のハン・ベルガーが監督を務めていた大分トリニータに移籍[4]。時折冴えるプレーは見せたものの、Jリーグの水になじめず、僅か9試合に出場したのみに終わった[5]。大分との半年契約が終了した後にはレンジャーズFCのトライアルも受けたが契約には至らず、現役を引退した。

プレースタイル[編集]

左利きで、技術が高く、ロングフィードを得意としていた[2]

代表歴[編集]

A代表には1990年に初選出される。同年の1990 FIFAワールドカップメンバーに選出され、全4試合に出場した。最後の招集は2000年

受賞歴[編集]

クラブ[編集]

アヤックス
FCバルセロナ


出典[編集]

  1. ^ “Richard Witschge - International Appearances” (英語). The Rec.Sport.Soccer Statistics Foundation. http://www.rsssf.com/miscellaneous/riwitschge-intl.html 
  2. ^ a b トヨタカップ 1992年 大会公式パンフレット p.15
  3. ^ Cruyff, Johan. My Turn: The Autobiography. Pan Macmillan. p. 137.
  4. ^ リチャード ビチュヘ選手獲得のお知らせ, , J's GOALアーカイブ (大分トリニータ), (2004年2月19日), https://www.jleague.jp/jsgoal_archive/official/detail.php?press_code=00005473&keyword=&team=463&year=2004 2019年1月6日閲覧。 
  5. ^ “リチャード ビチュヘ”. data.j-league. https://data.j-league.or.jp/SFIX04/?player_id=7773 2020年5月3日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]