マリオ・レゲイロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はレゲイロ第二姓(母方の)はピントスです。
マリオ・レゲイロ Football pictogram.svg
MarioIgnacioRegueiro.jpg
名前
本名 マリオ・イグナシオ・レゲイロ・ピントス
Mario Ignacio Regueiro Pintos
ラテン文字 Mario REGUEIRO
基本情報
国籍 ウルグアイの旗 ウルグアイ
スペインの旗 スペイン
生年月日 (1978-09-14) 1978年9月14日(39歳)
出身地 モンテビデオ県モンテビデオ
身長 178cm
体重 76kg
選手情報
在籍チーム 無所属
ポジション MF
利き足 左足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1996-1998 ウルグアイの旗 セロ 44 (7)
1998-2000 ウルグアイの旗 ナシオナル・モンテビデオ 63 (18)
2000-2005 スペインの旗 ラシン・サンタンデール 141 (22)
2005-2008 スペインの旗 バレンシア 30 (3)
2007-2008 スペインの旗 ムルシア (loan) 23 (1)
2008-2009 ギリシャの旗 アリス 23 (3)
2009-2010 ウルグアイの旗 ナシオナル・モンテビデオ 19 (6)
2010-2013 アルゼンチンの旗 ラヌース 96 (23)
2013 アルゼンチンの旗 ラシン・クラブ 8 (0)
2014-2015 ウルグアイの旗 デフェンソール 23 (9)
代表歴
2000-2007 ウルグアイの旗 ウルグアイ 29 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。2015年10月21日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

マリオ・レゲイロ(Mario Regueiro, 1978年9月14日 - )は、ウルグアイの首都モンテビデオ出身、元同国代表サッカー選手デフェンソール・スポルティング所属。アフリカ系ウルグアイ人

縦に相手を抜き去りサイドライン際からクロスを上げる、あるいはゴールに向かって切れ込む、というスピードを生かしたプレーを得意とする。

経歴[編集]

バレンシアCF移籍後はビセンテ・ロドリゲスの負傷により多くの出場機会を得るが、決定機をことごとく外すために監督の信頼を失い、2005-06シーズン終了時の放出リストに載っているとまで噂されてしまう。しかし、シーズン終了間際に大車輪の活躍を見せ、ホアキン・サンチェスとのトレード要員にされることもなく無事残留。そのため、常に追い込んだ方が力を発揮するのではとファンに噂されている。2006-07シーズンはビセンテ、ダビド・シルバハイメ・ガビランらとの熾烈なポジション争いが予想されたが、第13節レクレアティーボ・ウェルバ戦にて左膝前十字靱帯を損傷した。

2007-08シーズンはレアル・ムルシアへレンタル移籍し、シーズン終了後にアリス・テッサロニキへ3年契約で移籍した。だが1年で契約を解除し、ナシオナル・モンテビデオへ復帰。2010年7月、アルゼンチンCAラヌースへ移籍。

所属クラブ[編集]

スペインの旗 レアル・ムルシア 2007-2008 (loan)