ミゲル・ロペス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はアルメイダ・コスタ第二姓(父方の)はロペスです。
ミゲル・ロペス Football pictogram.svg
Hugo Miguel Almeida Costa Lopes.jpg
名前
本名 ウーゴ・ミゲル・アルメイダ・コスタ・ロペス
Hugo Miguel Almeida Costa Lopes
ラテン文字 Miguel Lopes
基本情報
国籍 ポルトガルの旗 ポルトガル
生年月日 (1986-12-19) 1986年12月19日(33歳)
出身地 リスボン
身長 182cm
体重 75kg
選手情報
在籍チーム トルコの旗 アクヒサル・ベレディイェスポル
ポジション SB
背番号 13
利き足 右足
ユース
1995-1999 ポルトガルの旗 オリエンタル
1999-2002 ポルトガルの旗 オリヴァイス・モスカヴィジ
2002-2004 ポルトガルの旗 アルヴェルカ
2004-2005 ポルトガルの旗 ベンフィカ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2005-2006 ポルトガルの旗 ベンフィカ B 24 (4)
2006-2007 ポルトガルの旗 オペラリオ 21 (7)
2007-2009 ポルトガルの旗 リオ・アヴェ 50 (2)
2009-2010 ポルトガルの旗 ポルト 14 (1)
2010-2011 スペインの旗 ベティス (loan) 21 (0)
2012 ポルトガルの旗 ブラガ (loan) 10 (0)
2013-2017 ポルトガルの旗 スポルティングCP 24 (0)
2013-2014 フランスの旗 リヨン (loan) 19 (0)
2015-2016 スペインの旗 グラナダCF (loan) 26 (0)
2016-2017 トルコの旗 アクヒサル (loan) 31 (3)
2017- トルコの旗 アクヒサル
代表歴
2009 ポルトガルの旗 ポルトガル U-21 3 (0)
2012 ポルトガルの旗 ポルトガル 5 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年6月28日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ウーゴ・ミゲル・アルメイダ・コスタ・ロペス(Hugo Miguel Almeida Costa Lopes, 1986年12月19日- )は、ポルトガルリスボン出身のサッカー選手アクヒサル・ベレディイェスポル所属。元サッカーポルトガル代表。ポジションは両SB

双子のヌーノ・ミゲル・ロペス英語版も同じくサッカー選手[1]で右SBでプレーしており、ユース時代はSLベンフィカ時代を除き、共に同じクラブに所属していた。

経歴[編集]

クラブ[編集]

ロペスは、地元のSLベンフィカの下部組織を経てBチーム[2]でキャリアを開始したものの、チームが消滅したことで退団を余儀なくされ、翌年に下位リーグのCDオペラリオ英語版に所属することなった[3]。オペラリオで安定したプレーを披露したことで2007-08シーズンに2部リオ・アヴェFCと契約を締結[4]。リオ・アヴェでも移籍してすぐさま中心選手としてプレーし、2季目にクラブの2季ぶりとなるトップリーグ復帰に貢献した。

1部初挑戦となった2008-09シーズンは、ホームにSLベンフィカFCポルトを試合で強豪相手に引き分けに持ち込む原動力となったことでビッグクラブから度々関心が寄せられた。その結果、2009年1月22日にポルトと2009年7月1日からの4年契約を締結し、また、これと同時にエジソン英語版カンデイアス英語版がポルトからリオ・アヴェへ貸与されることも発表された[5]。ポルト移籍1年目の2009-10シーズンは、ウルグアイ代表ホルヘ・フシーレと定位置争いを繰り広げたため、リーグ戦での出番は控え目なものとなったが、それでも公式戦出場17試合で13試合に先発出場した。

2010年8月下旬にアンドレ・ビラス・ボアス監督に新たに就任すると構想外となり、9月2日にスペイン2部レアル・ベティスへ1年間貸与されることになった[6]。ベティスではリーグ戦で丁度半分に出場し、3季ぶりとなる1部昇格に貢献した。2011-12シーズンは、同リーグのレアル・サラゴサへ移籍目前だったが、夏の移籍市場終了までに契約が纏まらず[7]、またポルトへ復帰することも出来ず、半年間出場出来ない状態にあった[8]。1月の移籍市場でよくやくプレーする場が見つかり、SCブラガへ貸与されることが決定[9]。移籍当初は出番がなかったが、レアンドロ・サリーノ英語版の中盤起用や同選手の怪我に伴い徐々に出番が増え、最終的にリーグ戦で7試合に先発出場した。チームとしてはシーズンを3位で終え、UEFAチャンピオンズリーグ 2012-13予選の出場権を獲得。クラブ史上2度目となるUEFAチャンピオンズリーグ出場を目指すこととなった。

2012-13シーズンにポルトへ復帰し、9月29日に古巣リオ・アヴェ戦 (2-2) で頭で先制点を決めた[10]。2013年1月8日にマラト・イズマイロフと入れ替わる形でスポルティングCPと5年半の契約を締結した[11]

2013年7月7日、オリンピック・リヨンへのレンタル移籍が決定した[12]

2015年8月6日にグラナダCFへ1年間のレンタル移籍が決定[13]

代表[編集]

2012年5月14日、それまでA代表出場未経験だったものの、シーズン後半にクラブで好調だったことと、両サイドでプレー可能なことがパウロ・ベント監督に買われ、クラブでの同僚で同様に代表未経験のクストディオ・カストロと共にUEFA EURO 2012のメンバーに選出された[14]。大会前の6月2日にリスボンで行われたトルコとの親善試合(1-3敗北)でA代表初出場を飾った[15]

2012年11月14日のガボンとの親善試合で代表初得点を挙げた。

タイトル[編集]

アクヒサル・ベレディイェスポル

脚注[編集]

  1. ^ "Miguel Lopes só pensou na selecção depois de ler a notícia nos jornais"
  2. ^ "Miguel Lopes assina contrato"
  3. ^ "Operário-Rio Ave, 1-2: Árbitro estragou a festa"
  4. ^ ""Furacão dos Açores" promete fazer estragos"
  5. ^ "F.C. Porto: Miguel Lopes por quatro anos"
  6. ^ "Miguel Lopes: "El Betis merece estar en Primera""
  7. ^ "Miguel Lopes no podrá fichar por el Zaragoza"
  8. ^ "A nossa selecção no Euro 2012 – Miguel Lopes"
  9. ^ "ブラガ、ミゲウ・ロペスを期限付きで獲得"
  10. ^ "Tarantini brace punishes poor Porto with a draw" Archived 2013年5月25日, at the Wayback Machine.
  11. ^ "Izmailov and Miguel Lopes switch clubs, but who stands to benefit from the deal?" Archived 2013年11月8日, at the Wayback Machine.
  12. ^ リヨン、ミゲウ・ロペスを期限付きで獲得
  13. ^ Miguel Lopes nuevo jugador del Granada CF”. Granada Club de Fútbol (2015年8月6日). 2016年2月19日閲覧。(スペイン語)
  14. ^ "ポルトガル、代表未経験の2選手を招集"
  15. ^ "ポルトガル、不安を残したまま本大会へ"

外部リンク[編集]