ディエゴ・ペレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はペレス第二姓(母方の)はアグアドです。
ディエゴ・ペレス Football pictogram.svg
Diego Pérez.jpg
ウルグアイでのペレス(2011年)
名前
本名 ディエゴ・フェルナンド・ペレス・アグアド
Diego Fernando Pérez Aguado
愛称 Ruso(ロシア人
ラテン文字 Diego PÉREZ
基本情報
国籍 ウルグアイの旗 ウルグアイ
イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1980-05-18) 1980年5月18日(38歳)
出身地 モンテビデオ
身長 178cm
体重 80kg
選手情報
ポジション MF (DMF)
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1999-2003 ウルグアイの旗 デフェンソール 125 (11)
2003-2004 ウルグアイの旗 ペニャロール 13 (2)
2004-2010 モナコの旗 モナコ 146 (2)
2010-2015 イタリアの旗 ボローニャ 128 (0)
1999-2015 通算 412 (15)
代表歴
2001-2014 ウルグアイの旗 ウルグアイ 89 (2)
監督歴
2015- イタリアの旗 ボローニャ U-19(アシスタント)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ディエゴ・フェルナンド・ペレス・アグアドDiego Fernando Pérez Aguado, 1980年5月18日 - )は、ウルグアイモンテビデオ出身の元同国代表サッカー選手、現サッカー指導者。現役時代のポジションはミッドフィールダー。主にボランチを務める。

経歴[編集]

1999年に母国のデフェンソール・スポルティングでデビュー。プロ2年目の2000年にはレギュラーを掴み、2004年CAペニャロールに移籍する。ここでも安定した活躍が評価され、夏にはASモナコを率いるディディエ・デシャン監督に引き抜かれて欧州挑戦を始める。リーグ・アン挑戦当初は途中出場が多く、激しいプレイスタイル故の警告の多さもあってなかなかレギュラーを掴めずにいた。2006-07シーズンからは、それまでボランチのレギュラーを務めていたアキス・ジコス英語版の移籍や同僚のケガなどもあり、徐々に先発出場の機会も増えている。

2010年夏にイタリアボローニャFCに移籍。2013年8月、新たに契約を2年間延長した[1]2014-15シーズン終了を以て現役を引退し、クラブのプリマヴェーラにおいてアシスタントコーチを務める[2]

代表歴[編集]

ウルグアイ代表では4度のコパ・アメリカ南アフリカW杯に出場。2011年7月17日コパ・アメリカ2011準々決勝のアルゼンチン戦では代表通算68試合目の出場にして初得点となる先制ゴールを挙げた。

タイトル[編集]

ウルグアイ

脚注[編集]

  1. ^ Perez al Bologna[リンク切れ]bolognafc.it 2013年8月17日
  2. ^ Bologna: Diego Perez nello staff della Primavera”. Football Scouting (2015年7月11日). 2018年8月27日閲覧。

外部リンク[編集]