ブライアン・ロイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ブライアン・ロイ Football pictogram.svg
Bryan-roy-1329243374.jpg
名前
本名 Bryan Edward Steven Roy
ラテン文字 Bryan Roy
基本情報
国籍 オランダの旗 オランダ
生年月日 (1970-02-12) 1970年2月12日(48歳)
出身地 アムステルダム
選手情報
ポジション MF
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1988-1992 オランダの旗 アヤックス 126 (17)
1992-1994 イタリアの旗 フォッジャ 50 (15)
1994-1997 イングランドの旗 ノッティンガム・フォレスト 85 (24)
1997-2000 ドイツの旗 ヘルタ・ベルリン 50 (3)
2001 オランダの旗 NAC 14 (2)
通算 325 (61)
代表歴
1989-1995 オランダの旗 オランダ [1] 32 (9)
監督歴
2001-2010 オランダの旗 アヤックスE1
2010- オランダの旗 アヤックスB
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ブライアン・ロイ(Bryan Roy、1970年2月12日 -)は、オランダの元サッカー選手サッカー指導者

経歴[編集]

ロイは1987年にアヤックス・アムステルダムで選手経歴を開始した。アヤックスではリーグ戦108試合に出場し16得点を記録、1992年にUEFAカップ優勝に貢献した。1993年からは国外へ活躍の場を移し、イタリアフォッジャ・カルチョへ移籍。翌1994年に£2.9millionの移籍金でイングランドプレミアリーグノッティンガム・フォレストへ移籍した。ノッティンガムではセンターフォワードのスタン・コリーモアとのコンビで活躍し、移籍初年度の1994-95シーズンのプレミアリーグを3位で終え、UEFAカップ本選出場などに貢献した。コリーモアは翌1995年にリヴァプールFCへ移籍したが、ロイはクラブに残留し、1995-96シーズンのUEFAカップ準々決勝進出に貢献した。しかし、1996-97シーズンは怪我の影響により思うような活躍は出来ず、プレミアリーグからの降格が決まると、ノッティンガムを退団した。

1997年夏にドイツヘルタ・ベルリンへ移籍。ヘルタで3シーズンを過ごした後、2000年にオランダへ帰国し、NACブレダへ移籍。NACとの契約が切れた2002年に現役を引退した。

オランダ代表としては、1989年にデビュー。1990年のFIFAワールドカップ・イタリア大会では代表メンバーに選出されたものの出場機会はなかったが、その後はレギュラーに定着し、1992年のUEFA EURO '92ベスト4進出、1994年のFIFAワールドカップ・アメリカ大会では1次リーグのモロッコ戦で1得点を挙げる活躍で準々決勝進出に貢献した。ロイは1995年に代表から退くまで国際Aマッチ32試合に出場し9得点を記録した。

引退後は指導者の道へ進み、アヤックス・アカデミーのEユースのコーチを経て、2010年夏よりアヤックス2軍 (いわゆるヨング・アヤックス) のヘッドコーチに就任。

個人タイトル[編集]

  • オランダ年間最優秀タレント賞:1回 (1987)

出典[編集]

外部リンク[編集]