アレハンドロ・ファウリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アレハンドロ・ファウルリン Football pictogram.svg
Alejandro Faurlín.jpg
QPR時代(2011年)
名前
本名 アレハンドロ・ダミアン・ファウルリン
Alejandro Damián Faurlín
ラテン文字 Alejandro FAURLÍN
基本情報
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1986-08-09) 1986年8月9日(34歳)
出身地 ロサリオ
身長 185cm
体重 79kg
選手情報
在籍チーム スペインの旗 マルベーリャFC
ポジション MF (CMF)
利き足 左足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2004-2005 アルゼンチンの旗 ロサリオ・セントラル 1 (0)
2005-2006 アルゼンチンの旗 リーベル・プレート 0 (0)
2007 アルゼンチンの旗 アトレティコ・ラファエラ英語版 19 (2)
2008 ポルトガルの旗 マリティモB 15 (1)
2008-2009 アルゼンチンの旗 インスティトゥート 51 (10)
2009-2016 イングランドの旗 QPR 151 (5)
2013 イタリアの旗 パレルモ (loan) 6 (0)
2016-2017 スペインの旗 ヘタフェ 30 (5)
2017-2018 メキシコの旗 クルス・アスル 2 (0)
2018-2019 スペインの旗 マヨルカ 9 (0)
2019 スペインの旗 マルベーリャ (loan) 16 (0)
2019- スペインの旗 マルベーリャ
代表歴2
2003 アルゼンチンの旗 アルゼンチン U-17 10 (2)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年5月26日現在。
2. 2018年5月20日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

アレハンドロ・ダミアン・ファウルリンAlejandro Damián Faurlín, 1986年8月9日 - )は、アルゼンチンロサリオ出身のサッカー選手マルベーリャFC所属。ポジションはミッドフィールダー

経歴[編集]

キャリア初期[編集]

2004年5月4日のキルメスAC戦でリーグ戦デビュー。CAロサリオ・セントラルでの出場はこの1試合のみで、2007年にプリメーラB・ナシオナルAMSDアトレティコ・デ・ラファエラへ移籍した。翌年1月にCSマリティモのBチームへ加入するが、半年後にはインスティトゥートACコルドバと契約し母国へ復帰した。

QPR[編集]

2009年7月7日、フットボールリーグ・チャンピオンシップクイーンズ・パーク・レンジャーズFCへ3年契約で加入。2009年8月18日のブリストル・シティFCでデビューし、翌年4月3日に行われたシェフィールド・ウェンズデイFCとの試合で初ゴールを挙げた[1]。加入初年度でインパクトを残し、選手とサポーターによる2009-10シーズンのクラブ最優秀選手に選出。2010年10月5日には契約を2014年まで延長した[2]。翌シーズンにクラブはチャンピオンシップを制し、プレミアリーグ昇格メンバーの一員となった。

QPR加入時の移籍金はクラブレコードとなる350万ポンドといわれたが、当時のQPRが支払える額ではなかった。FAの調査により、アルゼンチン系でアメリカ合衆国に籍を置く株式会社TYPによる介入の下に行われた取引であることが判明、TYPがインスティトゥートに25万米ドルを支払い保有権を取得していた。2010年にTYPは100万米ドル(約61.5万ポンド)を支払うようQPRに要求しFAへ申し立てた。10月にクラブとの契約を延長するとTYPのオーナーであるペッピーノ・ティッリ英語版に対して20万ポンドの代理料が、翌年1月にはTYPへ61.5万ポンドが支払われた。第三者による選手保有は、カルロス・テベスウェストハム・ユナイテッドFC移籍問題を受けてFAが禁止しており、QPRはこれに違反したとして2011年に処分を科されている。クラブは勝ち点剥奪の可能性もあったが、最終的に罰金処分に留まり昇格は承認された[3]

トップレベルでのプレーとなった翌シーズンは、新加入のジョーイ・バートンと中盤のコンビを形成した。2012年1月7日に行われたFAカップミルトン・キーンズ・ドンズFC戦 (1-1) でゲームキャプテンを務めたが、右足の前十字靭帯を断裂し途中交代。シーズン後半を棒に振ることとなった[4]

母国やバルセロナでのリハビリを経て、2012年8月28日のリーグカップウォルソールFC戦で復帰。フル出場を果たし3-0の勝利で飾った。続くリーグ戦・マンチェスター・シティFCとの試合でもスタメンに名を連ねた。9月23日のトッテナム・ホットスパーFC戦 (1-2) でボビー・ザモラの先制点に繋がるラストパスを供給し、2012-13シーズンで初アシストを記録した。

2013年1月31日、セリエAUSチッタ・ディ・パレルモへシーズン終了まで期限付き移籍[5]。加入後すぐにトップチームに合流し、2月3日のアタランタBC戦 (1-2) でデビューしフル出場を果たした。しかしレギュラーの座を掴むには至らず、リーグ戦先発及び途中出場それぞれ3試合に留まった。

