アントニオ・キメンティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アントニオ・キメンティ Football pictogram.svg
名前
ラテン文字 Antonio Chimenti
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 1970年6月30日(46歳)
出身地 プッリャ州の旗 プッリャ州バーリ県Bari-Stemma.png バーリ
身長 184cm
体重 77kg
選手情報
ポジション GK
利き足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1988-1993 イタリアの旗 サンベネデッテーゼ 5 (0)
1991-1992 イタリアの旗 テンピオ 35 (0)
1992-1993 イタリアの旗 モンツァ 4 (0)
1993-1997 イタリアの旗 サレルニターナ 137 (0)
1997-1999 イタリアの旗 ASローマ 32 (0)
1999-2002 イタリアの旗 レッチェ 98 (0)
2002-2006.1 イタリアの旗 ユヴェントス 11 (0)
2006.1-2007 イタリアの旗 カリアリ 43 (0)
2007-2008 イタリアの旗 ウディネーゼ 3 (0)
2008-2010 イタリアの旗 ユヴェントス 2 (0)
通算 370 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

アントニオ・キメンティ(Antonio Chimenti1970年6月30日 - ) は、イタリアプッリャ州バーリ出身のサッカー選手

経歴[編集]

サンベネデッテーゼのユース出身。トップチームでは出場機会に恵まれず、レンタルで経験を積んだ。

1993年より所属したサレルニターナではポジションを掴み、セリエC1優勝ならびにセリエB昇格に貢献した。この活躍がローマフランコ・センシ会長の目に留まり、1997年にローマへ移籍した。

ローマではミヒャエル・コンゼルとのポジション争いになり、1年目は8試合の出場にとどまったが、2年目は24試合に出場した。しかし、ポジションを固めるには至らなかった。

1999年セリエAに復帰したUSレッチェへ移籍。2年連続での残留に寄与したが、2001-02シーズンは16位に終わりセリエBに降格した。

2002年ユヴェントスに移籍。世界的GKジャンルイジ・ブッフォンの控えを務めた。2005年はブッフォンの負傷でチャンス到来かと思われたが、ライバルのミランからクリスティアン・アッビアーティが加入したため出場機会には恵まれなかった。

出場機会を得るために2006年1月2日カリアリへ移籍。アンドレア・カンパニョーロファビアン・カリーニを抑えてポジションを獲得し、21試合に出場した。しかし、翌年はマルコ・フォルティンにポジションを譲る試合が増えた。

2007年6月29日ウディネーゼへ移籍。レンタル修行から復帰したサミール・ハンダノヴィッチモルガン・デ・サンクティスの後継者としてポジションを確保したため、控えとしての扱いだったがチームをサポートした。

2008年7月19日エマヌエレ・ベラルディと交換する形で1年半ぶりにユヴェントスに復帰した。しかし、アレクサンダー・マンニンガーが同時期に加入したため第3GKに降格。初年度はブッフォンが負傷で離れる時期が多かったが、マンニンガーが代役として起用されたため出場機会がなかった。翌年、ブッフォンは左膝を手術したが、代役にはマンニンガーが起用されたため出場機会には乏しかった。

シーズン終了後に現役引退を表明した。

エピソード[編集]

  • 父親のフランチェスコと叔父のヴィトも元サッカー選手。2女の父でもある。
  • 2010年3月21日サンプドリア戦でアントニオ・カッサーノに決勝点を決められ0-1で敗れると、試合後に控え室のテーブルを叩きつけ手を骨折するという事件を起した[1]。当時はブッフォンとマンニンガーが共に離脱しておりトップチームのGKが全員負傷という事態に陥ったが、両者はその後すぐに復帰したため大事には至らなかった。

所属クラブ[編集]

イタリアの旗 USテンピオイタリア語版1991-1992 (レンタル移籍)
イタリアの旗 カルチョ・モンツァ 1992-1993 (レンタル移籍)

タイトル[編集]

イタリアの旗 ユヴェントスFC

脚注[編集]