ホセ・マリア・バサンタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はバサンタ第二姓(母方の)はパボーネです。
ホセ・マリア・バサンタ Football pictogram.svg
José María Basanta.jpg
名前
本名 ホセ・マリア・バサンタ・パボーネ
José María Basanta Pavone
ラテン文字 Jose Maria BASANTA
基本情報
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
メキシコの旗 メキシコ
生年月日 (1984-04-03) 1984年4月3日(33歳)
出身地 カルメン・デ・アレコ・パルティードトレス・サルヘントス
身長 188cm
選手情報
在籍チーム メキシコの旗 CFモンテレイ
ポジション DF (CB, LSB)
背番号 15
利き足 左足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2003-2006 アルゼンチンの旗 エストゥディアンテス 11 (1)
2006-2007 アルゼンチンの旗 オリンポ 32 (1)
2007-2008 アルゼンチンの旗 エストゥディアンテス 25 (1)
2008-2014 メキシコの旗 モンテレイ 205 (7)
2014-2016 イタリアの旗 ACFフィオレンティーナ 24 (2)
2015-2016 メキシコの旗 モンテレイ (loan) 22 (2)
2016- メキシコの旗 モンテレイ 1 (0)
代表歴2
2013- アルゼンチンの旗 アルゼンチン 10 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年1月9日現在。
2. 2014年6月12日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ホセ・マリア・バサンタ(José María Basanta, 1984年4月3日 - )は、アルゼンチンブエノスアイレス州出身のサッカー選手リーガMXモンテレイ所属。アルゼンチン代表。ポジションはディフェンダー

経歴[編集]

2003年にプリメーラ・ディビシオン(1部)のエストゥディアンテス・デ・ラ・プラタからデビューした。2006年にはプリメーラB・ナシオナル(2部)のオリンポ・デ・バイーア・ブランカに移籍し、2006-07シーズンにはアペルトゥーラ2006とクラウスーラ2007の両方で優勝してプリメーラ・ディビシオンに自動昇格した。2007年には古巣エストゥディアンテスに移籍したが、これといった活躍はしていない。2008年、アルゼンチン人リカルド・ラボルペ監督の求めに応じてリーガMXCFモンテレイに移籍し[1]、モンテレイではレギュラーに定着した。リーガMXではアペルトゥーラ2009とアペルトゥーラ2010で優勝し、自身はアペルトゥーラ2010とクラウスーラ2012でリーグ最優秀センターバックに選出された。CONCACAFチャンピオンズリーグでは2010-11シーズンから3連覇を達成した。2013年の2011 FIFAクラブワールドカップでは、準々決勝のラジャ・カサブランカ(モロッコ、開催国代表)戦 (1-2) でチーム唯一となる得点を決めた。

2012年3月26日、ボリビア戦でアルゼンチン代表デビューした。2014 FIFAワールドカップ・南米予選では終盤の4試合に出場し、エセキエル・ガライフェデリコ・フェルナンデスなどとセンターバックのコンビを組んだ。

人物[編集]

2013年にはメキシコ国籍を取得した[2]。7歳年上のゴンサロ・パボーネ、2歳年上のマリアーノ・パボーネはバサンタの従兄弟だが、パボーネ兄弟はバサンタとは違っていずれもフォワードである。

タイトル[編集]

クラブ[編集]

オリンポ・デ・バイーア・ブランカ
CFモンテレイ

個人[編集]

  • リーガMX 最優秀センターバック (2) : アペルトゥーラ2010, クラウスーラ2012

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Contrata CF Monterrey a defensa argentino Basanta Archived 2008年6月22日, at the Wayback Machine. MedioTiempo (スペイン語)
  2. ^ José María Basanta recibió su carta de naturalización MedioTiempo (スペイン語)

外部リンク[編集]