オスカル・アウマダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
オスカル・アウマダ Football pictogram.svg
Ahumada.JPG
名前
本名 オスカル・アドリアン・アウマダ
Oscar Adrian Ahumada
ラテン文字 Oscar AHUMADA
基本情報
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
生年月日 (1982-08-31) 1982年8月31日(35歳)
出身地 サラテスペイン語版
身長 170cm
選手情報
ポジション MF
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2002-2003 アルゼンチンの旗 CAリーベル・プレート 13 (0)
2004 ドイツの旗 VfLヴォルフスブルク (loan) 4 (0)
2004-2010 アルゼンチンの旗 CAリーベル・プレート 103 (0)
2010-2011 メキシコの旗 ベラクルススペイン語版 4 (0)
2011-2012 ロシアの旗 FCロストフ 2 (0)
2012-2014 アルゼンチンの旗 CAオール・ボーイズ 36 (3)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

オスカル・アウマダOscar Adrian Ahumada, 1982年8月31日 - )は、アルゼンチンブエノスアイレス州出身のサッカー選手。ポジションはミッドフィールダー

経歴[編集]

2002年11月24日のクラブ・オリンポスペイン語版戦でデビューした。2004年に短期間だけドイツのVfLヴォルフスブルクに在籍し、同年から再びリバープレートでプレーしている。2008年5月、コパ・リベルタドーレスの決勝トーナメント1回戦のCAサン・ロレンソ・デ・アルマグロ戦後、「ファンの応援が欠如しているせいで負けた」と発言し、議論を巻き起こした。激怒したファンは彼の解雇を求めたが、ディエゴ・シメオネ監督はアウマダを注意しただけで、チームからは外さなかった。2008後期リーグでは、エストゥディアンテス・デ・ラ・プラタと接戦を繰り広げ、アリエル・オルテガフアン・パブロ・カリーソらとともにアウマダもキープレーヤーのひとりとなった。

2001年、地元アルゼンチンで開催されたFIFAワールドユース選手権に、ハビエル・サビオラマキシ・ロドリゲスらと共に出場し、優勝した。

タイトル[編集]

クラブ[編集]

CAリーベル・プレート

代表[編集]

U-20アルゼンチン代表