ロドリゴ・ムニョス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はムニョス第二姓(母方の)はサロモンです。
ロドリゴ・ムニョス Football pictogram.svg
Rodrigo Muñoz.jpg
名前
本名 ロドリゴ・マルティン・ムニョス・サロモン
'Rodrigo Martín Muñoz Salomón
基本情報
国籍 ウルグアイの旗 ウルグアイ
生年月日 (1982-01-22) 1982年1月22日(36歳)
出身地 モンテビデオ
身長 181cm
選手情報
在籍チーム パラグアイの旗クラブ・リベルタ
ポジション GK
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2000-2008 ウルグアイの旗 CAセロ 72 (4)
2009-2011 ウルグアイの旗 ナシオナル 67 (0)
2012- パラグアイの旗 クラブ・リベルタ 120 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ロドリゴ・ムニョスRodrigo Muñoz1982年1月22日 - )は、ウルグアイモンテビデオ出身のプロサッカー選手サッカーウルグアイ代表クラブ・リベルタ所属。ポジションはGK

経歴[編集]

クラブ[編集]

2008年、地元モンテビデオのCAセロでプロキャリアをスタート。

2008年、国内強豪クラブのナシオナル・モンテビデオに移籍。2009年2月12日まで出番が無かったが、コパ・リベルタドーレス2009のウニベルシダ・サン・マルティン戦でのすばらしいパフォーマンスからレギュラーポジションを確保した。コパ・リベルタドーレスでナシオナルは準決勝まで進んだが、エストゥディアンテス・デ・ラ・プラタに敗れた。翌年のリベルタドーレスではラウンド16でクルゼイロECに敗れた。リーグ戦では2008-09シーズンと2009-10シーズンでチャンピオンに輝いた。

2012年1月、パラグアイのクラブ・リベルタに移籍。

代表[編集]

2011年5月18日、デフェンソール・スポルティングが派遣を拒否したマルティン・シルバの代わりとして、5月29日に開催されるドイツ代表との親善試合のために招集された[1]

2014年5月12日、ウルグアイ代表のオスカル・タバレス監督は、2014 FIFAワールドカップの準備に当たってフアン・カスティージョを外して25人の暫定リストにムニョスを含めた[2]。 5月31日に発表された23人の最終リストにも無事登録された[3]

2016年のコパ・アメリカ・センテナリオでは暫定リストには入ったが、最終リストからは外れた[4]

タイトル[編集]

ナシオナル

脚注[編集]

  1. ^ “Rodrigo Muñoz fue citado en lugar de Silva” (Spanish). Ovacióndigital. (2011年5月18日). http://www.ovaciondigital.com.uy/110518/futinter-567295/futbolinternacional/rodrigo-munoz-fue-citado-en-lugar-de-silva/ 2011年5月18日閲覧。 
  2. ^ Lista provisional para Brasil 2014” (2014年5月12日). 2014年5月13日閲覧。
  3. ^ Plantel definitivo para Brasil 2014” (2014年5月31日). 2014年5月31日閲覧。
  4. ^ Luis Suarez leads Uruguay's 35-man Copa America squad list”. espnfc.co.uk (2016年4月29日). 2016年7月11日閲覧。

外部リンク[編集]