クリスティアン・アッビアーティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クリスティアン・アッビアーティ Football pictogram.svg
Christian Abbiati (cropped).jpg
名前
ラテン文字 Christian Abbiati
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1977-07-08) 1977年7月8日(40歳)
出身地 アッビアテグラッソ
身長 191cm
体重 92kg
選手情報
ポジション GK
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1994-1998 イタリアの旗 モンツァ 52 (0)
1995-1996 イタリアの旗 ボルゴセジーア (loan) 29 (0)
1998-2016 イタリアの旗 ミラン 281 (0)
2005-2006 イタリアの旗 ユヴェントス (loan) 19 (0)
2006-2007 イタリアの旗 トリノ (loan) 36 (0)
2007-2008 スペインの旗 アトレティコ・マドリード (loan) 21 (0)
通算 438 (0)
代表歴2
1998-2000 イタリアの旗 イタリア U-21 20 (0)
2003-2005 イタリアの旗 イタリア 4 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年7月13日現在。
2. 2016年6月10日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

クリスティアン・アッビアーティChristian Abbiati, 1977年7月8日 - )は、イタリアロンバルディア州アッビアテグラッソ出身の元同国代表の元サッカー選手。ポジションはGK

経歴[編集]

1994年モンツァでプロデビュー。1996年からはレギュラーに定着し、1998年7月1日に当時ACミランを率いていたアルベルト・ザッケローニ監督に引き抜かれ、移籍した。

1999年1月17日ペルージャ戦にて、当時ミランで10年以上レギュラーを守り続けていたセバスティアーノ・ロッシの退場処分(中田英寿にPKを決められた後、急いでボールを取りに行ったクリスチャン・ブッキへの暴行)により急遽出場することになり、セリエAデビューを果たす。当時21歳であったが、そのままロッシからレギュラーを奪取しスクデット獲得に貢献した。2000年U-21欧州選手権では優勝メンバーの一員となった。この頃からチームでも次第に守護神として定着していった。

しかし、2002-03シーズンからは頭角を現し始めたジーダにレギュラーを奪われ、控えに降格。チームはそのシーズンにチャンピオンズリーグコッパ・イタリアの二冠を達成する。なおジーダはチャンピオンズリーグ決勝のPK戦でPKを3度セーブするなど大活躍をした。

その後もジーダからレギュラーを奪えずにいたが、2005年8月17日に正GKジャンルイジ・ブッフォンが負傷離脱したユヴェントスレンタル移籍。シーズン序盤こそ硬さが見られたが、中盤以降はブッフォンに見劣りしないセービングを連発。また、代表でもブッフォンの代わりを務めた。

2006年7月18日、5季ぶりにセリエAに復帰したユヴェントスのライバルであるトリノへレンタル移籍。トリノでは不動の守護神として36試合に出場し、残留に貢献した。

2007年6月26日、今度はスペインアトレティコ・マドリードへとレンタル移籍した。アルゼンチン代表レオ・フランコとポジションを争い21試合に出場したが、定位置確保には至らなかった。シーズン終了後にミランに復帰した。

4季ぶりにミラン復帰を果たした2008-09シーズンは、安定したプレーと鋭い反応によるビッグセーブを武器にジーダからレギュラーを奪取。さらにマルコ・ストラーリの負傷もあってその地位を確かなものとしていたが、2009年3月15日シエナ戦で十字靭帯を痛め、そのままシーズンを終えた[1]

2009-10シーズンは怪我の影響もあって、再度ジーダにレギュラーを奪われてリーグ戦わずか9試合の出場に終わり、大半を控えとして過ごした。ジーダが退団した2010-11シーズンは、新加入のマルコ・アメリアがレギュラーを取ると思われていたが、大方の予想を覆し、シーズンを通じて安定したセービングと驚異的な反射神経を披露してレギュラーの座を死守。7年ぶりのスクデット獲得に貢献した。

2015-16シーズンをもって現役引退。なおシーズン最終戦となるホームのローマ戦で数分間の出場が見込まれていたが、終始劣勢という試合展開の影響で出場機会は無かった。[2]

2017年6月14日ACミランがクラブマネージャーとしてフロント入りすることを発表した[3]

個人成績[編集]

クラブでの成績[編集]

クラブ シーズン リーグ コッパ・イタリア UEFA その他 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
モンツァ 1994-95 1 0 0 0 - - 1 0
1996-97 25 0 0 0 - - 25 0
1997-98 26 0 2 0 - - 28 0
通算 52 0 2 0 0 0 0 0 54 0
ボルゴセジーア 1995-96 29 0 0 0 - - 29 0
通算 29 0 0 0 0 0 0 0 29 0
ミラン 1998-99 18 0 0 0 0 0 - 18 0
1999-2000 29 0 0 0 6 0 0 0 35 0
2000-01 21 0 4 0 7 0 - 32 0
2001-02 34 0 1 0 11 0 - 46 0
2002-03 3 0 8 0 6 0 0 0 17 0
2003-04 2 0 4 0 1 0 1 0 8 0
2004-05 3 0 4 0 1 0 - 8 0
2008-09 28 0 0 0 0 0 - 28 0
2009-10 9 0 1 0 1 0 - 11 0
2010-11 35 0 1 0 6 0 - 42 0
2011-12 31 0 0 0 9 0 1 0 41 0
2012-13 28 0 1 0 7 0 - 36 0
2013-14 28 0 2 0 9 0 - 39 0
2014-15 11 0 2 0 - - 13 0
2015-16 1 0 5 0 - - 6 0
通算 281 0 33 0 64 0 2 0 380 0
ユヴェントス 2005-06 19 0 2 0 6 0 - 27 0
通算 19 0 2 0 6 0 0 0 27 0
トリノ 2006-07 36 0 2 0 - - 38 0
通算 36 0 2 0 0 0 0 0 38 0
アトレティコ・マドリード 2007-08 21 0 0 0 9 0 - 30 0
通算 21 0 0 0 9 0 0 0 30 0
総通算 438 0 41 0 79 0 2 0 560 0

代表での成績[編集]

2016年6月10日現在


イタリア代表 国際Aマッチ
出場 得点
2003 2 0
2005 2 0
通算 4 0

タイトル[編集]

代表[編集]

U-21イタリア代表

クラブ[編集]

ミラン

脚注[編集]

  1. ^ uefa.com (2009年3月16日). “アッビアーティ、ひざの重傷で今季絶望”. 2009年7月11日閲覧。
  2. ^ Goal.com. “ミランで15年を過ごしたアッビアーティ「こういったお別れになるとは予想外」”. 2016年7月11日閲覧。
  3. ^ football-tribe.com (2017年6月15日). “ミランに功労者がフロントとして復帰。渦中のドンナルンマに「残るべきだ」”. 2017年6月29日閲覧。