アングロ=イタリアン・カップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アングロ=イタリアン・カップ(Anglo-Italian Cup)またはアングロ=イタリアン・インター=リーグ・クラブズ・コンペティション(Anglo-Italian Inter-League Clubs Competition)[1]は、1970年から1996年までイングランドイタリアのクラブ間で断続的に開催されていたサッカー大会である。

先行するアングロ=イタリアン・リーグカップ(1969年-1971年、1975年-1976年)の成功を受けて1970年にジジ・ペロナーチェによって大会が創設され、1973年までプロによるトーナメントとして行われた。当時、この大会はファン同士の暴力が蔓延する大会という世評を受けた。[2][3]1976年にセミプロのトーナメントとして復活し、アリタリア・チャレンジカップ(Alitalia Challenge Cup、1978年-1980年)、タルボット・チャレンジカップ(Talbot Challenge Cup、1981年)、ジジ・ペロナーチェ・メモリアル(Gigi Peronace Memorial、1982年-1986年)と大会名を変えて1986年に廃止されるまで続いた。[4]1992年にフルメンバーズカップ(1986年-1992年)に代わる格好で復活し、2部リーグのクラブが参加するプロ大会として4シーズン行われたが、過密日程のため廃止された。トロフィーは木製の台座に取り付けられた56センチの金の賞杯だった。[5][6]

歴史[編集]

プロ時代[編集]

シーズン 優勝 準優勝
1970 イングランドの旗 スウィンドン・タウン イタリアの旗 ナポリ
1971 イングランドの旗 ブラックプール イタリアの旗 ボローニャ
1972 イタリアの旗 ASローマ イングランドの旗 ブラックプール
1973 イングランドの旗 ニューカッスル・ユナイテッド イタリアの旗 フィオレンティーナ

1967年よりフットボールリーグカップの優勝チームにはインターシティーズ・フェアーズカップ出場資格が与えられるようになった。[7]しかし同年の優勝チームだったクイーンズ・パーク・レンジャーズは当時サードディヴィジョン(3部)に所属しており、UEFAは3部のチームがインターシティーズ・フェアーズカップに出場することを認めなかった。[2][8]1969年には、また別のサードディヴィジョンのクラブであるスウィンドン・タウンがフットボールリーグカップに優勝した。この年には規則が障害となりインターシティーズ・フェアーズカップに参加できなかったスウィンドンへの補償としてアングロ=イタリアン・リーグカップが組織され、[2]スウィンドンは同年のコッパ・イタリアに優勝したASローマとの2試合制の試合に勝利した。[9]同大会の人気を受けて、[2]また1970 FIFAワールドカップによって生じる長いオフシーズン期間に選手たちに支払う賃金をまかなうための手段として、[1]翌1970年に第1回のアングロ=イタリアン・カップが始まった。第1回大会にはイングランドから6チーム(スウィンドン・タウン、シェフィールド・ウェンズデイミドルスブラウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンサンダーランドウルヴァーハンプトン・ワンダラーズ)、イタリアから6チーム(ナポリユヴェントスローマフィオレンティーナラツィオヴィチェンツァ)が参加した。[2]これらのチームはそれぞれイングランドとイタリアが2チームずつからなる3つのグループに分けられ、[10]勝利には2ポイント、引き分けには1ポイント、さらに1ゴールごとに1ポイントの勝ち点が与えられた。[1][11][12]決勝には国別に最良の成績だった2チームが進む。1970年5月28日にスタディオ・サン・パオロで行われた決勝にはスウィンドン・タウンとナポリが勝ち上がった。63分にスウィンドンが追加点を入れて3-0としたころからホーム側のファンが暴れ、79分に試合が中断されたが、スウィンドンは第1回大会の優勝チームとなった。[2][10]

1971年はグループ戦で両国ごとに首位だったブラックプールボローニャが、1971年6月12日にスタディオ・レナト・ダッラーラで行われる決勝に進んだ。1-1で同点のまま延長戦に入り、ミッキー・バーンズの決勝点によりブラックプールが優勝した。[5]ブラックプールは翌1972年も決勝に進出したがタイトル防衛に失敗し、ローマが3-1で勝った。[5]1973年はゴールごとへの勝ち点加算がなくなり、1973年6月3日にスタディオ・アルテミオ・フランキで行われた決勝ではニューカッスル・ユナイテッドフィオレンティーナを2-1で破った。[13][14]関心の欠如から大会は存続不可能になり、[5]セミプロの大会として1976年に復活するまでの一時期存在しなかった。[3]

