アレッシオ・タッキナルディ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アレッシオ・タッキナルディ Football pictogram.svg
Alessio Tacchinardi.jpg
名前
ラテン文字 Alessio Tacchinardi
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1975-07-23) 1975年7月23日(42歳)
出身地 クレーマ
身長 187cm
体重 77kg
選手情報
ポジション MF
ユース
イタリアの旗 アタランタ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1992-1994 イタリアの旗 アタランタ 8 (0)
1994-2007 イタリアの旗 ユヴェントス 261 (9)
2005-2007 スペインの旗 ビジャレアル (loan) 45 (3)
2007-2008 イタリアの旗 ブレシア 34 (9)
代表歴
1995-2003 イタリアの旗 イタリア 13 (0)
監督歴
2014 イタリアの旗 ペルゴレッテーゼ英語版
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

アレッシオ・タッキナルディAlessio Tacchinardi1975年7月23日 - )は、イタリアロンバルディア州クレーマ出身の元サッカー選手、現サッカー指導者・解説者。現役時代はイタリア代表でポジションはミッドフィールダー

経歴[編集]

アタランタでその才能を認められ、1994年に強豪ユヴェントスFCに引き抜かれる。そのシーズンにユヴェントスは8年ぶりのスクデットを獲得するが、ディディエ・デシャンの壁は厚く、レギュラーの座を奪取するには至らなかった。しかし、世界有数のボランチから学び、その能力を次第に開花させていった。そして1999-2000シーズンより、カルロ・アンチェロッティの信頼を勝ち得て、レギュラーに抜擢されると、監督の期待に応えるプレーをし、ディディエ・デシャンの抜けた後の中盤を支えた。また、マルチェロ・リッピ政権下でも主力としてプレーし、数多くのタイトル獲得に貢献した。しかし2004年、新監督にファビオ・カペッロが招聘されると、監督の愛弟子であるエメルソンにポジションを奪われ、出場機会は激減した。2005年、世界屈指のボランチと評されるパトリック・ヴィエラが加入すると、UEFAチャンピオンズリーグへの初参戦が決まっていたビジャレアルへレンタル移籍した。2007年、レンタル移籍の期間が終了しユヴェントスへ戻るもクラブとの契約を解除、セリエBブレシアへ移籍、1シーズンを過ごしたが、シーズン終了後に現役を引退した。

イタリア代表としては1995年9月6日のスロベニア戦で代表デビューを飾り、2003年に退くまで国際Aマッチ13試合に出場した。

引退後は、2014年にレガ・プロ・セコンダ・ディヴィジオーネ(イタリア4部)のペルゴレッテーゼ英語版の監督に就任するも、同年中に退任。その後は、メディアセットのサッカー解説者として活躍している[1]

エピソード[編集]

脚注[編集]