オセアノ・ダ・クルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はアンドラーデ第二姓(父方の)はダ・クルスです。
オセアノ・ダ・クルス Football pictogram.svg
Oceano da Cruz.JPG
名前
本名 オセアノ・アンドラーデ・ダ・クルス
ラテン文字 Oceano Andrade da Cruz
基本情報
国籍 ポルトガルの旗 ポルトガル
カーボベルデの旗 カーボベルデ
生年月日 (1962-07-29) 1962年7月29日(54歳)
出身地 カーボベルデの旗 サン・ヴィセンテ島
身長 177cm
選手情報
ポジション MF (DH)
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1980-1982 ポルトガルの旗 アルマダ  ? (?)
1982-1984 ポルトガルの旗 ナシオナル  ? (?)
1984-1991 ポルトガルの旗 スポルティングCP 202 (17)
1991-1994 スペインの旗 レアル・ソシエダ 96 (17)
1994-1998 ポルトガルの旗 スポルティングCP 106 (22)
1998-1999 フランスの旗 トゥールーズ 30 (6)
代表歴
ポルトガルの旗 ポルトガル U-21 4 (0)
1985-1998 ポルトガルの旗 ポルトガル 54 (8)
監督歴
2009-2010 ポルトガルの旗 ポルトガル U-21
2011-2012 ポルトガルの旗 スポルティングCP (アシスタント)
2012 ポルトガルの旗 ウニオン・レイリア (アシスタント)
2012 ポルトガルの旗 スポルティングB
2012 ポルトガルの旗 スポルティングCP (暫定)
2012- ポルトガルの旗 スポルティングCP (アシスタント)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

オセアノ・ダ・クルスOceano da Cruz, 1962年7月29日 - )は、カーボベルデサン・ヴィセンテ島出身の元ポルトガル代表の元サッカー選手。ポジションはMF。現在はサッカー指導者。

経歴[編集]

現役時代[編集]

カーボベルデサン・ヴィセンテ島に生まれると、子供の頃に家族と共にポルトガルへ移住し、アルマダACポルトガル語版のユースで育った。1980年に同クラブでプロデビューを果たすとCDナシオナルを経て、1984-85シーズンにスーペル・リーガの名門スポルティングCPへ入団した。

スポルティングでは移籍1年目から退団する7シーズンの間にレギュラーとしてプレー。1991年、同僚のカルロス・シャヴィエル英語版と共にスペインレアル・ソシエダへと移籍。またそこでは、かつてスポルティングで指導を受けたジョン・トシャック監督と再会した。

1994年にシャヴィエルと共にスポルティングに復帰すると、オセアノの方は1997-98シーズンほぼ36歳の時に退団するまでの間をレギュラーとして過ごす中、1995年にタッサ・デ・ポルトガルのタイトルを1度獲得した。その後、フランストゥールーズFCに移籍し1999年に引退した。

引退後[編集]

引退後は、複数のテレビ局でスポーツ解説者として活動。2011年3月初期にジョゼ・コウセイロ新監督の下、コーチングスタッフとしてキャリアの大半を過ごしたスポルティングCPに戻った。その1年後に、スポルティング時代の同僚ジョゼ・ドミンゲス英語版の誘いで、UDレイリアのコーチに就任した[1]

2012-13シーズンに再びスポルティングへ戻り、2部を戦うBチームの監督に就任。2012年10月4日、トップチームの監督を務めるリカルド・サ・ピントが解任されたため、正式に次の監督が見つかるまで暫定監督としてチームを率いることになった[2]。監督として4試合を指揮するも国内リーグFCポルト戦 (0-2) 、国内カップモレイレンセFCポルトガル語版戦 (2-3) 、UEFAヨーロッパリーグ・グループリーグのKRCヘンク戦 (1-2) とアウェー3連戦を3連敗[3][4]し、最後の試合となった2012年10月29日のアカデミカ・コインブラとのリーグ戦で0-0とようやく引き分けた。

代表[編集]

1985年1月30日、2-3で敗北したルーマニアとの親善試合でデビューすると、13年後の0-3で敗北したイングランド戦までの間にポルトガル代表として54試合8ゴールを記録。90年代からレギュラーとして起用され、UEFA EURO '96の準々決勝進出に貢献した。

2008年7月にカルロス・ケイロスがポルトガル代表監督へ就任したことに伴い、技術スタッフとして招かれ、ジョゼ・アルベルト・コスタ英語版と共にスカウティング部門で働いた。2009年8月にルイ・カサドール英語版の後を引き継ぎ、U-21代表監督に就任[5]。監督として初めての試合となった11日の北アイルランド戦は2-1で勝利した。その後、UEFA U-21欧州選手権2011に出場できなかったため解任された。

所属クラブ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Oceano é o adjunto de Dominguez
  2. ^ Official - Sá Pinto relieved of his duties; Oceano appointed caretaker coach
  3. ^ Wagner's extra-time winner beats Sporting
  4. ^ Sporting lose again after a late Genk winner; PortuGOAL, 25 October 2012
  5. ^ Quadro técnico definido

外部リンク[編集]