セミプロ時代[編集]

シーズン 優勝 準優勝
1976 イタリアの旗 モンツァ イングランドの旗 ウィンブルドン
1977 イタリアの旗 レッコ イングランドの旗 バース・シティ
1978 イタリアの旗 ウディネーゼ イングランドの旗 バース・シティ
1979 イングランドの旗 サットン・ユナイテッド イタリアの旗 キエーティ
1980 イタリアの旗 トリエスティーナ イングランドの旗 サットン・ユナイテッド
1981 イタリアの旗 モデナ イングランドの旗 プール・タウン
1982 イタリアの旗 モデナ イングランドの旗 サットン・ユナイテッド
1983 イタリアの旗 コゼンツァ イタリアの旗 パドヴァ
1984 イタリアの旗 フランカヴィッラ イタリアの旗 テーラモ
1985 イタリアの旗 ポンテデーラ イタリアの旗 リヴォルノ
1986 イタリアの旗 ピアチェンツァ イタリアの旗 ポンテデーラ

アングロ=イタリアン・カップは、1976年3月にセミプロのトーナメントという形で復活し、両国からそれぞれ6チームが参加した。決勝戦にはウィンブルドンモンツァが勝ち上がり、モンツァが1-0で勝って無敗で大会を終えた。[15][16]その後の2年間はバース・シティがイングランド側の決勝進出チームとして残ったが、1977年はレッコ[17]1978年はウディネーゼにそれぞれ敗れた。[18]この時期は大会名がアリタリア・チャレンジカップ(Alitalia Challenge Cup)に変更されていた。[4]1979年は両国からそれぞれ4チームが参加した。サットン・ユナイテッドが2-1でキエーティを破り、これがセミプロ大会になってからは最初の、そして唯一となるイングランド勢の優勝チームとなった。[19]サットン・ユナイテッドは翌1980年も決勝に進んだが、トリエスティーナに敗れてタイトル防衛に失敗した。[20]大会がタルボット・チャレンジカップ(Talbot Challenge Cup)と呼称されるようになった1981年は、モデナが優勝した。[4][21] 1982年は大会の創始者ジジ・ペロナーチェにちなみ、大会がジジ・ペロナーチェ・メモリアル(Gigi Peronace Memorial)と改名され、[4][22]4チームが参加した。この年から大会のフォーマットが大きく変更され、準決勝でイングランドとイタリアのクラブが対戦するようになり、そのため決勝では同じ国のクラブ同士が対戦する可能性が生まれた。この年の決勝では前回優勝のモデナがサットン・ユナイテッドを降した。[23]大会が廃止されるまでの以降4年間の決勝進出チームがすべてイタリア勢によって占められたので、サットンはセミプロ時代のアングロ=イタリアン・カップにおいてイングランド勢として最後の決勝進出チームとなった。

再びプロ時代[編集]

シーズン 優勝 準優勝
1992–93 イタリアの旗 クレモネーゼ イングランドの旗 ダービー・カウンティ
1993–94 イタリアの旗 ブレシア イングランドの旗 ノッツ・カウンティ
1994–95 イングランドの旗 ノッツ・カウンティ イタリアの旗 アスコリ
1995–96 イタリアの旗 ジェノア イングランドの旗 ポート・ヴェイル

