グティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はグティエレス第二姓(母方の)はエルナンデスです。
グティ Football pictogram.svg
JM Guti.jpg
現役時代 (レアル・マドリード) のグティ (2008年)
名前
本名 ホセ・マリア・グティエレス・エルナンデス
José María Gutiérrez Hernández
ラテン文字 GUTI
基本情報
国籍 スペインの旗 スペイン
生年月日 (1976-10-31) 1976年10月31日(41歳)
出身地 トレホン・デ・アルドス
身長 183cm
体重 78kg
選手情報
ポジション MF(OMF、CMF)
利き足 左足
ユース
1986-1999 スペインの旗 レアル・マドリード
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1994-1995 スペインの旗 レアル・マドリードC 12 (3)
1995-1996 スペインの旗 レアル・マドリードB 26 (11)
1995-2010 スペインの旗 レアル・マドリード 387 (46)
2010-2011 トルコの旗 ベシクタシュ 23 (7)
通算 448 (67)
代表歴
1995 スペインの旗 スペイン U-18 4 (1)
1996-1998 スペインの旗 スペイン U-21 8 (1)
1999-2005 スペインの旗 スペイン 13 (3)
監督歴
2013-2018 スペインの旗 レアル・マドリード (ユース)
2018- トルコの旗 ベシクタシュ (アシスタント)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

グティ (Guti) ことホセ・マリア・グティエレス・エルナンデス(José María Gutiérrez Hernández、1976年10月31日 - )はスペインマドリード州トレホン・デ・アルドス出身の元サッカー選手、現サッカー指導者。現役時代はスペイン代表でポジションはミッドフィールダーだが、2000-01・2001-02シーズンはチーム事情によりフォワードとしてプレーした。

グラウンダーの高速スルーパスを多用したゲームメークが得意で創造性に溢れるパスは見ている人間を楽しませた。またフリーキックやシュートも正確である。カンテラ時代はトップ下で毎シーズン30得点前後を記録していた[1]

経歴[編集]

レアル・マドリード[編集]

1984年にレアル・マドリードの下部組織(カンテラ)に入団した。金髪をなびかせた風貌や優雅なプレースタイルがベルント・シュスターに似ていたことから、小さい頃は「リトル・シュスター」というあだ名があった。後に、そのシュスターとは2007-2008シーズンに1シーズンではあったが選手と監督の関係になった。レアル・マドリードに入団したころはストライカーだったが、後にミッドフィールダーに転向し、1995年、ホルヘ・バルダーノ監督が率いるトップチームに初めて招集され、12月2日のセビージャFC戦でトップチームデビューした[2]。1995-96シーズンは9試合に出場して1得点を決めた。1996-97シーズンは17試合に出場し、リーガ・エスパニョーラのタイトルを獲得した。1997-98シーズンにはスーペルコパ・デ・エスパーニャUEFAチャンピオンズリーグのトロフィーを掲げた。

1998-99シーズンにはトヨタカップで優勝し、シーズン途中にはMFホシコやMFフアン・カルロス・バレロンらとともにUEFA U-21欧州選手権で優勝した。この大会では背番号14を着けており、これ以来ラッキーナンバーとしてクラブでもこの背番号をつけた。1999年5月5日、クロアチア代表戦でスペイン代表デビューした。同年6月22日にスペインのテレビ司会者アランチャ・デ・ベニートと結婚、一男一女を授かるも、2009年に離婚している。

1999-2000シーズンはクラレンス・セードルフにポジションを奪われ、倒れた相手を蹴って退場になったこともあったが、ビセンテ・デル・ボスケ監督に信頼されて中盤の軸になった[2]。試合中に感情をあらわにする欠点があり、2010年までにリーグ戦だけで8度の退場処分を受けている。同シーズンには再びUEFAチャンピオンズリーグのタイトルを獲得し、自身はリーグ戦28試合に出場して6得点を決めた。2000-01シーズンはFWフェルナンド・モリエンテスが怪我で長期離脱したため、シーズンの大半の試合でフォワードとして出場し、キャリアハイの得点数(14得点)を記録した。27度目のリーグタイトルを獲得し、スーペルコパ・デ・エスパーニャでも優勝した。人口約5万人の小都市に本拠地を置くビジャレアルCFとのアウェー戦では彼らのファンに対して「田舎者」と言い放って中指を突きたて、スペイン国内すべての新聞で報じられる問題を引き起こした[2]

