ディエゴ・ルガーノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はルガーノ第二姓(母方の)はモレーノです。(Template:スペイン語圏の姓名
ディエゴ・ルガーノ Football pictogram.svg
U02 Diego Lugano 7557.jpg
ウルグアイ代表でのルガーノ (2014年)
名前
本名 ディエゴ・アルフレド・ルガーノ・モレーノ
Diego Alfredo Lugano Moreno
愛称 Tota (吠える人)
ラテン文字 Diego LUGANO
基本情報
国籍 ウルグアイの旗 ウルグアイ
イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1980-11-02) 1980年11月2日(40歳)
出身地 カネローネス
身長 188cm[1]
体重 88kg
選手情報
在籍チーム ブラジルの旗 サンパウロFC
ポジション DF (CB)
背番号 5
利き足 右足
ユース
0000-1999 ウルグアイの旗 ナシオナル
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1999-2003 ウルグアイの旗 ナシオナル 13 (0)
2001-2002 ウルグアイの旗 プラサ・コロニア (loan) 46 (4)
2003-2006 ブラジルの旗 サンパウロ 96 (8)
2006-2011 トルコの旗 フェネルバフチェ 125 (21)
2011-2013 フランスの旗 パリ・サンジェルマン 12 (0)
2013 スペインの旗 マラガ (loan) 11 (0)
2013-2014 イングランドの旗 WBA 9 (1)
2015 スウェーデンの旗 ヘッケン 11 (0)
2015 パラグアイの旗 セロ・ポルテーニョ 14 (5)
2016-2017 ブラジルの旗 サンパウロ 18 (2)
代表歴2
2003-2014 ウルグアイの旗 ウルグアイ 95 (9)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年7月1日現在。
2. 2016年7月1日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ディエゴ・ルガーノ(Diego Alfredo Lugano Moreno, 1980年11月2日 - )は、ウルグアイ出身のイタリア系ウルグアイ人元サッカー選手。ポジションはディフェンダー。主にセンターバックであるが、サンパウロ在籍時には左サイドバックとしてプレーしたこともある[2]

パオロ・モンテーロの後継者と言われることがある[3]。家族はイタリアピエモンテ州アレッサンドリア出身であり、イタリアの国籍を保持している[4]

経歴[編集]

クラブ[編集]

初期の経歴[編集]

少年時代はCAトレス・エスキナス・カネローネス、CAリベルタでプレーし、18歳だった1998年、リベルタからデビューした。1999年ナシオナルに移籍し、1999-2000シーズンにプリメーラ・ディビシオンで優勝した。プラサ・コロニアを経て、2003年ブラジルサンパウロFCに移籍。オズワルド・オリヴェイラ監督の意見を聞かずに、マルセロ・ポルトゥガル・ゴウベイア会長が独断で獲得を決めたため、ルガーノはhomem do president(会長の男)と呼ばれた[5]。2003年末にオリヴェイラ監督が退任すると、ルガーノの出場機会は増加。2004年にはリーグのベストイレブン(ボーラ・ジ・プラッタ)と最優秀ディフェンダー賞を獲得し、2005年にはカンピオナート・パウリスタコパ・リベルタドーレスFIFAクラブワールドカップの3冠に貢献した。FIFAクラブワールドカップでは最優秀選手賞を受賞し、同年には南米最優秀ディフェンダーにも選出された。リーダーシップ[6] や対人プレーの強さ[7] がサポーターの人気を得て[8]、クラブとも良好な関係を築いた[9]。2006年のコパ・リベルタドーレスでは準優勝に貢献した。

フェネルバフチェ[編集]