フルメンバーズカップに代わる形で1992-93シーズンに大会は再編され、[6][2]2部リーグに所属するチームが参加するプロ大会として、イングランドからはファーストディヴィジョン、イタリアからはセリエBのチームが参加した。[3]1992-93シーズンのみイングランド側では本大会に先立ち予選ラウンドがあった。予選ラウンドでは24チームが3チームずつ8つのグループに分けられ、グループ内で1回総当りを行い、各グループの1位が本大会に通過した。本大会ではイングランドとイタリアそれぞれ4チームずつの2つのグループからなった。各チームは同じグループ内の他国チームすべてと総当りで対戦し、各々のグループで最良の成績を残したイングランドとイタリアのそれぞれ2チームが準決勝へと進んだ。[24]決勝はウェンブリーで1試合制により行われ、クレモネーゼダービー・カウンティに3-1で勝った。[25]1993-94シーズン、ブレシアノッツ・カウンティを降して優勝した。ノッツ・カウンティはさらに翌1994-94シーズンも決勝に進出し、今度はアスコリを2-1で降した。[6]最後になった1995-96シーズンは、1996年3月17日に決勝があり、ジェノアポート・ヴェイルを5-2で破った。[26]日程面で両リーグの折り合いがつかず、[27]また試合ではファンによる暴力事件が横行したこともあって、[3]1996年に大会は廃止された。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c When Palace humbled Inter”. The Holmesdale Online (2009年2月25日). 2009年8月31日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g The Joy of Six: Extinct football competitions”. The Guardian. Guardian Media Group (2009年6月26日). 2009年8月29日閲覧。
  3. ^ a b c d Lawford, Mark (2008年12月18日). “United prepare to join the list of football's most worthless medal winners along with Spurs, Liverpool, Villa, Derby, Forest, Chelsea, Chesterfield, Stoke, Blackburn and Everton”. Daily Mail. 2009年8月29日閲覧。
  4. ^ a b c d Anglo-Italian Cups”. Rec.Sport.Soccer Statistics Foundation. 2009年8月29日閲覧。
  5. ^ a b c d Bologna 1, Blackpool 2 - Anglo-Italian Cup Final, June 12, 1971”. Blackpool Gazette (2006年9月20日). 2009年8月29日閲覧。
  6. ^ a b c Anglo-Italian Cup Winners”. Notts County F.C. (2008年1月18日). 2009年8月29日閲覧。
  7. ^ Murray, Scott (2008年11月12日). “Why the League Cup still has its place in English football”. The Guardian. Guardian Media Group. 2009年9月1日閲覧。
  8. ^ Murphy, Alex (2009年5月2日). “Mike Keen: Footballer who captained Third Division Queen's Park Rangers to League Cup victory in 1967”. The Independent. Independent News & Media. 2009年8月29日閲覧。
  9. ^ King, Clive (1969年8月28日). “Swindon outplay Italians to win cup”. Swindon Advertiser. 2009年8月29日閲覧。
  10. ^ a b Sheldon, Peter. “Under the Shadow of Mighty Vesuvius”. Swindon's pride. 2009年8月29日閲覧。
  11. ^ Blackpool 10 LANEROSSI VICENZA 0 Anglo-Italian Cup, June 10, 1972”. Blackpool Gazette (2006年11月6日). 2009年9月2日閲覧。
  12. ^ UP WITH THE CUP! Passports at the ready as Town tune up for Italian job”. Huddersfield Daily Examiner (2009年5月12日). 2011年1月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年8月31日閲覧。
  13. ^ I've had countless drinks for my goal against Sunderland”. Evening Chronicle (2002年1月15日). 2009年8月29日閲覧。
  14. ^ Anglo-Italian Cup 1973”. Rec.Sport.Soccer Statistics Foundation. 2009年8月29日閲覧。
  15. ^ Anglo-Italia ournament”. Matlock Town Football Club Archive. 2009年8月29日閲覧。
  16. ^ Anglo-Italian Cup 1976”. Rec.Sport.Soccer Statistics Foundation. 2009年8月29日閲覧。
  17. ^ Anglo-Italian Cup 1977”. Rec.Sport.Soccer Statistics Foundation. 2009年8月29日閲覧。
  18. ^ Anglo-Italian Cup 1978”. Rec.Sport.Soccer Statistics Foundation. 2009年8月29日閲覧。
  19. ^ Club Info”. Sutton United F.C.. 2009年8月29日閲覧。
  20. ^ Anglo-Italian Cup 1980”. Rec.Sport.Soccer Statistics Foundation. 2009年8月29日閲覧。
  21. ^ Anglo-Italian Cup 1981”. Rec.Sport.Soccer Statistics Foundation. 2009年8月29日閲覧。
  22. ^ Formosa, Tony (2005年2月27日). “‘King John’ and ‘Angel with Dirty Face’”. Malta Today. 2009年8月30日閲覧。
  23. ^ Anglo-Italian Cup 1982”. Rec.Sport.Soccer Statistics Foundation. 2009年8月29日閲覧。
  24. ^ Anglo-Italian Cup 1992/93”. Rec.Sport.Soccer Statistics Foundation. 2009年8月29日閲覧。
  25. ^ Rams Celebrate Lionel Pickering”. Derby County F.C. (2009年7月28日). 2009年8月29日閲覧。
  26. ^ Shaw, Phil (1996年3月18日). “Genoa produce high strike-rate”. The Independent. Independent News & Media. 2009年8月29日閲覧。
  27. ^ Anglo-Italian Cup has been scrapped”. The Independent. Independent News & Media (1996年9月12日). 2009年8月29日閲覧。

外部リンク[編集]