マルコ・ディ・ヴァイオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マルコ・ディ・ヴァイオ Football pictogram.svg
Marco Di Vaio 2013-09-08 (cropped).jpg
名前
ラテン文字 Marco DI VAIO
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1976-07-15) 1976年7月15日(40歳)
出身地 ローマ
身長 180cm
体重 76kg
選手情報
ポジション FW
利き足 右足
ユース
1991-1994 イタリアの旗 ラツィオ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1993-1995 イタリアの旗 ラツィオ 8 (3)
1995-1996 イタリアの旗 エラス・ヴェローナ 7 (1)
1996-1997 イタリアの旗 バーリ 27 (3)
1997-1999 イタリアの旗 サレルニターナ 67 (33)
1999-2002 イタリアの旗 パルマ 83 (41)
2002-2004 イタリアの旗 ユヴェントス 55 (18)
2004-2006 スペインの旗 バレンシア 35 (11)
2006-2007 モナコの旗 モナコ 29 (8)
2007-2008 イタリアの旗 ジェノア 44 (12)
2008-2012 イタリアの旗 ボローニャ 143 (65)
2012-2014 カナダの旗 モントリオール・インパクト 71 (31)
代表歴2
1993-1994 イタリアの旗 イタリア U-18 3 (0)
2001-2004 イタリアの旗 イタリア 14 (2)
1. 国内リーグ戦に限る。2014年9月17日現在。
2. 2014年9月17日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

マルコ・ディ・ヴァイオMarco Di Vaio, 1976年7月15日 - )は、イタリアローマ出身の元サッカー選手同国代表。ポジションはフォワード

際立っているとは言い難いフィジカルをカバーするようにスピードに優れ、スペースに出されたパスへ鋭く食らい付く動き出しの良さ、思い切りのいいシュートが魅力。ポストワークやサイドに流れてのチャンスメイクも精力的にこなす。[要出典]

経歴[編集]

SSラツィオの下部組織出身で、1994年にセリエAデビューした。このSSラツィオに愛着があり、現役最後はラツィオで引退したいと語っていた[1]。その後は下部リーグのクラブを転々とするが、サレルニターナで頭角を現すと、1999年にパルマに移籍し、2001-02シーズンには20得点を量産した。2002年、ユヴェントスに移籍し、加入1年目にリーグ優勝を果たした。2004年にはイタリア人のクラウディオ・ラニエリ監督に誘われてリーガ・エスパニョーラバレンシアCFに移籍するが、ラニエリ監督解任後は出場機会が減少し、ASモナコにレンタル移籍した。レンタル期間終了後にはバレンシアに一旦復帰するも、キケ・サンチェス・フローレス監督の戦力構想には入っておらず移籍を志願した。バレンシアとは契約が残っていたものの退団することでフリーになり、移籍金の発生しない完全移籍でモナコに復帰することとなった。しかし激しいポジション争いでレギュラーを獲得するまでには至らなかった。

2007年1月、セリエB(2部)のジェノアCFCよりオファーを受け、推定移籍金200万ユーロ、2009年までの契約で完全移籍した。セリエA復帰を目指して激しい昇格争いを繰り広げるクラブの切り札として復活が期待され、ジェノアのセリエA昇格に貢献した。2008-09シーズンはこのシーズン昇格したボローニャへレンタル移籍。シーズン開幕後からゴールを量産し得点王争いを繰り広げるも、最終節でズラタン・イブラヒモビッチに1ゴール差をつけられリーグ2位に終わった。しかし24ゴールは自身最多で、ボローニャのセリエA残留に貢献した。ディ・ヴァイオの得点はチーム総得点の半分以上を占めた。32歳にしてシーズン二度のハットトリックを達成し、第16節のトリノFC戦、第27節のサンプドリア戦ともにチームは勝利している。

2012年5月24日MLSモントリオール・インパクトに移籍。移籍金は非公開。

2014年10月3日、現役引退を表明した[2]

2001年9月5日に行われたモロッコ戦でイタリア代表デビューした。しかし翌年のワールドカップに出場する代表からは落選し、2006年ドイツワールドカップも選外に終わった。代表初ゴールは2003年10月11日アゼルバイジャン戦。

獲得タイトル[編集]

クラブ[編集]

サレルニターナ
ユヴェントス
パルマ
バレンシア

個人[編集]

  • セリエB得点王:1997-98

脚注[編集]

  1. ^ WORLD SOCCER DIGEST、日本スポーツ企画出版社、2004年8月19日号
  2. ^ 元イタリア代表のディ・ヴァイオが現役引退 - Goal、2014年10月4日