ステファン・リヒトシュタイナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ステファン・リヒトシュタイナー Football pictogram.svg
Stephan Lichtsteiner 2018.jpg
スイス代表でのリヒトシュタイナー (2018年)
名前
愛称 フォレスト・ガンプ、スイス・エクスプレス
ラテン文字 Stephan LICHTSTEINER
基本情報
国籍 スイスの旗 スイス
生年月日 (1984-01-16) 1984年1月16日(35歳)
出身地 ルツェルン
身長 183cm
体重 77kg
選手情報
在籍チーム ドイツの旗 FCアウクスブルク
ポジション DF (RSB)
背番号 2
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2001-2005 スイスの旗 グラスホッパー 79 (4)
2005-2008 フランスの旗 リール 89 (5)
2008-2011 イタリアの旗 ラツィオ 100 (3)
2011-2018 イタリアの旗 ユヴェントス 201 (12)
2018-2019 イングランドの旗 アーセナル 14 (0)
2019- ドイツの旗 アウクスブルク
代表歴2
2003-2005 スイスの旗 スイス U-21 30 (1)
2005- スイスの旗 スイス 93 (8)
1. 国内リーグ戦に限る。2019年6月5日現在。
2. 2017年10月7日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ステファン・リヒトシュタイナーStephan Lichtsteiner, 1984年1月16日 - )は、スイス出身のサッカー選手FCアウクスブルク所属。ポジションはディフェンダー(右サイドバック)。

経歴[編集]

クラブ[編集]

グラスホッパー・クラブ・チューリッヒにてプロサッカー選手としてデビューし、シーズン2年目にはリーグ優勝を果たす。また、グラスホッパー在籍中にはクレディ・スイスという世界的なユニバーサルバンクの徒弟制度に参加、銀行員としての道もあったがサッカー選手として生きることを選んだ。 2005年7月1日フランスリールOSCに移籍金65万ユーロで加入。クロード・ピュエル監督の指導の下で、サイドバックとしてだけでなくサイドハーフとしてもプレーするようになった。3年間所属したリールではリーグ戦89試合に出場し、5得点を記録した。

2008年7月16日イタリアSSラツィオへ120万ユーロで移籍した[要出典]。初年度からローマダービーで1得点を記録するなど活躍を見せコッパ・イタリアで優勝、スーペルコッパ・イタリアではインテル相手に2-1で勝利し2つのタイトルを獲得する。ラツィオではクラブ生え抜きのロレンツォ・デ・シルヴェストリとポジションを争い、33試合に出場。デ・シルヴェストリをACFフィオレンティーナ移籍へと追いやった。その後も不動の右サイドバックとして君臨し、通算100試合に出場して3得点を挙げた。

2011年7月1日ユヴェントスFCに1000万ユーロで移籍。4年契約を締結した[1]。2015年1月13日にはユヴェントスと2年間の契約延長をしている[2]。2015年9月23日、セリエA第5節フロジノーネ戦に先発出場するも、呼吸困難を起こしハーフタイムで交代。検査の結果、良性心臓不整脈と診断され、心臓の手術を行った[3]。2015年11月4日、UEFAチャンピオンズリーグGLのボルシアMG戦で復帰し、同点弾を決めた。2016-17シーズンは、チームがダニエウ・アウヴェスを獲得したため、シーズン当初はチャンピオンズリーグの登録メンバーから外れたが[4]、決勝トーナメントでは登録メンバーに復帰。 2017年2月ユベントスとの契約を2018年まで延長した[5]

2018年6月5日、アーセナルFCに移籍することが発表された[6]ユヴェントスFCと契約満了のため、フリーでの移籍となり、合わせて背番号は12番に決まったことも発表された。10月のEFLカップのブラックプール戦でゴールを決めたが、リーグ戦は14試合の出場に留まり、シーズン終盤に僅か1シーズンでアーセナルを退団すると自身のインスタグラムで発表した。

2019年8月19日、FCアウクスブルクと契約した[7]

代表[編集]

U-21代表として2004年UEFA U-21欧州選手権などに出場した後、2005年にスイス代表に初招集。2006年11月11日ブラジルとの親善試合で代表デビューを飾った。

母国開催(オーストリアとの共催)となったEURO2008にも3試合出場。しかし、スイスは1勝2敗でグループリーグ敗退となった。2010 FIFAワールドカップの代表メンバーにも選出されて3試合に出場したが、1勝1敗1分でまたしてもグループリーグ敗退に終わった。

2011年10月11日EURO2012予選モンテネグロ戦で代表初得点を挙げた。

2014 FIFAワールドカップに出場。

UEFA EURO 2016ではギョクハン・インレルが代表を外れた為、キャプテンとしてプレー。グループステージを勝ち上がるが、ラウンド16でポーランドにPK戦の末敗れた。

2018 FIFAワールドカップでもキャプテンとして出場し、累積警告で出場停止となったスウェーデン戦以外の全試合に出場。スイス代表はラウンド16でスウェーデン戦で敗れた。

タイトル[編集]

クラブ
グラスホッパー
SSラツィオ
ユヴェントスFC

脚注[編集]

  1. ^ ユーヴェ、リヒトシュタイナー獲得を正式発表goal.com 2010年7月2日
  2. ^ ユーヴェ、リヒトシュタイナーとの契約延長を発表 Goal.com 2015年1月14日
  3. ^ ユーヴェDFリヒトシュタイナーが心臓を手術…最大30日間の離脱へ サッカーキング 2015年10月3日
  4. ^ Juventus submits Champions League squad”. Juventus F.C. (2016年9月1日). 2016年12月24日閲覧。
  5. ^ Lichtsteiner renews with Juventus”. Football Italia (2017年2月2日). 2017年2月2日閲覧。
  6. ^ Stephan Lichtsteiner to join the clubArsenal Official Website 2018年6月5日
  7. ^ アウグスブルク、フリーの35歳リヒトシュタイナーを獲得!”. 超ワールドサッカー (2019年8月20日). 2019年8月20日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]