買い取りオプションは行使されずシーズンを終えQPRへ戻るが、クラブはチャンピオンシップへ降格。多くの選手が退団しチームが刷新される中で、残留した数少ない選手の一人であった[6]。2014-15シーズン開幕戦のシェフィールド・ウェンズデイ戦でスタメンとなり2-1で勝利した[7]。11月2日、ダービー・カウンティFCを迎えたホームゲームで、相手MFジョン・ユースタス英語版のタックルを受けストレッチャーで搬送された[8]。2日後に左足の前十字靭帯損傷と診断され、約2年前と同様自身のシーズンを早々に終えた[9]。クラブは2014年5月24日、ウェンブリー・スタジアムでダービーとの昇格プレーオフを制しプレミアリーグ復帰を決めた。怪我を完治させスタンドで観戦していた自身は、89分にザモラが決勝点を挙げるとピッチで歓喜の輪に加わった。当時のクラブ在籍年数最長の選手となっていたが、7月2日にクラブとの契約を1年延長した[10]。プレミア復帰初戦となるハル・シティAFCとの試合でスタメン出場を果たした[11]。8月27日のFAカップバートン・アルビオンFC戦で左足を負傷しレロイ・フェルと交代。鎮痛処置もせず自ら歩いてピッチを退いたが、検査の結果自身3度目となる前十字靭帯の故障であることが判明した[12]。2か月前に回復したにも関わらず、このシーズンも戦線を長期離脱することとなった。クラブのメディカルリーダーであるピーター・フロリダ・ジェイムスによると、靭帯の移植部が断裂していたという[13]。翌年8月にファーストチームへ舞い戻った。

ヘタフェ以降[編集]

2016年8月8日、セグンダ・ディビシオンヘタフェCFへフリートランスファーで加入した[14]

2017-18シーズンはリーガMXクルス・アスルへ移籍したが、リーグ戦では2試合に途中出場し計13分のプレーに留まった[15]

2018年1月23日にクラブとの契約を解除しRCDマヨルカへ加入、半年でスペインへ復帰した。セグンダ・ディビシオンBで首位を走るクラブにおいて今冬4番目の新加入選手として、2年間の延長オプション付きでシーズン終了までの契約を締結した[16]

2019年1月、セグンダ・ディビシオンBマルベーリャFCへシーズン終了までの期限付き移籍[17]。7月、マルベーリャFCへ完全移籍[18]

代表歴[編集]

2003年に開催されたFIFA U-17世界選手権のメンバーに選出されている。

タイトル[編集]

クラブ[編集]

QPR

個人[編集]

  • QPR年間最優秀選手 : 2009-10

脚注[編集]

  1. ^ QPR 1-1 Sheff Wed”. BBC Sport (2010年4月3日). 2018年5月24日閲覧。
  2. ^ Argentine midfielder Alejandro Faurlin extends QPR deal”. BBC Sport. 2018年5月24日閲覧。
  3. ^ Why QPR were fined rather than deducted points”. The Guardian (2011年5月27日). 2018年5月24日閲覧。
  4. ^ Alejandro Faurlin will miss rest of QPR season”. BBC Sport (2012年1月9日). 2018年5月24日閲覧。
  5. ^ ANCORA DUE ACQUISTI PRESI FAURLIN E FABBRINI”. U.S. Città di Palermo (2013年1月31日). 2018年5月24日閲覧。
  6. ^ QPR summer exodus is essential but what will be left for next season?”. The Guardian (2013年5月2日). 2018年5月24日閲覧。
  7. ^ Championship: QPR beat Sheffield Wednesday 2-1 at Loftus Road”. Sky Sports (2013年8月3日). 2018年5月24日閲覧。
  8. ^ Sky Bet Championship: QPR edge to narrow home victory over Derby”. Sky Sports (2013年11月2日). 2018年5月24日閲覧。
  9. ^ Alejandro Faurlin: QPR midfielder suffers second cruciate injury”. BBC Sport (2013年11月4日). 2018年5月24日閲覧。
  10. ^ Alejandro Faurlin signs new one-year QPR deal after overcoming serious knee injury”. Daily Mail Online (2014年7月2日). 2018年5月24日閲覧。
  11. ^ Queens Parks Rangers 0-1 Hull City”. BBC Sport (2014年8月16日). 2018年5月24日閲覧。
  12. ^ Alejandro Faurlin: QPR midfielder out with third cruciate injury”. BBC Sport (2014年8月29日). 2018年5月24日閲覧。
  13. ^ ALEJANDRO FAURLIN SUFFERS THIRD ACL INJURY”. Official website of QPR (2014年8月29日). 2018年5月24日閲覧。
  14. ^ El Getafe firma a Faurlín, un medio que sabe de ascensos”. Marca.com (2016年8月8日). 2018年5月24日閲覧。
  15. ^ Alejandro Faurlín, el refuerzo de Cruz Azul que jugó 14 minutos”. Medio Tiempo (2017年12月15日). 2018年5月24日閲覧。
  16. ^ Faurlín, cuarto fichaje del Mallorca en el mercado invernal”. AS.com (2018年1月23日). 2018年5月24日閲覧。
  17. ^ El Marbella F.C. incorpora al centrocampista Faurlín”. Marbella FC (2019年1月22日). 2019年8月30日閲覧。
  18. ^ El Marbella FC cierra la continuidad del medio argentino Alejandro Faurlín”. Marbella 24 Horas (2019年7月22日). 2019年8月30日閲覧。

外部リンク[編集]