アーノルド・ミューレン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アーノルド・ミューレン Football pictogram.svg
Arnold Mühren.jpg
名前
本名 Arnold Johannes Hyacinthus Mühren
ラテン文字 Arnold Mühren
基本情報
国籍 オランダの旗 オランダ
生年月日 (1951-06-02) 1951年6月2日(67歳)
出身地 フォレンダム
選手情報
ポジション MF
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1970-1971 オランダの旗 FCフォレンダム 26 (2)
1971-1974 オランダの旗 アヤックス 62 (16)
1974-1978 オランダの旗 トゥウェンテ 108 (39)
1978-1982 イングランドの旗 イプスウィッチ・タウン 161 (21)
1982-1985 イングランドの旗 マンチェスター・U 70 (13)
1985-1989 オランダの旗アヤックス 99 (14)
通算 516 (105)
代表歴
1978-1988 オランダの旗 オランダ 23 (3)
監督歴
オランダの旗 FCフォレンダム ユースコーチ
オランダの旗アヤックス ユースコーチ
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

アーノルド・ミューレン(Arnold Mühren、1951年6月2日 -)は、オランダの元サッカー選手サッカー指導者。ポジションはMF(攻撃的MF)。

経歴[編集]

ミューレンは1970年に故郷のFCフォレンダムで選手経歴を開始した。その1年後の1971年にアヤックス・アムステルダムへ移籍し、5歳年上の兄ヘリーと共にプレーをした。1974年からはFCトゥウェンテへ移籍し、1977年のKNVBカップ優勝に貢献した。1978年に£150,000の移籍金でイングランドイプスウィッチ・タウンFCへ移籍。イプスウィッチではボビー・ロブソン監督の下で、1981年のUEFAカップ優勝に貢献した。1982年からは同じイングランドのマンチェスター・ユナイテッドFCへ移籍し、2度のFAカップ優勝(1983年、1985年)に貢献。1985年のFAカップ決勝、エヴァートン戦を最後にクラブを退団した。晩年は古巣のアヤックスへ復帰し、1987年のUEFAカップウィナーズカップ優勝に貢献。1989年に現役を引退した。

オランダ代表としては1978年4月8日のチュニジア戦で代表デビューを飾り、1988年に代表から退くまで国際Aマッチ23試合に出場し3得点を記録した[1]。1980年代に入ると同国は低迷期に入り、ミューレンも活躍の機会は少なかったが、37歳で参加した1988年のUEFA欧州選手権1988では全5試合に出場し[1]、同国の初優勝に貢献した。また、決勝のソビエト連邦戦では2点目の得点となるマルコ・ファンバステンのボレーシュートに繋がる左サイドからのクロスを供給した。

引退後は指導者の道へ進み、古巣のFCフォレンダムやアヤックスでユースチームのコーチを務めた。

エピソード[編集]

個人成績[編集]

代表での成績[編集]

出典[1]


オランダ代表国際Aマッチ
出場得点
1978 1 0
1979 0 0
1980 0 0
1981 5 2
1982 2 0
1983 0 0
1984 0 0
1985 0 0
1986 1 0
1987 6 1
1988 8 0
合計 23 3

脚注[編集]

  1. ^ a b c Arnold Mühren – International Appearances”. The Rec.Sport.Soccer Statistics Foundation. 2018年2月18日閲覧。
  2. ^ Gerrit 'Gerrie' Mühren – International Appearances”. The Rec.Sport.Soccer Statistics Foundation. 2018年2月18日閲覧。

外部リンク[編集]