アブドゥレイ・コンコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アブドゥレイ・コンコ Football pictogram.svg
Konko (cropped).jpg
ラツィオ時代のコンコ (2015年)
名前
本名 アブドゥレイ・コンコ・ファイェ
Abdoulay Konko Faye
ラテン文字 Abdoulay KONKO
基本情報
国籍 フランスの旗 フランス
モロッコの旗 モロッコ
セネガルの旗 セネガル
生年月日 (1984-03-09) 1984年3月9日(34歳)
出身地 マルセイユ
身長 182cm
体重 73Kg
選手情報
ポジション DF (RSB, RMF, LSB)
利き足 右足
ユース
フランスの旗 マルティーグ
2002–2004 イタリアの旗 ユヴェントス
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2004-2006 イタリアの旗 ユヴェントス 0 (0)
2004-2006 イタリアの旗 クロトーネ (loan) 74 (7)
2006-2007 イタリアの旗 シエーナ 14 (1)
2007-2008 イタリアの旗 ジェノア 37 (2)
2008-2011 スペインの旗 セビージャ 44 (3)
2011 イタリアの旗 ジェノア 13 (0)
2011-2016 イタリアの旗 ラツィオ 92 (1)
2016-2017 イタリアの旗 アタランタ 10 (0)
2004-2017 通算 284 (14)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年5月1日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

アブドゥレイ・コンコ・ファイェAbdoulay Konko Faye, 1984年3月9日 - )は、フランスマルセイユ出身の元サッカー選手。ポジションはDF(右サイドバック、右ウイングバック)。

父親はセネガル出身、母親はモロッコ出身である。

経歴[編集]

ユヴェントスFC下部組織出身。2004年、マッテオ・パーロらユヴェントスの若手数人と共にFCクロトーネレンタルされプロデビューした。2006年にユヴェントスと共同保有となったACシエーナでプレーした。2007年1月25日、ジェノアCFCに移籍した。同時に100万ユーロがジェノアに支払われ、ドメニコ・クリーシトがユヴェントスに移籍した。

2008年6月19日、FCバルセロナに移籍したダニエウ・アウヴェスの代役を探していたセビージャFCに900万ユーロの移籍金と5年契約で移籍した[1]。8月31日、開幕戦のラシン・サンタンデール戦で初出場した[2]。しかし、ポジションを確保するには至らず。先発メンバーから外れることもあり、リーグ戦14試合の出場に留まった。

結局セビージャではレギュラーを獲得できず、2011年1月22日にジェノアに復帰[3]。主に右サイドバックとして13試合に出場した。7月1日、ユヴェントスに移籍したステファン・リヒトシュタイナーの後釜としてSSラツィオと4年契約を結んだ[4]。移籍金は600万ユーロと報道されている。

2016年8月19日、アタランタBCへ自由移籍で加入した[5]2017-18シーズン限りで現役を引退し、指導者を目指すことを表明した[6]

タイトル[編集]

セビージャ
ラツィオ

脚注[編集]

  1. ^ セビージャがコンコを獲得 - Goal.com 2008年6月20日
  2. ^ Racing Santander vs. Sevilla(英語) - Soccerway, Global Sports Media
  3. ^ コンコのジェノア復帰が正式発表Goal.com、2011年1月23日
  4. ^ コンコがラツィオと4年契約Goal.com、2011年7月5日
  5. ^ アタランタ、ラツィオ退団のDFコンコが加入 - 超ワールドサッカー 2016年8月20日
  6. ^ Atalanta-Genoa, l’ex Konko: “Gasperini si è completato. Pandev può fare la differenza””. ITA Sport Press (2018年4月27日). 2018年5月1日閲覧。

外部リンク[編集]