2002年にFWロナウドが加入すると、FWでプレーしていたグティはポジションを奪われた。しかし、ボランチでプレーしていたイバン・エルゲラがCBへコンバートされ、守備的MFクロード・マケレレのパートナーが定まっていなかったことで、デル・ボスケ監督はグティをセンターハーフに抜擢した。このコンバートが大成功し、グティは新たなポジションを獲得。再び中盤でプレーするようになり、2度目のUEFAチャンピオンズリーグUEFAスーパーカップインターコンチネンタルカップのタイトルを獲得した。2004-05シーズンは過去7シーズンで初めてリーグ戦ノーゴールに終わり、このシーズンの彼のゴールは、2005年2月にスペイン代表のサンマリノ戦で挙げた1点だけだった。2005-06シーズンは公式戦を通じて43試合に出場し、リーグ戦で4ゴール、欧州カップ戦で2ゴールを挙げた。

2006年夏、ACミランからMFカカを引き抜くことを公約に掲げたラモン・カルデロンがクラブの新会長に当選したため、カカとポジションが重なるグティの将来に暗雲が漂った。彼はローカルライバルのアトレティコ・マドリードに移籍することも検討したが、結局移籍することはなく、カカもACミランに残留した。2006 FIFAワールドカップをもってジネディーヌ・ジダンが現役引退したため、2006-07シーズンは司令塔のポジションに定着し、チームで唯一違いが生み出せる選手と評価された。多くのゴールをアシストし、30回目のリーグ優勝に貢献した。後に、過去の優勝の中でこのシーズンのリーグ優勝が一番嬉しかったとインタビューで語っている。

2008年2月10日のレアル・バリャドリード戦では2得点3アシストの大活躍で7-0の大勝に貢献し、マン・オブ・ザ・マッチに輝いた[3]。2007-08シーズンはリーグ優勝を果たし、自身はアシストランキングでトップに立った[2]。9月14日のCDヌマンシア戦ではクラブの通算5000得点目を決めた[4]。2009年夏、監督がマヌエル・ペレグリーニに交代し、ACミランからカカが加入したため、出場機会は減少した。格下相手に0-4の敗戦を喫したコパ・デル・レイADアルコルコン戦では、ハーフタイムに屈辱的な途中交代をさせられ、試合後には首脳陣を批判するコメントを残したため[5]、それからしばらくの間招集メンバーから外された。ADアルコルコン戦後には8年前同様に相手ファンに中指を突き立てて議論を醸した[2]。カカが負傷によりチームを離脱すると、再びレギュラーとして出場した。

レアル・マドリードとの契約を1年残していたが、2010年7月25日、下部組織時代も含めると25年間在籍したレアル・マドリードからの退団を発表した[6]

ベシクタシュ[編集]

ベシクタシュでプレーするグティ(2010年)

2010年7月26日、レアル・マドリードで2007-08シーズンに師弟関係にあったベルント・シュスター監督が率いるトルコ・スュペルリグベシクタシュJKと2年契約を交わした[7]。背番号はレアル・マドリード時代と同じ14番が用意された。

2011年11月に契約を解除し、退団した[8]

現役引退後[編集]

ベシクタシュJKを退団した後、2012年まで無所属の期間が続き、2012年7月に現役引退を発表した[9]。2013年、レアル・マドリードのU-12チームのコーチに就任することをマルカが伝えた[10]。2016年1月、カスティージャを率いていたジネディーヌ・ジダンのトップチームの監督就任に伴い、各カテゴリーの監督も繰り上げ昇格され、フベニールB(U-18)の監督に就任[11]、フベニールA(U-19)の監督であったサンティアゴ・ソラーリの昇格に伴い、2016-2017シーズンよりフベニールAの監督に昇格[12]。迎えた2016-2017シーズンはタレントにも恵まれて快進撃を見せ、UEFAユースリーグは2年連続の4強に終わったが、地域リーグ優勝、地域リーグの王者による全国大会コパ・デ・カンペオネス・フベニール優勝、さらにコパ・デル・レイ・フベニールでも優勝し、クラブ史上初の国内三冠に導いた[13]

