ニコラス・パレハ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ニコラス・パレハ Football pictogram.svg
Nicolás Pareja IMG 3991.jpg
名前
本名 ニコラス・マルティン・パレハ
Nicolás Martín Pareja
愛称 ニコ
ラテン文字 Nicolás PAREJA
基本情報
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
生年月日 (1984-01-19) 1984年1月19日(33歳)
出身地 ブエノスアイレス
身長 181cm
体重 74kg
選手情報
在籍チーム スペインの旗 セビージャFC
ポジション DF
背番号 21
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2004-2006 アルゼンチンの旗 アルヘンティノス 53 (2)
2006-2008 ベルギーの旗 アンデルレヒト 51 (1)
2008-2010 スペインの旗 エスパニョール 58 (3)
2010-2014 ロシアの旗 スパルタク・モスクワ 47 (4)
2013-2014 スペインの旗 セビージャ (loan) 25 (0)
2014- スペインの旗 セビージャ 26 (1)
代表歴2
2008  アルゼンチン U-23 5 (0)
2010- アルゼンチンの旗 アルゼンチン 1 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2015年4月27日現在。
2. 2010年11月19日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ニコラス・パレハNicolas Martín Pareja, 1984年1月19日 - )は、アルゼンチンブエノスアイレス出身のサッカー選手リーガ・エスパニョーラセビージャFC所属。ポジションはディフェンダー

略歴[編集]

クラブ[編集]

2006年、ヴァンサン・コンパニの後釜としてRSCアンデルレヒトに移籍。2006-07シーズンはリーグ2連覇に貢献し、2007-08シーズンはUEFAチャンピオンズリーグでプレーした。2008年8月30日、移籍金450万ユーロでスペインRCDエスパニョールに移籍した。マルク・トレホンを抑えてレギュラーを獲得し、30試合に出場した。センターバックながら、キャリアハイの3得点を記録した。2010年8月、ロシアFCスパルタク・モスクワに移籍。

2013年7月4日、セビージャFCへのレンタル移籍が発表された[1]

代表[編集]

2008年の北京オリンピックにはマルティン・デミチェリスニコラス・ブルディッソがクラブ側の招集拒否のため参加できず、お鉢が回ってくる形でオーバーエイジとして参加。前述の2人に比べると無名に近かったが、守備の要として存在感を示し注目を集める。2010年10月4日、日本代表との親善試合で、来日する予定だったメンバーに負傷者が相次いだ為、急遽招集されたが、8日に行われた試合に出場する機会はなかった。11月17日のブラジル代表との親善試合で先発出場し、1ヶ月越しの代表デビューを果たした。

エピソード[編集]

  • 中村俊輔が加入するまでは、エスパニョールでのフリーキックはパレハが担当していた。中村の在籍時は状況に合わせて中村とフリーキックを兼任していた。中村が技巧的なフリーキックを得意としているのに対し、パレハはコースは甘いが、非常にパワーのある力強いフリーキックを得意としている。

所属クラブ[編集]

スペインの旗 セビージャFC 2013-2014 (loan)
  • スペインの旗 セビージャFC 2014-

タイトル[編集]

クラブ[編集]

アンデルレヒト
セビージャ

代表[編集]

U-23アルゼンチン代表

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ セビージャがアルゼンチン人CB獲得Goal.com 2013年7月5日

外部リンク[編集]