2006年8月21日トルコフェネルバフチェに移籍[10]。契約期間は3年間(1年のオプション付き)で、移籍金は750万ユーロと報じられている。エドゥ・ドラセナとセンターバックのコンビを組み、クラブ創設100周年の記念年となる2006-07シーズンにはリーグ制覇に貢献した。ルガーノは頻繁に攻撃参加することで名高く、セットプレーの際には前線で待機してヘディングでゴールを狙った。守備のしつこさやセットプレー時の壮観さはサポーターに愛され、Talento=才能、Orgullo=誇り、Tecnico=技術、Ambicion=野心のすべてを兼ね備えた選手という意味でTOTAと呼ばれた[11][12]。2007-08シーズンのUEFAチャンピオンズリーグでは、決勝トーナメント1回戦のセビージャFC(スペイン)戦でヘディングシュートを決め、クラブ初の準々決勝進出に貢献。2009年4月12日に行われたガラタサライとのイスタンブール・ダービーではエムレ・アシクを引っ叩き、レッドカードを提示された上に5試合の出場停止処分を受けた[13]。それ以来、特にGenç Fenerbahçelilerなどのサポーターグループと強い結びつきがある[14][15]。2008-09シーズン終了後にはフェネルバフチェとの契約が満了し、SSラツィオACFフィオレンティーナASローマ(いずれもイタリア)、アヤックス・アムステルダム(オランダ)などがルガーノ獲得に動いたものの、フェネルバフチェとの4年間の新契約にサインした[16]

パリ・サンジェルマン[編集]

2011年8月27日フランスパリ・サンジェルマンFCに移籍[17][18]。移籍金は300万ユーロ。しかし、2011-12シーズンは負傷やコンディション不良などの影響で12試合の出場に終わった[19]

マラガ[編集]

2013年1月21日、出場機会の減少からスペインマラガCFにシーズン終了までのレンタル移籍が決定。

WBA[編集]

2013年8月2日ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンFCへ移籍[20]

ヘッケン[編集]

2015年3月26日BKヘッケンに加入した[21]

代表[編集]

サンパウロFCに在籍していた2004年、ホルヘ・フォサーティ監督によってウルグアイ代表に初招集され、カールスバーグ・カップイラン戦でデビューした。公式戦デビューは2006 FIFAワールドカップ・南米予選パラグアイ戦であった[22]

その後レギュラーの座を獲得し、2006年のイングランド戦で初めてキャプテンマークを腕に巻いた。2007年のコパ・アメリカ2007ではメキシコに次ぐ4位となり、2010 FIFAワールドカップ・南米予選ではウルグアイ代表のキャプテンを務めた。この南米予選では全18試合に出場し、2008年6月14日ベネズエラ戦で挙げた代表初得点を含めて、計3得点を挙げた。大陸間プレーオフのコスタリカ戦ファーストレグでは決勝点となるアウェーゴールを決め、本大会進出に近づく勝利に貢献した。2010 FIFAワールドカップ本大会でもキャプテンを務め、6試合に先発出場。準々決勝のガーナ戦まではフル出場を続けていたものの、この試合の前半で負傷し途中交代した。続く準決勝のオランダ戦は欠場したが、3位決定戦のドイツ戦には復帰し先発出場。敗れはしたものの、ウルグアイの40年ぶりのベスト4進出の立役者となった。同大会では最優秀キャプテンに選出された[23]コパ・アメリカ2011でもキャプテンとして全6試合にフル出場。ウルグアイの6大会ぶりの優勝に貢献した。2011年10月7日2014 FIFAワールドカップ・南米予選初戦のボリビア戦で、自身初となる1試合2得点を記録した。

人物[編集]

既婚者であり、2男1女を儲けている。長男はフェネルバフチェの下部組織に所属していた[24][25]。ディエゴと同じ11月2日生まれの次男、長女はルガーノがフェネルバフチェに在籍している時にイスタンブールで生まれた[26][27]。1980年代に活躍したウーゴ・デレオンや1990年代以降に活躍したパオロ・モンテーロが自身のヒーローであると語っている[28]NFL選手のチャド・オチョシンコと面識がある。

タイトル[編集]

クラブ[編集]

ナシオナル
サンパウロ
フェネルバフチェ

代表[編集]

ウルグアイ代表

個人[編集]

個人成績[編集]