2018年夏、グティ本人はトップチームの監督就任を望んでいたが、電撃辞任したジダンの後任はフレン・ロペテギに決まり、上位カテゴリーのカスティージャ監督のソラーリも留任したことから、現役時代の晩年を過ごしたベシクタシュJKのオファーを受け、同クラブのアシスタントコーチに就任した。

評価[編集]

ビセンテ・デル・ボスケには「グティにラウル・ゴンサレスほどの努力と謙虚な気持ちがあったなら、サッカー史に残る選手となっていただろう」と評された[10]ロナウドレアル・マドリードに移籍して一番驚かさせられた選手はグティであったという。またルート・ファン・ニステルローイも「グティほど天才という言葉が似合う選手はいない、グティは本当にパスが上手であり、スペイン代表に招集されないのはおかしい」と発言している。この2人は何度もグティのアシストから得点を決めた。

人物[編集]

愛車はポルシェ[14]、側面には自身の背番号である14が入っている。

趣味は時計のコレクション[1]。またゴルフも趣味で、ハンデキャップは2009年時点で7である[1]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
スペイン リーグ戦 国王杯オープン杯 期間通算
1995-96 R・マドリード 26 プリメーラ 9 1 - - 9 1
1996-97 14 0 3 0 - 17 0
1997-98 17 1 1 0 - 18 1
1998-99 14 28 1 4 2 - 32 3
1999-00 28 6 4 1 - 32 7
2000-01 32 14 - - 32 14
2001-02 29 4 7 6 - 36 10
2002-03 34 4 2 2 - 36 6
2003-04 26 2 8 1 - 34 3
2004-05 31 0 - - 31 0
2005-06 33 4 4 0 - 37 4
2006-07 30 1 - - 30 1
2007-08 32 3 4 1 - 36 4
2008-09 18 3 1 0 - 19 3
2009-10 26 2 1 0 - 8 2
2010-11 ベシクタシュ スュペル・リグ 22 7 6 3 28 10
2011-12 1 0 0 0 1 0
通算 スペイン 387 46 40 13 - 427 59
通算 トルコ 23 7 6 3 29 10
総通算 410 53 46 16 456 69

代表での得点[編集]

タイトル[編集]

レアル・マドリード
ベシクタシュJK

指導歴[編集]

  • レアル・マドリード
    • 2012年 - 2016年、U-21コーチ
    • 2016年 - 現在、U-18監督

脚注[編集]

  1. ^ a b c 「つねに自分らしく」『WORLD SOCCER DIGEST No.303』 第15巻第22号、日本スポーツ企画出版社、2009年、74-77頁
  2. ^ a b c d e グティ、“天使と悪魔”Goal.com、2010年7月27日
  3. ^ Real Madrid 7-0 ValladolidR・マドリード公式ウェブサイト、2008年2月10日
  4. ^ グティ:5000本目のゴールR・マドリード公式ウェブサイト、2008年9月14日
  5. ^ グティ:「ペジェグリーニは残るべきだった」Goal.com、2010年5月28日
  6. ^ レアルMFグティが退団、トルコ行き検討ロイター、2010年7月26日
  7. ^ レアル・マドリー退団のグティ、ベシクタシュ入りが決定スポーツナビ、2010年7月27日
  8. ^ グティ、現役引退を宣言Goal.com 2011年11月29日
  9. ^ 元スペイン代表MFグティが現役引退を決断…レアルで3度のCL制覇を経験SOCCER KING 2012年7月12日
  10. ^ a b 天才パサーのグティ、レアル・マドリー育成チームのコーチに!”. qoly.jp (2013年8月28日). 2013年10月9日閲覧。
  11. ^ ジダンの監督就任からすべてが変化したレアル・マドリー…ソラーリ、グティらが率いる下部組織のチームも絶好調Goal.com 2016年2月21日
  12. ^ U−19レアル監督となったグティ、気性の荒さは変わらず? 審判が「何度もスタンドで指示を送ることになる」Goal.com 2016年8月2日
  13. ^ かつての天才イケメンMF、指導者としても評価上昇中! 「監督グティ」はジダンの後継者となれるか!?SoccerDIGEST、2017年5月18日
  14. ^ グティ熱狂的レアル・マドリードファン