グンナー・グレン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
グンナー・グレン Football pictogram.svg
Gunnar Gren 1958.jpg
名前
愛称 プロフェッサー
ラテン文字 Gunnar Gren
基本情報
国籍 スウェーデンの旗 スウェーデン
生年月日 1920年10月31日
出身地 ヴェストラ・イェータランド県の旗 ヴェストラ・イェータランド県ヨーテボリ
没年月日 1991年11月10日(満71歳没)
選手情報
ポジション MF
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1937-1940 スウェーデンの旗 ゴルダBK
1941-1949 スウェーデンの旗 IFKヨーテボリ
1949-1953 イタリアの旗 ACミラン
1953-1955 イタリアの旗 フィオレンティーナ
1955-1956 イタリアの旗 ジェノアCFC
1956-1959 スウェーデンの旗 オーグリュテIS
代表歴
1940-1958 スウェーデンの旗 スウェーデン [1] 57 (32)
監督歴
1959 スウェーデンの旗 オーグリュテIS
1960 スウェーデンの旗 IFKヨーテボリ
1961 イタリアの旗 ユヴェントス
1964 スウェーデンの旗 GAIS
1968-1969 スウェーデンの旗 GAIS
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

グンナー・グレンGunnar Gren, 1920年10月31日 - 1991年11月10日)は、スウェーデン出身の元サッカー選手サッカー指導者。ポジションはインサイドフォワード(現在の攻撃的MF)。

経歴[編集]

Garda BKで選手キャリアをスタートさせると、1941年にIFKヨーテボリへ移籍。1949年にイタリアのACミランへ移籍、ここでスウェーデン代表の同僚であるグンナー・ノルダールニルス・リードホルムと共に「グレ・ノ・リ」トリオ(Gre-No-Li)として活躍し、1951年にはスクデット獲得に貢献した。その後、フィオレンティーナジェノアCFCで7シーズンに渡ってイタリアで過ごした後、晩年は故国のスウェーデンに戻り、39歳までプレーを続けた。

スウェーデン代表としては1940年8月29日のフィンランド戦で代表デビューを飾り、1948年のロンドンオリンピック金メダル獲得に貢献。グレン自身も決勝のユーゴスラビア戦で2得点を含む7得点を挙げ得点王となった。

ワールドカップには1958年のFIFAワールドカップ・スウェーデン大会が唯一の参加となった。この時、既に37歳となっていたが、中心選手として牽引し同国の準優勝に貢献した。その後、同年10月26日のデンマーク戦を最後に代表を引退。国際Aマッチ通算57試合出場32得点を記録した。[1]

現役引退後は指導者の道へ進み、古巣のIFKヨーテボリを始め、スウェーデン国内のクラブなどで監督を務めた。

1991年11月10日に71歳の誕生日を迎えた10日後に死去、71歳没。

個人タイトル[編集]

  • スウェーデン年間最優秀選手賞:1回 (1945)
  • アールスヴェンスカ得点王:1回 (1947)

出典[編集]

外部リンク[編集]