ブルーノ・チリッロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブルーノ・チリッロ Football pictogram.svg
Bruno Cirillo 2.jpg
名前
本名 ブルーノ・チリッロ
カタカナ ブルーノ・チリッロ
ラテン文字 Bruno CIRILLO
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 1977年3月21日(37歳)
出身地 カステッランマーレ・ディ・スタービア
身長 187cm
選手情報
在籍チーム ギリシャの旗 AEKアテネFC
ポジション DF
背番号 6
利き足 右足
代表歴
1999–2000 イタリアの旗 U-21イタリア代表 11 (0)
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

ブルーノ・チリッロBruno Cirillo1977年3月21日 - )は、イタリアカステッランマーレ・ディ・スタービア出身のサッカー選手DF)。ギリシャのAEKアテネFC所属。

来歴[編集]

レッジーナのユースで育ったチリッロは1996-97シーズンにローンで移籍したセリエC1トリカーゼ・カルチョで初めてトップチームでプレーする。2シーズンのレンタル中リーグ戦54試合に出場した後、レッジーナに戻るとそのシーズン32試合に出場し大きく成長する。翌シーズンも同様の活躍を見せると冬に国内屈指の名門、インテルナツィオナーレ・ミラノに引き抜かれる。インテルでも出番をもらったが結局2001-02シーズンにUSレッチェへ移籍、さらに同年冬には古巣、レッジーナにレンタル、翌シーズンから2年間ACシエナにレンタルとチームを転々とする。2005-06年からはギリシャの名門AEKアテネへ移籍、久々にヨーロッパの舞台へ戻る。2006-07シーズンはACミラン欧州チャンピオンズリーグで完封するなど活躍し、07-08シーズンスペインのレバンテUDに移籍した。しかしレバンテでは給料未納やイタリア人監督更迭など問題が多く発生し、冬に他の主力選手同様移籍、再びレッジーナでプレーしている。

エピソード[編集]

  • 2004年2月1日のインテル戦において試合に欠場しピッチサイドで観戦していたマルコ・マテラッツィはチリッロに対し汚い野次を飛ばし続け、これを疑問に思ったチリッロが試合終了後に控え室へと続く通路でマテラッツィを問いただそうとしたところ、マテラッツィに殴打された。この直後、チリッロは試合を中継していたテレビ局のカメラの前に現れ、切れた唇を見せてマテラッツィの暴行を視聴者に訴えた。マテラッツィはこの件に関し、インテルから罰金と2ヶ月の出場停止を受けた。チリッロは被害者のため処分は受けなかったものの、ACミランジェンナーロ・ガットゥーゾは、普通通路の中では何が起こったとしてもそれを外には漏らさないのが選手間における暗黙の了解と発言して、マテラッツィの行動を擁護し、逆にチリッロの行動を非難した。

タイトル[編集]

所属クラブ[編集]