ラモン・カルデロン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はカルデロン第二姓(母方の)はラモスです。
ラモン・カルデロン

ホセ・ラモン・カルデロン・ラモスJosé Ramón Calderón Ramos1951年5月26日 - )は、スペインパレンシア出身の弁護士。1979年よりレアル・マドリードソシオであり、2006年から2009年までレアル・マドリードの会長を務めた。

経歴[編集]

1975年にナバーラ大学法学部を卒業。その後、マドリードで弁護士事務所を構えた。

2002年にレアル・マドリードの重役メンバーとなった他、レアル・マドリード・バロンセストの責任者も務めた。

2006年にレアル・マドリードの会長選に立候補。8,344票を獲得して8,098票のフアン・パラシオスを僅差で下し、会長となった[1]。その後、元選手であるプレドラグ・ミヤトヴィッチをスポーツディレクターとし、かつてレアル・マドリードを率いてリーガ優勝を果たしたファビオ・カペッロを監督に招聘した。カルデロンはセスク・ファブレガスアリエン・ロッベンカカの獲得を公約としていたが、結果的に加入したのはロッベンのみであった。

2007年1月16日、マドリードの大学で講演を行った際、ロサンゼルス・ギャラクシーへの移籍が決定したデビッド・ベッカムを始めクラブや選手、ファンらを批判した[2]。その講演は録音されてスペインのラジオ番組で流され、問題となった。

2009年1月、カルデロンにクラブ総会での不正投票操作疑惑が浮上[3]。同年1月16日、カルデロンはその責任および混乱収拾のため会長職を辞任した。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ この時、郵送による投票の正当性について数人の候補者が反対し、それらの票は選挙審査官が保留にしていた。
  2. ^ カルデロン会長、ベッカムを再び攻撃”. livedoor スポーツ (2007年1月17日). 2011年1月6日閲覧。
  3. ^ カルデロン会長、ソシオ集会で不正発覚”. livedoor スポーツ (2009年1月15日). 2009年10月8日閲覧。