代表での得点[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Player Profile”. www.psg.fr. 2012年3月2日閲覧。
  2. ^ 南アメリカ最強のディフェンス、ルガーノ、フェネルバフチェ移籍へ News from the Middle East、2006年7月18日
  3. ^ W杯選手名鑑:ディエゴ・ルガーノ Goal.com
  4. ^ バルサとR・マドリー、ルガノを奪い合う livedoorスポーツ、2005年6月17日
  5. ^ Sangue Celeste, Alma Tricolor 2011年5月11日
  6. ^ Uruguay team profile”. Reuters. 2010年6月25日閲覧。 [リンク切れ]
  7. ^ “Diego Lugano: The Great Wall of Uruguay”. CBC.ca. (2010年6月2日). http://www.cbc.ca/sports/soccer/fifaworldcup/news/story/2010/06/02/sp-diego-uruguay.html 2010年6月25日閲覧。 
  8. ^ No pensé en vivir del fútbol hasta los 18”. El País Uruguay. 2010年1月10日閲覧。
  9. ^ Diego Lugano: "Sou torcedor fanático do São Paulo"”. Portal Terra. 2010年6月25日閲覧。
  10. ^ “Fenerbahçe unveil defender Lugano”. UEFA.com. (2006年8月22日). http://www.uefa.com/uefachampionsleague/news/newsid=447248.html 2011年3月8日閲覧。 
  11. ^ Lugano için pankart açtılar” [Banner opened to Lugano] (Turkish). Fenerbahce.org (2009年8月16日). 2010年6月26日閲覧。
  12. ^ Lugano İçin Pankart Açtık! 2009年8月17日
  13. ^ “” (2009年4月13日). “Lugano beated all players from Galatasaray”. Youtube.com. 2010年6月26日閲覧。
  14. ^ En Başarılı Lugano Seçildi![リンク切れ]
  15. ^ We don't let him go ayaw”. Gfb-europe.com. 2011年7月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年6月26日閲覧。
  16. ^ “Neşeli antrenman [Happy Training]” (Turkish). Fenerbahce.org. (2009年8月17日). http://www.fenerbahce.org/fb2008/popdetay.asp?ContentID=16652 2011年3月8日閲覧。 
  17. ^ Uruguay captain Diego Lugano leaves Fenerbahce to join PSG
  18. ^ “Oyuncumuz Diego Alfredo Lugano Morena'nın transferi konusunda Paris Saint-Germain Kulübü ile anlaşmaya varılmıştır” (Turkish). Fenerbahçe (Turkish Public Disclosure System (KAP)). (2011年8月29日). http://www.kap.gov.tr/yay/Bildirim/Bildirim.aspx?id=168658 2011年8月30日閲覧。 
  19. ^ Diego Lugano’s time in Paris is over Archived 2013年1月17日, at Archive.is Bettor.com
  20. ^ Diego Lugano à West Bromwich Albion PSG 2013年8月2日
  21. ^ ルガーノの新天地は北欧に、クラブは「75年の歴史に最も相応しい選手」 Qoly 2015年3月28日
  22. ^ Lugano é convocado para a Celeste 2004年11月7日
  23. ^ Uruguay’da Diego furyası
  24. ^ 08:14 PM (2006年8月18日). “Nicolas Lugano signed with Fenerbahce”. Forumel.biz. 2011年4月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年6月26日閲覧。
  25. ^ Lugano'nun oğlu Fener'de!” (Turkish). Radikal.com.tr (2006年8月19日). 2010年5月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年6月26日閲覧。
  26. ^ Lugano Tekrar Baba Oldu” (Turkish). Fenerbahce.org (2006年11月2日). 2010年6月26日閲覧。
  27. ^ Lugano 3.kez baba oldu” (Turkish). Fenerbahce.org (2009年1月3日). 2010年6月26日閲覧。
  28. ^ The rock of São Paulo: Lugano on his Brazilian success, Uruguayan struggles”. SouthAmericanFutbol.com (2006年4月12日). 2011年10月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年6月25日閲覧。

外部リンク[編集]