UEFAチャンピオンズリーグ・アンセム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

UEFAチャンピオンズリーグ・アンセム: UEFA Champions League Anthem)は、UEFAチャンピオンズリーグ (UCL) の試合で流される賛美歌アンセム)である。

概要[編集]

試合における選手入場時、試合中継の最初と最後などに必ず流される合唱付きの管弦楽曲で、UCLのブランディングに大きく寄与している。

UEFAチャンピオンズリーグの前身であるヨーロピアン・チャンピオン・クラブズ・カップ時代の1992年に、王立音楽大学出身のイギリス人作曲家・トニー・ブリテン英語版が、ドイツ作曲家ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデルの「ジョージ2世の戴冠式アンセム」(: Coronation Anthems)の中の『司祭ザドク』(: Zadok the Priest)を基に曲をアレンジし、作詞をした[1]。作曲にあたり、ヘンデルのスタイルを用いることは欧州サッカー連盟 (UEFA) 側からの依頼であったという[1]

公式音源はロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団の演奏・アカデミー室内管弦楽団コーラス部による合唱によるものであるが、公式に販売はされておらず、ウェブサイトからのダウンロードも許可されていない[1][2]。ただし、2015年にUEFAが1分強の公式音源動画を公式YouTubeチャンネルで公開している[3]ほか、2016年にはUEFAがトニー・ブリッテンへのインタビューなど、アンセム作成の裏側を紹介した動画を公開した[4]

歌詞[編集]

歌詞にはUEFAの公用語であるドイツ語フランス語英語の3か国語が織り交ぜられている。

決勝での演奏・歌唱[編集]

2008-09シーズン以降、決勝戦の選手入場の際にミュージシャン(主に決勝開催国出身のクラシック音楽家・声楽家)によってアンセムの生演奏・歌唱が行われることが通例となっている[1]

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]