ファビアン・カリーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はカリーニ第二姓(母方の)はエルナンデスです。
ファビアン・カリーニ Football pictogram.svg
Fabián Carini.jpg
名前
本名 エクトル・ファビアン・カリーニ・エルナンデス
Héctor Fabián Carini Hernández
ラテン文字 Fabián CARINI
基本情報
国籍 ウルグアイの旗 ウルグアイ
生年月日 (1979-12-26) 1979年12月26日(39歳)
出身地 モンテビデオ
身長 191cm
体重 85kg
選手情報
ポジション GK
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1996-2000 ウルグアイの旗 ダヌービオ 39 (1)
2000-2004 イタリアの旗 ユヴェントス 0 (0)
2002-2004 ベルギーの旗 スタンダール (loan) 61 (1)
2004-2007 イタリアの旗 インテル・ミラノ 4 (0)
2005-2006 イタリアの旗 カリアリ (loan) 8 (0)
2007-2009 スペインの旗 ムルシア 13 (0)
2009-2010 ブラジルの旗 アトレチコ・ミネイロ 18 (0)
2011-2012 ウルグアイの旗 ペニャロール 24 (0)
2013 エクアドルの旗 デポルティーボ・キト 39 (0)
2014-2017 ウルグアイの旗 フベントゥ 69 (2)
通算 257 (4)
代表歴
1999-2009 ウルグアイの旗 ウルグアイ 74 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2013年11月2日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ファビアン・カリーニ(Héctor Fabián Carini Hernández, 1979年12月26日 - )は、ウルグアイモンテビデオ出身の元同国代表サッカー選手である。現役時代のポジションはゴールキーパー

経歴[編集]

クラブ[編集]

8歳の頃から在籍するダヌービオFCでプロデビューした。2000年、SSラツィオに移籍しかけたが、ユヴェントスFCに移籍した。ユヴェントスではエトヴィン・ファン・デル・サールジャンルイジ・ブッフォンの控えを務めた。2002年、アーセナルFCにレンタル移籍目前だったが、ベルギーのスタンダール・リエージュレンタル移籍した。リエージュでの2年間は、カリーニがレギュラーとして過ごした数少ない期間である。試合中にPKを決めたこともある。2004年、ファビオ・カンナヴァーロとのトレードでインテル・ミラノに移籍する。しかしフランチェスコ・トルドの壁は厚く、数試合にしか出場できなかった。トルドの退場で訪れたセリエAデビュー戦では、PKを止める活躍を見せている。レンタル移籍したカリアリでも、アントニオ・キメンティにポジションを阻まれる。

2007-08年、5季を過ごしたイタリアに別れを告げ、スペインのレアル・ムルシアに移籍する。ムルシアにはパブロ・ガルシアマリオ・レゲイロなどウルグアイ人選手が多数いた。11試合に出場したが、チームは2部に降格した。2008-09シーズンは出場機会が減少している。2009年にはブラジルアトレチコ・ミネイロに移籍。2011年には母国のCAペニャロールに加入した。

代表[編集]

1997年のワールドユースマレーシア大会では準優勝を飾った。同年の南米ユース選手権でも準優勝した。1999年のワールドユースナイジェリア大会では準決勝で日本と対戦して敗れた。カリーニはこの大会のベスト11に選出されている。同年6月17日のパラグアイ戦でウルグアイ代表デビューした。この試合では、PKを2本も止めている。同年7月のコパ・アメリカではグループリーグでは3位だったが、準々決勝・準決勝とPK戦で勝利を収めた。決勝でブラジルに敗退し、準優勝だった。2002年の日韓W杯では1次リーグで敗退した。2003年途中からは正GKの座をセバスティアン・ビエラなどに譲ったが、2005年途中から正GKに復帰した。2006年のドイツW杯では大陸間プレーオフでオーストラリアに敗れた。2007年のコパ・アメリカではグループリーグは3位だったが、準々決勝でベネズエラを破って4位に入った。2008年夏、フアン・カスティージョにポジションを奪われた。

外部リンク[編集]