マルク・ファン・ボメル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マルク・ファン・ボメル Football pictogram.svg
Mark van Bommel 2.jpg
バイエルン・ミュンヘン時代(2010年)
名前
本名 マルク・ペーター・ヘルトルダ・アンドレアス・ファン・ボメル
Mark Peter Gertruda Andreas van Bommel
ラテン文字 Mark Van Bommel
基本情報
国籍 オランダの旗 オランダ
生年月日 (1977-04-22) 1977年4月22日(43歳)
出身地 マースブラフト
身長 187cm
体重 85kg
選手情報
ポジション MF (DH)
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1992-1999 オランダの旗 フォルトゥナ・シッタート 153 (13)
1999-2005 オランダの旗 PSV 169 (46)
2005-2006 スペインの旗 バルセロナ 24 (2)
2006-2011 ドイツの旗 バイエルン・ミュンヘン 123 (11)
2011-2012 イタリアの旗 ミラン 39 (0)
2012-2013 オランダの旗 PSV 13 (2)
通算 536 (78)
代表歴
2000-2012[1] オランダの旗 オランダ 79 (10)
監督歴
2018- オーストラリアの旗 オーストラリア (アシスタントコーチ)
2018-2019 オランダの旗 PSVアイントホーフェン
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

マルク・ファン・ボメル(Mark van Bommel, 1977年4月22日 - )は、オランダマースブラフト出身の元サッカー選手。サッカー指導者。同国代表でもあった。現役時代のポジションはMF

妻は元オランダ代表監督ベルト・ファン・マルワイクの娘。

略歴[編集]

1992年、後に義父となるベルト・ファン・マルワイクが監督を務めるフォルトゥナ・シッタートへ入団。翌シーズンには当時エールディヴィジ史上最年少の16歳と23日でデビューを果たして頭角を表すと、中盤の中心選手として出場機会を増やし、当時2部だったチームの1部昇格へ貢献。1999年にPSVへ移籍。リーグ優勝に貢献する活躍を見せるとともに、2000年10月7日キプロス戦でオランダ代表デビューを果たした。

2000-01シーズンにはPSVのキャプテンとして攻守にわたって活躍し、リーグ連覇に貢献。一方で2002年日韓W杯オランダ代表が出場権を逃し、EURO2004では自身の故障で出場を辞退するなど不運に見舞われている。2004-05シーズンには自身最多となる14得点を挙げてリーグ優勝を果たすと共にUEFAチャンピオンズリーグではベスト4入りを果たした。

2005年7月1日FCバルセロナへ移籍。しかし、シャビデコラファエル・マルケスがおもに起用されたためレギュラーに定着には至らなかった。しかし、UEFAチャンピオンズリーグでは12年ぶりに決勝に進出。決勝のアーセナル戦ではスタメン出場を果たし、14年ぶりの優勝を経験した。

2006-07シーズンはシーズン前のチームのアメリカ遠征にも参加したが、監督であるフランク・ライカールトに起用法を聞いたところ、「昨シーズンと同じくらいの出場時間かもしれないし、減るかもしれない」と言われた為、2006年8月27日ドイツバイエルン・ミュンヘンに移籍。移籍金は770万ユーロ。9月23日の対アーヘン戦でブンデスリーガ初ゴールを決めると、30試合に出場し6ゴールを記録するなど期待に応える活躍を見せる。2008-09シーズンよりオリバー・カーンの引退により、ドイツ人以外ではチーム初となるキャプテンに就任した。

ドイツW杯以降は監督のマルコ・ファン・バステンとの確執から「今のスタッフが総退陣しない限り代表ではプレーしない」とオランダ代表からの招集を拒否していたが、EURO2008後に義父であるベルト・ファン・マルワイクが代表監督に就任したことで代表に復帰した。

2009年、資金難でリーグライセンス発行に苦心している古巣フォルトゥナ・シッタートのためにバイエルン・ミュンヘンとのチャリティーマッチを企画した。7500人の観客が来場し、売り上げが20万ユーロに達するなどイベントとしては成功したが、当のファン・ボメルは左太腿を負傷していたために出場できなかった[2]

2011年1月25日ACミランへ移籍した。契約期間は5か月、また契約解除のため、移籍金は発生していない。ミランでは4-3-1-2の中盤の底を務め、堅実なプレーを披露してチームの7年ぶりの優勝に貢献した。シーズン終了後、契約を1年延長した。

2012年5月14日、2011-12シーズン限りでの退団を明言。古巣PSVへの7季ぶりの復帰が決定した[3]

EURO2012ではまさかの3戦全敗に終わり、6月19日にオランダ代表を引退した [4]

2013年5月12日のシーズン最終節FCトゥウェンテ戦では2枚目のイエローカードを受けて退場処分、試合後に引退を表明した[5]

2018年6月22日PSVアイントホーフェンの監督に就任した[6]2019年12月16日、リーグ戦での低迷やUEFAヨーロッパリーグでのグループステージ敗退など成績不振に陥り、解任が決まった[7]

個人成績[編集]

クラブ シーズン リーグ カップ 国際大会 通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
フォルトゥナ・シッタート 1992-93 1 0 0 0 0 1 0
1993-94 13 0 0 0 0 13 0
1994-95 31 7 1 0 0 31 8
1995-96 27 0 0 0 0 27 0
1996-97 19 0 0 0 0 19 0
1997-98 31 1 0 0 0 31 1
1998-99 31 5 2 4 0 35 7
通算 153 13 3 4 0 157 16
PSV 1999-00 33 6 0 4 0 37 6
2000-01 32 7 4 0 11 2 47 9
2001-02 23 4 3 0 7 2 33 6
2002-03 28 9 3 0 6 0 37 9
2003-04 23 6 1 0 8 1 32 7
2004-05 30 14 3 1 14 2 47 17
通算 169 46 14 1 50 7 233 54
バルセロナ 2005-06 24 2 3 1 9 1 36 4
バイエルン・ミュンヘン 2006-07 29 6 3 1 8 1 40 8
2007-08 27 2 6 0 13 1 46 3
2008–09 29 2 3 0 9 1 41 3
2009-10 25 1 4 0 9 1 38 2
2010-11 13 0 2 0 3 0 18 0
通算 123 11 18 1 42 4 183 16
ミラン 2010-11 14 0 2 0 0 0 16 0
2011-12 25 0 3 0 6 0 34 0
通算 39 0 5 0 6 0 50 0
PSV 2012-13 28 6 3 1 3 1 34 8
総通算 536 78 43 7 114 13 693 98

試合数[編集]

国際Aマッチ 79試合 10得点(2000年-2012年)


オランダ代表国際Aマッチ
出場得点
2000 3 0
2001 7 4
2002 5 0
2003 7 1
2004 8 2
2005 4 0
2006 6 0
2007 0 0
2008 6 1
2009 7 1
2010 14 1
2011 6 0
2012 6 0
通算 79 10

監督成績[編集]

2019年12月15日現在
クラブ 就任 退任 記録
勝率
PSV 2018年6月22日 2019年12月16日 75 44 15 16 175 83 +92 058.67
合計 75 44 15 16 175 83 +92 058.67

獲得タイトル[編集]

バルセロナ時代のファン・ボメル
PSVアイントホーフェン
FCバルセロナ
バイエルン・ミュンヘン
ACミラン
個人
  • オランダ年間最優秀選手: 2001, 2005

脚注[編集]

外部リンク[編集]