テオ・スネルデルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
テオ・スネルデルス Football pictogram.svg
名前
本名 テオドルス・アントニウス・スネルデルス
カタカナ テオ・スネルデルス
ラテン文字 Theo Snelders
基本情報
国籍 オランダの旗 オランダ
生年月日 (1963-12-07) 1963年12月7日(55歳)
出身地 ヴェステルフォールト
身長 193cm
選手情報
ポジション GK
利き足
代表歴
1989 オランダの旗 オランダ 1 (0)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

テオ・スネルデルスTheo Snelders, 1963年12月7日 - )は、オランダ出身の元サッカー選手。現役時代のポジションはGK

1980年FCトゥウェンテでプロデビュー。チームが2部に降格した1983年にレギュラーポジションを確保すると翌年すぐにチームの昇格に貢献した。転機が訪れたのは1988年。スコットランド1部のアバディーンスコットランド代表の正ゴールキーパーであったジム・レイトンマンチェスター・ユナイテッドへと放出し、この後釜としてスネルデルスに白羽の矢を立てた。 スネルデルス加入によりディフェンスが安定したアバディーンは、この後3シーズンに渡ってセルティックFCを上回る成績を収める。この活躍が評価され、1989年に外国籍選手初のスコットランドPFA年間最優秀選手賞を受賞。大会史上初のPK決着となった1990年スコティッシュカップ決勝でも大活躍を見せ、この年スコティッシュリーグカップとの2冠を達成した。 1996年にライバルチームであるレンジャーズFCに移籍したが、アンディ・ゴラムの控えに甘んじるシーズンが続き、1999年にオランダへと帰国。MVVマーストリヒトで選手のキャリアを終えた。

経歴[編集]

代表歴[編集]