アレハンドロ・ダミアン・ドミンゲス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アレハンドロ・ドミンゲス Football pictogram.svg
Alejandro Dominguez.jpg
2015年
名前
本名 アレハンドロ・ダミアン・ドミンゲス
愛称 チョーリ
カタカナ アレハンドロ・ドミンゲス
ラテン文字 Alejandro Damián Domínguez
基本情報
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1981-06-10) 1981年6月10日(35歳)
出身地 ブエノスアイレス州の旗 ブエノスアイレス州ラヌース
身長 175cm
体重 71kg
選手情報
在籍チーム ギリシャの旗 オリンピアコス
ポジション FW / MF
背番号 10
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2000-2001 アルゼンチンの旗 キルメス 25 (6)
2001-2004 アルゼンチンの旗 リーベル・プレート 69 (29)
2004-2007 ロシアの旗 ルビン・カザン 63 (21)
2007-2009 ロシアの旗 ゼニト・サンクトペテルブルク 46 (7)
2009-2010 ロシアの旗 ルビン・カザン 23 (16)
2010-2012 スペインの旗 バレンシア 22 (1)
2011-2012 アルゼンチンの旗 リーベル・プレート (loan) 33 (5)
2012-2013 スペインの旗 ラーヨ・バジェカーノ 33 (5)
2013- ギリシャの旗 オリンピアコス 55 (21)
代表歴
2003- アルゼンチンの旗 アルゼンチン 1 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2015年9月12日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

アレハンドロ・ドミンゲスAlejandro Domínguez1981年6月10日 - )は、アルゼンチン出身のサッカー選手。ポジションは、フォワードオリンピアコスFC所属。

経歴[編集]

アルゼンチン国内では、CAリーベル・プレートなどでプレー。A代表歴はないが、2001 FIFAワールドユース選手権では、ハビエル・サビオラアンドレス・ダレッサンドロを擁したU-20代表の一員として、優勝を経験している。2004年、FCルビン・カザンへ加入。2005・2006年にはコパ・ラ・マンガ制覇に貢献し、ドミンゲス自身も2006年シーズンのロシア・プレミアリーグ最優秀外国人選手賞に輝いた。2007年、当時の移籍金で最高金額となる700万ユーロでFCゼニト・サンクトペテルブルクへ移籍。ゼニトでは主に右ウイングとして活躍し、ドミンゲスの最大のハイライトは、UEFAカップバイエルン・ミュンヘン戦(2nd leg)で得点を挙げ、4-0と大金星を成し遂げたことだった。しかし、2009年に入ると、ディック・アドフォカート監督との確執が囁かれ、同年3月12日に古巣ルビンへ復帰することとなった。ルビンではセンターフォワード並びに攻撃的MFとしてプレーしている。夏場には6試合連続でPKによる得点を決め、得点ランキング上位を維持し、ルビン・カザンの優勝に貢献した。9月29日、UEFAチャンピオンズリーグ第2節のインテル・ミラノ戦ではルシオワルテル・サムエルを交わして角度のないところからシュートを決め、その後もきわどいFKや鋭いクロスで相手ゴールを脅かした。

2009年12月、ルビン・カザンとの契約が終了し、またルビン・カザンがチャンピオンズリーグで敗退したため移籍を希望。ユヴェントスローマなどが関心を持ったが、本人の熱望したリーガ・エスパニョーラバレンシアへ移籍した。

しかしバレンシアでは怪我の影響もあってか不本意な日々を送り、2011年5月には自身のTwitterで、リーガ・エスパニョーラ優勝ではなくUEFAチャンピオンズリーグ出場を目標とするクラブに皮肉を浴びせるなど、いいところは全くなかった。

同年8月、クラブ史上初のプリメーラB・ナシオナル(2部リーグに相当)降格が決まっている古巣CAリーベル・プレートへレンタル移籍。レギュラーとして、1年での昇格に貢献する。

2012年8月、ラージョ・バジェカーノへ完全移籍。

2013年7月、オリンピアコスFCへ移籍[1]

人物[編集]

イタリア国籍も所持しており、ロシアでの生活が長かったということもあり、ロシア語が堪能である。

獲得タイトル[編集]

代表[編集]

クラブ[編集]

個人[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Alejandro Domínguez joins Olympiacos”. Olympiacos FC (2013年7月2日). 2013年7月3日閲覧。

外部リンク[編集]