アルバロ・レコバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はレコバ第二姓(母方の)はリベロです。
アルバロ・レコバ Football pictogram.svg
Álvaro Chino Recoba 120520-1175-jikatu.jpg
ナシオナルでのレコバ(2012年)
名前
本名 アルバロ・アレハンドロ・レコバ・リベロ
Álvaro Alexander Recoba Rivero
愛称 エル・チーノ
ラテン文字 Álvaro RECOBA
基本情報
国籍 ウルグアイの旗 ウルグアイ
イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1976-03-17) 1976年3月17日(41歳)
出身地 モンテビデオ
身長 179cm
体重 79kg
選手情報
ポジション FW / MF
利き足 左足
ユース
ウルグアイの旗 ダヌービオ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1994-1995 ウルグアイの旗 ダヌービオ 34 (11)
1996-1997 ウルグアイの旗 ナシオナル・モンテビデオ 33 (17)
1997-2008 イタリアの旗 インテル・ミラノ 248 (72)
1999 イタリアの旗 ヴェネツィア (loan) 19 (11)
2007-2008 イタリアの旗 トリノ (loan) 22 (1)
2008-2009 ギリシャの旗 パニオニオス 19 (4)
2010-2011 ウルグアイの旗 ダヌービオ 31 (11)
2011-2015 ウルグアイの旗 ナシオナル・モンテビデオ 82 (17)
代表歴2
1995-2007 ウルグアイの旗 ウルグアイ 69 (11)
1. 国内リーグ戦に限る。2014年11月10日現在。
2. 2014年8月6日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

アルバロ・アレハンドロ・レコバ・リベロ(Álvaro Alexander Recoba Rivero, 1976年3月17日 - )は、ウルグアイモンテビデオ出身の元サッカー選手。ポジションはフォワード。現役時代はウルグアイ代表

東アジア人のような顔立ちをしていることから、チーノ(el chino)の愛称で呼ばれている。背番号20が気に入っているようで、クラブや代表でよくつけていた。

経歴[編集]

クラブ[編集]

ダヌービオFCでプロキャリアをスタートさせると、1996年ウルグアイナシオナル・モンテビデオへ移籍。ここでの活躍が評価され、欧州ビッグクラブからも注目される存在となる。

インテル時代のユニフォーム

1997年インテル・ミラノへ移籍。8月31日、ホームのブレシア戦でデビューを飾ると試合終了間際10分間で2得点を挙げる活躍を見せた(後述)。その後は暫くは出番に恵まれずヴェネツィアレンタル移籍するが、ここで本領を発揮。19試合で11ゴールを決め、セリエA残留に貢献した。

1999年にインテルに復帰し、2001年1月には2006年までの5年契約を結んだ。この間、ロナウドロベルト・バッジョイバン・サモラーノクリスティアン・ビエリら多くのFWが加入しては去っていったが、激しいポジション争いを潜り抜け、インテルの中心選手の一人として活躍した。しかし2000年代半ばに差し掛かると、年齢的な衰えから、ズラタン・イブラヒモビッチアドリアーノエルナン・クレスポらといった新加入の選手の台頭により出場機会は減っていった。レコバは出場機会の少ない事を理由に2006-07シーズン終了後にはクラブを去る意向を持つ様になった。

そして2007-08シーズン開幕直後に出場機会を求めてトリノFCへレンタル移籍。加入直後のレッジーナとの最初の試合では得点こそ無かったものの好パフォーマンスを見せ、12月19日のコッパ・イタリアASローマ戦では2得点を記録し3-1の勝利に貢献した。しかし幸先の良いスタートにも関わらず怪我の影響などもあって期待された活躍をする事は出来なかった。シーズン終了後にインテルとの契約が切れ、フリーの状態となっていたが、9月にギリシャパニオニオスFCに移籍。しかし2009年12月中旬に双方合意で契約を解除し、12月24日、古巣のダヌービオFCに3年契約で復帰した。

2011年夏には、同じく古巣のナシオナル・モンテビデオに移籍[1]。契約期間は3年間で契約満了となる2014年には一時、現役引退を示唆したが、ナシオナルから提示された1年間の契約延長に応じ、2015年6月に契約満了により退団。

以後はフリーとなっており、2015年10月に引退試合の開催を予告。40歳を迎えた2016年3月31日に親交のあった名選手達が集まって、レコバ・フレンズ対ナシオナル・モンテビデオの引退試合が開催(試合はナシオナルが勝利)、この試合をもって21年間に及んだ現役生活に終止符を打った。

代表[編集]

ウルグアイ代表としては1995年1月18日に行われたスペイン代表との国際親善試合でデビュー[2]

2002 FIFAワールドカップ予選ではチームの中心選手として活躍し、大陸間プレーオフでオーストラリア代表を下して同国を3大会ぶりのワールドカップ出場に導いた。本大会では1次リーグ最終戦のセネガル代表戦で1得点を記録したが、試合は3-3で引き分けて0勝1敗2分に終わり、決勝トーナメントに進出する事は出来なかった。

2006 FIFAワールドカップ南米予選では5位となり、2005年9月のプレーオフでは再びオーストラリア代表と対戦する事となった。しかし、今度はオーストラリア代表にPK戦の末に敗れ本大会出場を逃した。

所属するインテルでは出場機会に恵まれず不遇の日々を送っていたが、ウルグアイ代表には度々招集された。2007年ベネズエラで開催されたコパ・アメリカ2007にも出場し、同年7月10日に行われたブラジル代表戦を最後に代表引退をした[2]。レコバはウルグアイ代表に選出されて以来、2007年までに69試合出場12得点を記録した[2]

引退後[編集]

引退後は、チャリティーマッチへの出場などの活動を行っている。フリーとなっていた2015年頃からナシオナルの会長選への出馬が取り沙汰されていたが、2017年2月16日にナシオナルの役員に就任したことが発表された。

エピソード[編集]

長年クラブの会長を務め、インテルのパトロンであるマッシモ・モラッティはレコバの大ファンとして知られており、全盛期に数多くあった他クラブからのオファーをことごとく断っていたという。このことから、「モラッティの秘蔵っ子」ともしばしば称されていた。[要出典]

趣味は寝ること。サッカーの次に好きなスポーツを睡眠と語っており、休日で予定のない時には夕方まで寝ているという。[要出典]

個人成績[編集]

代表での成績[編集]

出典[2]


ウルグアイ代表 国際Aマッチ
出場 得点
1995 2 0
1996 3 3
1997 12 3
1998 0 0
1999 2 0
2000 9 1
2001 11 1
2002 7 1
2003 8 0
2004 4 0
2005 6 1
2006 0 0
2007 5 1
通算 69 11

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]